【雑誌読み放題】コスパ最強「dマガジン」の特徴と魅力を徹底紹介!

皆さんは、雑誌を普段から読みますか?
本は読まないけど、雑誌を読む!という方や、ビジネス誌を日頃から情報収集のために購読してる方もいるかと思います。

安いとはいえ、いくつもの雑誌を買うのは結構な値段になってしまいますよね。

そんな中、今大注目されているのが、オンラインでの雑誌読み放題サービス
今回紹介するのは、そんな雑誌読み放題サービスの中でも、特に圧倒的な知名度を誇っているサービスです。

それが「dマガジン」。

 

「dマガジン」の基本情報

dマガジンのTOPページ

  dマガジン 公式サイトはこちら 

dマガジンの運営会社は、株式会社NTTドコモ。
NTTドコモが運営するdマーケットというコンテンツ配信のポータルサイトの中の一つがdマガジンです。

2014年にサービスが始まり、元々はドコモユーザーのみへのサービスの提供でした。
しかし今ではドコモユーザーでなくても使うことができ、会員数は300万人を超えています。

さらに、大手出版社のKADOKAWAが、閲覧アプリの提供・運営協力をしているんです!

dマガジンの基本スペックはこちら
  • 読める雑誌数:450誌以上
  • バックナンバー数:1700冊以上
  • 月額料金:400円(税別)
  • 無料お試し期間:31日間
  • 豊富なジャンル:女性誌・男性誌

  注目すべきは、その月額料金。

雑誌一冊を買うのに、だいたい500円はしますよね。

しかしdマガジンなら、毎月最新の雑誌をたったの400円で、読み放題なんです!

この圧倒的に安い値段が、dマガジンの最大の魅力とも言えます。
もちろんバックナンバーも見放題で、コスパ最強なサービスですね!

 

dマガジンの特徴

では、雑誌読み放題サービスの中でも圧倒的にコスパの高い「dマガジン」ならではの特徴を紹介します!

ご自身のニーズに合うかどうか、悩んでいる方は是非チェックしてくださいね!

 

特徴①:雑誌1冊以下の値段で450誌読み放題!

dマガジンとは?

dマガジンの取り扱い雑誌数は、なんと450誌以上も!
バックナンバーも合わせると1700冊以上あると言われています。

それだけの量の雑誌が、なんと1冊購入するよりも安い400円(税別)で楽しめることが、dマガジンの最大の魅力だと言えます。

また、dマガジンは常に成長していて、これからまだまだ雑誌数が増えていくことも見込まれます。
最近はローソンやマクドナルドでも使えるようになったdポイントが毎月貯まるのも嬉しいポイント。 

 

特徴②:費用対効果抜群!利用端末も多くオフラインでも可能!

dマガジンのクリッピング機能について

dマガジンの利用端末は、スマートフォンに限らず、タブレットやパソコンでも可能です!
ご自身の環境・場所・時間に合わせて、どこでも好きな形で雑誌を楽しめるのは理想の理想。

その分、読むことのできる雑誌数も増えるので、費用対効果がさらにお得になります。

そして、オフラインでも読むことができる

読みたい雑誌を丸々読み込む「一冊全てダウンロード」またはページ単位で記事を保存できる「クリッピング」があり、特に情報系雑誌をじっくりと後から読みたい!という人にとってはぴったりの機能です。

 

特徴③:比較や情報収集にぴったりのキーワード検索!

dマガジンの簡単検索機能

dマガジンが他社の雑誌読み放題サービスと比べて人気な理由の一つに、「キーワード検索」があります。

芸能人の名前やトレンドなど気になるキーワードを検索にかけると、関連する記事の一覧が表示され、横断検索が可能です!

わざわざ雑誌を全て開かなくても読みたい内容にリーチできる上、複数の雑誌からの情報を得られるので内容比較することもできます。

また、お気に入りを登録できたり、記事から雑誌を選んで興味のある内容の記事だけを斜め読みすることも可能で、情報収集にはぴったりなのがdマガジンです!

  dマガジン 公式サイトはこちら 

 

dマガジンで読めるコンテンツ

それでは、いくつかdマガジンで読み放題の雑誌をご紹介します!

 

女性ファッション誌

『Oggi』『CLASSY』『MORE』『with』『VOGUE JAPAN』『GISELe』『25and』『ELLE JAPAN』『JJ』『CanCam』『ViVi』『Ray』『SPUR』『SPRiNG』など

dマガジンのラインナップ1 dマガジンのラインナップ2x dマガジンのラインナップ3

 

女性ライフスタイル

『Hanako』『日経ウーマン』『ネイルup!』『LDK』『anan』『Mart』『&Premium』など

dマガジンのラインナップ5

 

男性ファッション

『MEN’S CLUB』『GO OUT』『OCEANS』『LEON』『Fine』『2nd』など

dマガジンのラインナップ6

 

男性ライフスタイル

『MonoMax』『GOETHE』『Lightning』『BRUTUS』『Casa』『MonoMaster』『POPEYE』など

dマガジンのラインナップ7

 

料理・暮らし・健康

『3分クッキング』『レタスクラブ』『ハルメク』『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』『クロワッサン』『たまごクラブ』など

dマガジンのラインナップ15

 

お出かけ・グルメ

『旅の手帖』『ワイン王国』『関西ウォーカー』『月刊山と渓谷』『東京ウォーカー』『散歩の達人』など

dマガジンのラインナップ9

 

ビジネス・IT・国際

『PRESIDENT』『ナショナル・ジオグラフィ』『Mac Fan』『ダイヤモンドZAi』『WIRED』『Forbes』など

dマガジンのラインナップ16

 

スポーツ・車

『CARストップ』『BiCYCLE CLUB』『ワールドサッカーダイジェスト』『ENGINE』『陸上競技マガジン』『auto sport』など

dマガジンのラインナップ11

 

エンタメ

『パチスロ必勝本』『ムー』『週刊Gallop』『EX大衆』『ダ・ヴィンチ』『CAPA』『ザテレビジョン』など

dマガジンのラインナップ12

 

総合週刊誌

『週刊文春』『週刊SPA!』『AERA』『週刊ポスト』『サンデー毎日』『ニューズウィーク日本版』など

dマガジンのラインナップ13

ここには載せきれないほど、有名どころの雑誌が沢山揃っているdマガジン。

月額料金だけでこれだけの種類の雑誌を目にすることができるなんて、やっぱりコスパ最強ですね!
購入を迷っている雑誌でも、ざっと目を通すことができるのでおすすめですよ!  

 

dマガジンのオリジナルコンテンツ

dマガジンのオリジナルコンテンツ

実はdマガジンでは、ドコモからのオリジナルコンテンツも配信しています!

毎月お得なキャンペーン情報などが掲載されているので、dマガジンに登録している人は要チェックですよ!  

 

dマガジンの支払い方法

dマガジンの月額費は、以下の方法で支払い可能です。

  • クレジットカード
  • ドコモ払い(携帯決済)

ドコモのコンテンツなだけあり、携帯決済に対応しているのはドコモだけのようです。
他にも、デピッドカード、プリペイドカードは使えないようです。

しかし、クレジットカードはもちろん、主要な国際ブランドは全て対応しているので安心ですよ!

 

dマガジンはこんな人におすすめ!

 

dマガジンは、以下のような人におすすめのサービスです。

dマガジンをおすすめするユーザー
  • とにかく雑誌が好きな人!
  • いろんな種類・ジャンルの雑誌を流し読みしたい人!
  • コスパよく好きな雑誌を楽しみたい人!
  • 特定の分野や人に興味があって情報をもれなくチェックしたい人!

一つでも当てはまる方は、dマガジンをとっても満足して使えるはず!

是非検討してみてくださいね。

 

dマガジン会員の口コミ

では、実際の利用者はどのように感じているのでしょうか?

実際にdマガジンを利用している人の声をネットから集めてみました。

多くのdマガジンユーザーが、その豊富な雑誌数に驚いているようです!

最新号もほぼタイムラグがなくチェックすることができるので、漏れなく情報をチェックしたい人にはとってもオススメです。

一方で、こんなコメントもありました。

dマガジンで読み放題の雑誌の中には、文章や写真が一部見れないものもあるようです。

それでも、情報入手のためには十分価値があると言えますが、あらかじめ確認しておくといいかもしれません。

 

dマガジンの特徴&魅力を紹介!まとめ

dマガジンのロゴ

さて、本日は大手携帯キャリア会社、ドコモの運営するdマガジンの特徴や魅力を紹介してきました!いかがでしたか?

コスパ最強のdマガジン、雑誌好きの方やお仕事の情報収集に使う方などは特に、加入して間違いなしですよ!

今の時期は外出を控え、ご自宅で過ごされている方も多いかと思います。
まずは無料体験を一ヶ月間できるので、この時期に是非試してみてください!

  dマガジン 公式サイトはこちら 

 

主要な「電子書籍ストア」をランキング形式で比較したいという方はこちら👇

www.omaeha-warauna.com

 

主要な「読み放題サービス」をランキング形式で比較したいという方はこちら👇

www.omaeha-warauna.com

 

今読むべき!おすすめの漫画を知りたい!という方はこちら👇

www.omaeha-warauna.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本メディア『お前は笑うな。』は、本・漫画・電子書籍・VODなどオススメのエンタメ情報を発信するメディアです。 運営は、株式会社ロビンソン・クルーソー。 元・電子書籍の書店員だった代表をはじめ、様々なエンタメ分野に精通するライターによって、最新のエンタメ情報を提供してゆきます。