電子書籍はオフラインでも読めるのか?オフライン対応ストアも一挙に解説!

皆さんは電子書籍をどこで利用することが多いですか?

人によってもちろん変わりますが、通学や通勤時の電車の中など、外出先で利用することも多いのではないでしょうか?

電車の中のように、外出先では突然電波の悪い場所に入ってしまうことがあります。

電子書籍をオフラインでも読めたらどれだけ便利なことか…そう感じることもあります。

この記事では、

  • 電子書籍をオフラインで読めるのか
  • 電子書籍をオフラインで読むメリット・デメリット
  • オフラインで読む方法
  • オフラインに対応した電子書籍ストア

について解説していきます。

オフラインで読める電子書籍ストアも紹介していきますが、それぞれの特徴を詳しく比較した記事を読みたい方は、ぜひ下記の記事もお読みください。

【徹底比較!2020】電子書籍ストア厳選18社はどこがオススメ?使うなら、この電子書籍!

 

電子書籍はオフラインでも読める?

電子書籍はオフラインでも読める?

電子書籍をオフラインで読めるのか!?ということについては、結論から申し上げるとオフラインに対応しているアプリをダウンロードすれば、オフラインで電子書籍を読むことが出来ます。

対応しているアプリを使えば、読みたい作品をストアからあなたのデバイスにダウンロードして、いつでも読めるようになります。

すべての電子書籍ストアがオフラインでの閲覧に対応しているわけではありませんので、オフラインでも使いたい場合は、ストア選びには注意をするようにしましょう。

漫画アプリだとどれくらい通信量を使うのか調べた記事もあるのでそちらもみてみてくださいね

 

電子書籍をオフラインで読む方法

電子書籍をオフラインで読む方法

電子書籍をオフラインで読むには、電子書籍のリーダーアプリをダウンロードし、そのアプリ経由で書籍を読むようにします。

  • アプリをダウンロードする時
  • 書籍をアプリにダウンロードする時

だけオンラインになりますが、それ以外はオフラインで利用することができます。

電子書籍ストアの多くが、専用アプリに電子書籍をダウンロードして読む方法を取っています。

対応しているストアは後ほど紹介しますが、オフラインに対応しているストアであれば、どこでもオフラインで読むことができます。

 

 

電子書籍をオフラインで読むメリット

電子書籍をオフラインで読むメリット

電子書籍をダウンロードしオフラインで読むメリットは、

  • 電波の届かない場所でも読める
  • 電波状況によらずサクサク読める
  • wifi環境でダウンロードすれば、データ通信料を食わない

という点にあります。

電子書籍に限らず、インターネットを使ったサービスを利用するにあたって、データ通信料の消耗は死活問題ですよね。

また、その場の通信環境の良し悪しによって、サービスを利用する際のスムーズな動作ができるかに関わってきます。

 

オフラインで使えれば、こうしたマイナス点は解消できます!

それぞれ具体的に見ていきましょう。

 

電波の届かない場所でも読める

みなさんは電子書籍をどこで読むことが多いですか?

外出先で電波の入らないカフェに入ってしまったり、突然電波の入らなくなる電車などで読むことも多いのではないでしょうか。

電子書籍をダウンロードしオフラインで読める状態にしておけば、急に電波の入らない場所で時間をつぶさなくてはならなくなったとしても、電子書籍を楽しむことができます。

ゲームアプリやYoutubeなどの動画は電波が入らない場所ではこのように楽しむことが出来ませんね。

 

電波状況によらずサクサク読める

オフラインであれば、電波の届かない場所で読めるのと同じように、電波状況が悪い場所でもサクサクスムーズに電子書籍を読むことができます。

そのため、例えば旅行での移動中の新幹線や飛行機の中のように、電波が遮断されたり電波状況が不安定な場所でも電子書籍を楽しむことができるので、移動のおともには最適ですよね!

Youtubeやスマホゲームなどでは、電波状況が良好かどうかでスムーズに使えるかどうかが変わってくるので、オフラインで使える電子書籍は便利ですね。

 

Wi-Fi環境でダウンロードすれば、データ通信量を喰わない

オフラインで電子書籍を読むことを懸念される方の中には、「データ通信料がかさむ」ことを心配する方がいます。

確かに通常通りにダウンロードをすれば、その分データ通信料がかさむので、スマホの通信制限にひっかかるのを早めてしまう可能性もあります。

ところが、Wi-Fiを利用できる環境でダウンロードをすれば、データ通信料を食わずにすみます。

また、一度その作品をダウンロードすれば、Wi-Fi環境のない場所でもスムーズに読めるので、ダウンロード時だけWi-Fi環境にいるようにすれば、データ通信料については気にしないで電子書籍を楽しめます。

 

 

電子書籍をオフラインで読むデメリット

電子書籍をオフラインで読むデメリット

一方で、電子書籍をオフラインで読むデメリットも存在します。

  • 端末の容量を圧迫する
  • 事前にダウンロードする手間が必要
  • 専用のリーダーアプリが必要

こうした点が、電子書籍をオフラインで読む際のデメリット・注意点になります。

端末の容量についてや事前にダウンロードする手間を取る必要がある点は、面倒に感じる人にとっては煩わしいですね。

また、対応した電子書籍ストアのアプリ版をダウンロードしている必要があるので、その点も事前準備が必要です。

 

それぞれ具体的に見ていきましょう。

 

端末の容量を圧迫する

オフラインで電子書籍を読む場合、電子書籍を読むのに使う端末の空き容量を確保している必要があります。

端末の容量を圧迫する点は、ダウンロードしてオフラインで電子書籍を読む際のデメリットになります。

特にマンガのように、画像が多い書籍をダウンロードすると、容量をかなり使ってしまいます。

マンガ1冊分の容量は、もちろん作品によって違いますが、平均的には40MB~100MB、カラー版であればより容量を必要とするので、100MB以上かかると見た方がよいでしょう。

1GBが約1,000MBなので、空き容量が例えば1GBのみの場合、100MBのマンガを10冊までしかダウンロードすることはできません。

 

事前にダウンロードする手間が必要

事前に読みたい作品をダウンロードしている必要がある点も、煩わしさという点でデメリットに映るかと思います。

読みたい作品のジャンルによって変わってきますが、例えばマンガ作品を中心にダウンロードしたい場合は、画像が多いためダウンロードには時間がかかることが多いです。

当然、サイズ容量が大きくなればなるほどダウンロードにかかる時間も増えます。

そのため、旅行や出張などの長時間の外出の予定が決まっており、移動時間に電子書籍を楽しみたい場合は、前日の夜などにWi-Fiが使える環境で事前に読みたい作品をダウンロードしておくと良いですね!

 

専用のリーダーアプリが必要

電子書籍をダウンロードしてオフラインで読むには、事前にオフラインでの購読に対応している電子書籍ストアのアプリを、利用しているスマホやタブレット端末にダウンロードしておく必要があります。

kindleやkoboが、電子書籍リーダーの一例です。

そのアプリの分の空き容量も確保しておく必要がある点にも注意が必要です。

基本的にその電子書籍ストアで購入・ダウンロードした作品のみを読むことができます。

電子書籍アプリ分の容量も確保しておく必要があるため、あまり多くの電子書籍アプリを同時に活用してオフラインで読むのは難しいでしょう。

オフラインで電子書籍を楽しむ場合は、メインで使う電子書籍ストアを1つから2つに絞るようにしましょう。

 

 

オフラインで読める(ダウンロードできる)電子書籍ストアはどこ?

オフラインで読める(ダウンロードできる)電子書籍ストアはどこ?

電子書籍をオフラインで読むメリットやデメリットについて解説してきましたが、ここでは電子書籍をダウンロードしてオフラインで読むことのできる電子書籍ストアを紹介します

これらの電子書籍ストアではそれぞれに専用アプリがあります。

アプリの中で電子書籍をダウンロードすれば、オフラインでも作品を読むことができます。

ちなみにBookliveではアプリがあればオフラインで読むことができます。

「ブックライブ」アプリ(無料) を使って、購入された電子書籍をお楽しみいただけます。
電子書籍は5台の端末にダウンロードでき、オフラインでも読書が可能です。端末を買い替えても一度購入した本を再購入する必要はありません。(公式サイトより引用)

それぞれの電子書籍ストアをわかりやすく比較した記事はこちらになります。

【徹底比較!2020】電子書籍ストア厳選18社はどこがオススメ?使うなら、この電子書籍!

こちらの記事ではオフラインで読めるという観点以外にも、作品数やラインナップ、お得なキャンペーンについても触れているので、電子書籍ストア選びに重宝します!

 

 

電子書籍をオフラインで楽しむ際の注意点やよくある疑問

電子書籍をオフラインで楽しむ際の注意点やよくある疑問

電子書籍をダウンロードしてオフラインで楽しむ際の疑問点や注意点についてここでは紹介します。

よくある質問や注意点などをまとめて紹介します。

疑問点は注意点などはここで解消して、より快適にオフライン再生で電子書籍を楽しみましょう!

 

ダウンロードした本はずっと読める?

一度ダウンロードした作品は、基本的にずっと読むことができます。

そのため、誤ってダウンロードした作品を削除してしまっても、購入元のサイトの購入履歴を見れば再度ダウンロードすることができます。

ただし、購入元の電子書籍ストアが倒産したりサービスが終了してしまうと、購入してダウンロードした作品であっても、読むことができなくなります。

電子書籍の利用は、そのストアから電子書籍へのアクセス権を購入する契約を結んでいるためです。

サービスの終了などで契約の継続が難しい場合、当然購入した書籍は読めなくなります。

 

複数のサービスからダウンロードした本をまとめて読める?

複数の電子書籍ストア・サービスからダウンロードした作品は、そのストアでしか読むことはできません。

様々なアプリでダウンロードした作品を1つのアプリなどに集約して読む、ということを上記は想定していると思いますが、この行動は法的にNGになる可能性が高いので辞めましょう。 というより、

そもそも著作権保護の観点で、それぞれのサイトでは違法コピーができないような処理が施されています。

このような理由から、1つのストアでダウンロードしたものをコピーして他のアプリに移して読む、ということはそもそも出来ないですし、万が一できたとしても法的にNGな行動になるので、絶対にしないようにしましょう!

 

電子書籍はオフラインでも読めるのか⁉︎ まとめ

オフラインのイメージ

今回の記事では、電子書籍をオフラインで楽しむ方法からメリット・デメリットを中心に解説していきました。

また、オフラインで電子書籍を楽しむことが出来るストアも紹介していきました。

事前に、オフラインでの購読に対応しているストアを選びましょう。

電波状況の不安定な場所あるいは電波の届かない場所でも電子書籍を楽しむことができるようになります。

お使いのデバイスにダウンロードしてオフラインで電子書籍を楽しめるようになれば、例えば新幹線や飛行機のような長い時間の移動の際にも電子書籍を楽しむことができますね!

電子書籍を共有するイメージ

電子書籍を「共有」する方法を徹底解説!家族で共有すれば読書が超お得に!

2021年1月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください