【ブックパスの評判は?】雑誌読み放題のブックパスマガジンコースを紹介!

ブックパスのロゴ

「電子書籍ストアはたくさんあるけど、いちいち購入するのがめんどくさい」

「実用書やマンガはあまり読まないけどいいサービスないかな」

と考えている方いるのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが、月額料金で雑誌が読み放題になるブックパスマガジンコースです。

今回は、そんなブックパスマガジンコースとはどのようなサービスなのかを徹底的に解説していきます。

サービス概要や料金体系をメリット、デメリットそして口コミや評判を含めて紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

 ブックパス マガジンコース 公式サイト 

 

また、それぞれの雑誌読み放題サービスを詳しく比較した記事もありますので、徹底的に比較をしたいという方はこちらの記事も参考にしてみてください。

【オススメ11社を徹底比較】雑誌の定額・読み放題サービスを目的別に紹介!2020年版

 

 

「ブックパス マガジンコース」の基本情報

ブックパスとは

ブックパスは、auが自社用に開発した、スマホやタブレット、パソコンで小説・実用書・漫画・写真集・雑誌など14万冊の本が読める電子書籍サービスのことです。2018年7月からはauユーザー以外も利用可能になりました。

また、2018年12月からは、雑誌のみを読みたいユーザーに向けて「ブックパス マガジンコース」がスタートしました。

ブックパス マガジンコースの基本スペックはこちら

  • 読み放題冊数:300
  • バックナンバー数:雑誌により様々
  • 月額料金:月額380(税抜き)
  • 無料お試し期間:31日間
  • 豊富なジャンル:バランスよく全て豊富!

特記すべきは、ブックパスは、300誌以上の雑誌が読み放題の「ブックパス マガジンコース」と、そこにさらに加えて3000冊以上のコミック・小説・実用書などを読むことができる「総合コース」に別れていることです!

「総合コース」では、月額562円(税抜き)で書籍・コミック・雑誌全てを楽しむことができます。

その他にも、個別に書籍を購入することもでき、その数はなんと600,000冊以上!

ご自身のニーズに合わせて選ぶことができるのは、とっても大きなメリットですね。

 

 

ブックパス マガジンコースの特徴

ブックパスマガジンコース

ここからは「ブックパス マガジンコース」ならではの特徴を紹介します!ご自身のニーズに合うかどうか、悩んでいる方は是非チェックしてくださいね!

 

特徴①:雑誌もその他も豊富なコンテンツ!

ブックパスの豊富なコンテンツ

ブックパスの一番の大きな魅力は、雑誌も豊富な上に、雑誌以外のコンテンツも豊富なことが挙げられます。

雑誌読み放題サービスの中でも、非常に低価格に書籍や漫画もそろっているサービスはなかなかありません。

普段は雑誌しか読まない人も、書籍が必要な月には総合プランに切り替えられるのが便利ですよね!

 

特徴②:配信期間が終わっても一度見ればまだ見れる!

ブックパスの配信期間

多くの雑誌読み放題サービスでは、バックナンバーなど、配信期間が終わってしまった雑誌は徐々に消えていってしまいます。

しかし、ブックパスでは、配信が終わってからも閲覧履歴からもう一度見ることができます!

配信停止になる期間はもちろん存在するのですが、ブックパスは一度開いた雑誌なら引き続き閲覧することが可能です。

履歴にさえ残しておけば、見逃した!なんてことがないのでとっても便利ですよね!

 

特徴③:読み放題対象でなければ個別購入も可能!

ブックパスでは、配信されていない書籍や雑誌を個別購入することができます。

その数はなんと600,000冊以上で、普段は書籍を読まない方なら、月額でマガジンコースに登録しておき、本当に欲しい書籍だけを買うことも可能です。

また、購入した電子書籍は同じくブックパスのアプリにまとめておけるのですごく便利ですよ。

 

特徴④:auの方はau WALLETポイントがたまる!

ブックパスのau walletポイントのバナー

ブックパスはauのサービスなので、au WALLETポイントがたまり、お得に書籍を購入することもできます!

他のサイトなどで溜まったポイントもブックパスで使うことが可能です!

 

 

ブックパスの口コミや評判

ブックパスの評判と口コミ

ここでは、実際にブックパスを利用している方の口コミや評判を紹介していきます。

  • 良い口コミ・評判
  • 悪い口コミ・評判

上記の2つの観点から紹介していきます。

 

良い口コミ・評判

毎月複数の雑誌を買っている方は、マガジンコースを使うことでお得に読むことができます。

また、電子書籍なので、紙で買って読み終わった後の処分などにも困らないという点もメリットと言えます。

期間限定ではありますが、無料で読み放題の時期もありますので、無料でお試ししてから利用してみてもいいでしょう。

 

悪い口コミ・評判

機種変更によってバグが発生してしまうこともあるようですが、問い合わせから連絡すれば対応してもらえるようです。

また、人によってはアプリが使いにくいというという声もありますが、ブラウザでも利用できるので、使い分けるといいかもしれません。

 

 

ブックパス マガジンコースの雑誌コンテンツ

それでは、ここからブックパス マガジンコースで読み放題の雑誌をご紹介します!

 

女性ファッション誌

ブックライブ女性誌

『STORY』『CLASSY.』『Oggi』『Domani』『MORE』など

 

女性ライフスタイル誌

女性情報誌

『Mart』『eclat』『婦人画報』『25ans』『anan』『クロワッサン』など

 

料理・暮らし・健康雑誌

くらし・料理系

『大人ザテレビジョン』『3分クッキング』『LDK』『NHK きょうの料理』『オレンジページ』『たまごクラブ』など

 

グルメ・お出かけ雑誌

グルメ・お出かけ

『Discover Japan』『ELLE gourmet』『KansaiWalker』『OZmagazine』『おとなの週末』など

 

趣味・エンタメ雑誌

趣味・エンタメ

『メトロミニッツ』『週刊Gallop』『ENTAME』『現代ギター』など

 

コミック誌

コミック

『グランドジャンプ』『コミックライド』『月刊アクション』など

※「鬼滅の刃」などの単行本は購入が必要です。

 

車・バイク雑誌

『F1速報』『L+bike』『モーターサイクリスト』『ハイパーレブ』など

車・バイク雑誌

 

スポーツ・アウトドア雑誌

スポーツ系

『RUN+TRAIL』『Basser』『SLUGGER』『つり人』など

 

モノ・トレンド情報誌

トレンド雑誌

『デジモノステーション』『Mac Fan』『Hat-Dog PRESS』など

 

男性ライフスタイル誌

男性ライフスタイル

『2nd』『Begin』『BRUTUS』『FINE BOYS』『GQ JAPAN』『MEN’S CLUB』『MEN’S NON-NO』『POPEYE』など

 

ビジネス・経済・マネー誌

『ENGLISH JOURNAL』『Forbes JAPAN』『PREPPY』『PRESIDENT』『週刊ダイヤモンド』『留学ジャーナル』など

ビジネス・経済・マネー誌

 

芸能・週刊誌

『AERA』『SPA!』『サンデー毎日』『週刊文春』『週刊女性』『週刊女性セブン』『週刊朝日』など

芸能・週刊誌

見ていただいてわかる通り、メジャーと言われる雑誌が多く取り扱われていることがわかります。

みなさんが普段から目にしたことのある雑誌ばかりなのではないでしょうか?

ご自身が普段から読まれている雑誌があるかどうかは、こちらのサイトからチェックしてみてくださいね!

 

 

ブックパスマガジンコースの料金について解説

ブックパスマガジンコースの料金

ここからは、ブックパスマガジンコースの料金プランや支払方法などを解説していきます。

 

料金プランは4つ

ブックパスマガジンコースを利用するには下記の4つの料金プランがあります。

  • 読み放題プランマガジンコース  (月額380円)
  • 読み放題プラン総合コース    (月額562円)
  • 無料利用
  • 単品購入

読み放題プラン総合コースは、マガジンコースの内容に加え、ビジネス書や実用書、旅行本など幅広いジャンルの本を読むことができます。

 

ブックパス マガジンコースの支払い方法

ブックパス マガジンコースの月額費は、以下の方法で支払いが可能です。

  • クレジットカード支払い
  • auキャリア支払い
  • au WALLET 支払い

auの方は、携帯キャリア決済である「auかんたん決済」に対応しているため、au IDにログインして暗証番号を入力するだけで決済が完了します!

Softbankやdocomoは対応していないので注意してくださいね。

 

 

ブックパス マガジンコースはこんな人におすすめ!

ブックパスマガジンコースがおすすめな人

ブックパス マガジンコースは、以下のような人におすすめのサービスです。

ブックパス マガジンコースをおすすめするユーザー

  • 安くメジャーな雑誌を楽しみたい人!
  • たまに書籍も読みたい人!
  • 購入書籍も含めて一つの場所にまとめておきたい人!
  • バランスよくいろんな雑誌を楽しみたい人!

1つでも当てはまる方は、ブックパス マガジンコースで十分に満足できるサービスを楽しめるはずです!是非検討してみてくださいね。

 

 

ブックパス マガジンコースを使う際の注意点

利用する際には、どのような注意点があるのかを知っておきたいですよね。

ここでは、ブックパス マガジンコースを使う際の注意点を紹介していきます。

 

全ての本の全ページが読み放題の対象というわけではない

読み放題プランだからといって全ての本の全てのページが読めるわけではありません。

例えば、最新号はブックパスにはアップロードされているものの、読み放題プランでは配信されていないということがあります。

そのため、利用をする前に読みたい雑誌が読み放題の対象となっているのかを確認しておくとよいでしょう。

 

読み放題には配信期間がある

読み放題を利用いるからといって、古い雑誌をずっと読めるというわけではありません。

バックナンバーとして残っているものもありますが、配信期間が決まっているものもあります。

そのため、「気になるけど時間ないから、今度読もう」と思っていたら配信期間が過ぎてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

 

新刊の配信が遅いこともある

ブックパスは、他の読み放題サービスより配信日が遅れることがあります。

雑誌によっては、最新号は追加課金のみの雑誌があり、まずは課金で読む方向けになり、その後読み放題でリリースされるという流れとなるため、遅れることがあるようです。

そのため、発売日から雑誌を読みたい方にはデメリットになるでしょう。

 

 

ブックパス マガジンコースを使う上でよくある疑問や質問

ブックパスのFAQ

ブックパス マガジンコースを利用する上で、よくある疑問や質問、そしてその回答を紹介していきます。

 

解約方法は?

ブックパスのトップページ右上にある三本線のアイコンをクリックします。

そこから、下にスクロールしていくと「読み放題プラン退会」とあるので、タップします。

その後、「退会手続きを中止する」「退会手続きを続ける」の2つのボタンが出てきますので、「退会手続き」を続けるをタップしたら退会完了です。

 

家族共有はできる?

ブックパスアプリは1つのアカウントで最大5台まで登録できるため、家族で共有することができます。

もし、6台目のデバイスを登録したい場合は、「マイページ」から「機器認証登録解除」からデバイスを解除すれば登録することが可能になります。

 

対応デバイスは?

対応デバイスは、PC、タブレット、スマートフォンとなっています。

対応OSは

  • Android4.0.3以降
  • iOS9.0以降
  • Windows7以降
  • Mac OS X 10.9以降

となっています。

 

 

他のサービスとの比較

ここでは、他のサービスとの比較を表を使って紹介していきます。

ストア

雑誌数

バックナンバー

月額料金

無料期間

ジャンル

総合評価

URL

ブックパス

300誌以上

各雑誌につき様々

380円(税抜)

30日間

ファッション/モノ・トレンド情報

★★★★☆

ブックパス公式ストア

dマガジン

450誌以上

1700冊以上

400円(税別)

31日間

女性誌・男性誌

★★★★★

dマガジン公式ストア

楽天マガジン

450誌以上

各雑誌につき様々

380円(税抜)

31日間

全ジャンル

★★★★★

楽天マガジン公式ストア

Kindle Unlimited

400誌以上

各雑誌につき様々

980円(税抜)

30日間

全般的、言語・教育系

★★★★☆

Kindle Unlimited公式ストア

ブック放題

350誌以上

各雑誌につき様々

500円

1ヵ月

ファッション/トレンド情報

★★★☆☆

ブック放題公式ストア

タブホ

900誌以上

4200冊以上

500円(税抜)

2週間

趣味・旅系雑誌

★★★☆☆

タブホ公式ストア

U-NEXT

80誌以上

配信なし

1,990円(税抜)

31日間・初回600P付与

ファッション/エンタメ

★★★☆☆

U-NEXT公式ストア

FODマガジン

130誌以上

配信ナシ

888円(税抜)

2週間(Amazon Pay支払いのみ)

ファッション/ライフスタイル

★★★☆☆

FODマガジン公式ストア

BOOK☆WALKER

60誌以上

配信ナシ

780円(税抜)

ナシ

マンガ雑誌/ゲーム誌

★★★☆☆

BOOK☆WALKER公式ストア

コミックDAYS

20誌以上

配信ナシ

960円(税込)

1ヵ月(アプリ版)

マンガ雑誌

★★☆☆☆

コミックDAYS公式ストア

Tマガジン

80誌以上

配信ナシ

0円

常に無料

ニュース・総合/ライフスタイル

★★☆☆☆

Tマガジン公式ストア

他のサービスと比べると雑誌数は変わりないものの月額料金がないため、コスパが良いサービスだといえるでしょう。

無料期間も長いため、お試しでの利用もしやすくなっています。

もっと詳しい比較が知りたいという方は、こちらの記事にてまとめているので、是非読んでみてください。

 

 

ブックパス マガジンコースの魅力を紹介!まとめ

ブックパスのロゴ

今回は、ブックパス マガジンコースに関して、口コミや評判も合わせてを紹介してきました。

ブックパス マガジンコースの特徴は下記になります。

  • 雑誌もその他も豊富なコンテンツ!
  • 配信期間が終わっても一度見ればまだ見れる!
  • 読み放題対象でなければ個別購入も可能!
  • auの方はau WALLETポイントがたまる!

ポジティブな口コミは、2冊読めば月額の元を取れる点や無料読み放題の時期がある点が上がり、ネガティブな口コミとして、「アプリが使いにくい」など意見がありました。

アプリが使いにくい場合は、ブラウザからでも読めるため、使いやすい方を利用するといいかもしれません。

とはいえ、ポジティブな口コミにあるように毎月複数冊の雑誌を購入している人や昔の雑誌を読みたい方にはおすすめのサービスです。

興味をもった方は是非無料期間などから利用してみてください。

 

また、他の雑誌読み放題サービスと比較をしてみたいという方は、以下の記事にて詳しく比較していますので、参考にしてみてください。

【オススメ11社を徹底比較】雑誌の定額・読み放題サービスを目的別に紹介!2020年版

ブックパスとは

 

大人気の電子書籍ストアをまとめて徹底的に比較してみたい!という方はこちら👇

www.omaeha-warauna.com

 

おすすめの「読み放題サービス」を各ニーズごとに比較してみたい!という方はこちら👇

www.omaeha-warauna.com

 

絶対に読むべきおすすめ漫画を知りたい!という方はこちら👇

www.omaeha-warauna.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本メディア『お前は笑うな。』は、本・漫画・電子書籍・VODなどオススメのエンタメ情報を発信するメディアです。 運営は、株式会社ロビンソン・クルーソー。 元・電子書籍の書店員だった代表をはじめ、様々なエンタメ分野に精通するライターによって、最新のエンタメ情報を提供してゆきます。