Amazon Audibleの評判口コミを調査!オーディオブックと比較した結果わかった魅力とは?

「聴く読書」のキャッチフレーズが耳に新しいAmazon Audibleは、スキマ時間で気軽に本を読むことが出来るサービスとして有名です。

僕も実は最近まで知らなかったのですが、今とっても話題の読書方法なんです!

音楽と同じように気軽に聴けて楽しめる上、本のように文字を追わなくて済むという画期的なツールで、なかなか時間の取れないビジネスマンや、英語を耳から学びたいという英語学習者にとっても人気なようです。

その中でも特に圧倒的知名度を誇るのが「Audible(オーディブル)」です。

何をかくそう、僕もこのオーディブルを使っています!

本記事では実際にAmazon Audibleを利用するユーザーの生の声を集めた上で、競合サービスであるオーディオブック(Audiobook.jp)とAmazon Audibleを比較してわかったことをご紹介していきます。

今日はユーザーの僕がAudible(オーディブル)の特徴から便利機能まで、徹底的に紹介いたします!

 

「Audible(オーディブル)」基本情報

Audible看板
参照:https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5816607051

  Audible(オーディブル) 公式サイト  

まず「Audible(オーディブル)」とは、皆さんご存知Amazonが提供しているオーディオブックサービスのことです。

Audible(オーディブル)の基本スペックはこちら

  • コンテンツ数:約40万冊タイトル以上
  • 料金:月額1500(税込)
  • 無料お試し期間:30日間
  • 強みジャンル:今話題の作品・ビジネス書
  • 支払い方法:クレジットカード決済

「本は、聴こう」というキャッチフレーズの通り、本を耳で楽しめる新しい読書体験だと今話題になっています。抑揚のない機械の読み上げではなく、俳優や声優の方が本に合わせて表現しているのが大きな特徴です。

オーディオブック専門のサービスなので、紙の本や電子書籍は販売していません。

 

Amazon Audible(オーディブル)5つの特徴

それでは、ここからはまず、オーディブルの特徴をご紹介していきたいと思います!

主に5つのトピックに分けて解説していきます!

 

Amazon Audible(オーディブル)の特徴1:月額1500円でお得に楽しめる!

Audible月額料金

Amazon Audibleでは、月額1,500円(税込)の会員になることでコインが毎月1枚付与されます。

コインを1枚使うと、お好きな書籍を1冊無料で購読できます。

Audiobook.jpなど他のサービスでは「一部の書籍だけが読み放題の対象で、お得感がない」なんてことがよく起こります。

しかし、Amazon Audibleなら40万冊全ての書籍が無料対象であるため、サービス利用に余計なストレスがかからない点が魅力的です。

また、毎月1枚配布されるAmazon Audibleのコインを消費した後は30%オフで全ての書籍を購入できます。

https://twitter.com/maison_29/status/1301309953408249857?s=20

会員限定の特別コンテンツなども豊富にそろっているほか、一部の書籍はKindleで書籍購入するとAmazon Audible版の音声書籍も付いてくるため、普段からAmazonを利用する方におすすめのサービスです。

 

Amazon Audible(オーディブル)の特徴2:返品可能が安心できる!

Audible返品可能

Amazon Audibleで購入した書籍の内容が期待していたものと異なった場合や、ナレーターの質に満足できなかった場合は、購入後365日経過するまで返品対応してくれます。

コインと引き換えた書籍を返品した場合はコインが戻ってきますし、クレジットカードで決済した書籍はクレジットカードへ返金されます。

オーディブルの購入は決して安くはない買い物なので、この制度があるのはとても嬉しいですよね!

注意点としては、返品は会員限定の特典なので単体での購入には適応されません

Amazon Audibleの返品サービスは、利用者のことを配慮した非常に優れたサービスですが、常識の範囲内で利用するようにしましょう。

返品は購入後の365日以内ですが、あまり何度も返品を繰り返していると返品を停止されてしまうそうなので注意してくださいね!

 

Amazon Audible(オーディブル)の特徴3:移動時間中にも最適!

Audibleは移動時間で聴ける

Amazon Audibleは、朝の通勤ラッシュ時や家事をする時、夜眠る前のスキマ時間などに効率良く本を聴けるサービスです。

「本を聞き流すだけでは意味がないのでは?」と疑問の声もありますが、実際にAmazon Audibleを試してみると思っている以上に書籍の内容を耳がキャッチしてくれることに気が付くはずです。

百聞は一見に如かず、Amazon Audibleが少しでも気になっている方はこの機会に無料トライアルへ申し込んでみてください。40万冊の中からお好きな1冊を無料で購読できます!

 

オーディブル特徴④:ベストセラー本が聴ける!

Audibleのラインナップ

Amazon Audibleは作品のラインナップが非常に豊富なことでも有名です。

最近読書を始めた方や、読書家の方なら一度は読んでおきたいベストセラーはもちろん、受賞作品まであらゆるジャンルの書籍が揃っています。

それぞれの書籍の内容はプロのナレーターや声優、俳優たちが読み聞かせてくれるため、中には聴いているだけでも心地よいという評判もありました。

結局内容が理解できないのでは意味がありませんが、ナレーションの心地よさを逆手に取った利用方法も考えられますね!

 

オーディブル特徴⑤:子供達にも大人気!

audible子供向けの本

Amazon Audibleでは、ビジネス書や自己啓発本ばかりが注目を浴びている印象があると思いますが、子供向けの読み聞かせ本や教養書籍も多く揃っています。

特に小さい子どもにとって文章を目で追うことは退屈な作業です。

Amazon Audibleのプロナレーターによる朗読を利用すれば、お子様への読み聞かせにも役立てることができるでしょう。

  Audible(オーディブル) 公式サイト  

 

オーディブルの便利機能!4選

次に、Amazon Audibleの便利な機能を4つほどご紹介します。

日本で主要なオーディオブックサービスのうち、Amazon AudibleとAudiobook.jpでは微妙な機能の差があるため、オーディオブックサービスを選ぶなら自分がどんな機能を重視するのかについて考えた上で、比較検討してみてくださいね。

 

Audible

audiobook.jp

レビュー

サンプル再生

あらすじ・解説

作品の収録時間

スリープモード

ドライブモード

早送り・巻き戻し

前後30秒

前後10秒

対応デバイス

パソコン、Android端末、iOS端末、Echoシリーズ

パソコンやAndroid端末、iOS端末

参考記事:【聴ける本】オーディオブック|国内最大『audiobook.jp』の魅力を徹底紹介!

それでは早速、1ずつご紹介していきます!

 

Amazon Audinle(オーディブル)便利機能①:0.5倍速から3.5倍速までの速度調整!

Audible速度調整

Amazon Audibleでは、0.5倍速から3.5倍速までの範囲で、0.1倍刻みの合計30段階から再生速度を調整できます。

Amazon Audibleを等速で聞き流した場合は1冊読破するのに相当な時間が必要になります。

少しでも時間効率を重視したい方なら、1.5倍から2倍程度の速度に調整してAmazon Audibleを利用することをおすすめします。

洋書を2倍速で再生して、英語のリスニングスキル向上に役立てることもできますね。

 

Amazon Audinle(オーディブル)便利機能②:就寝前の読書にはスリープタイマーを!

Audibleスリープタイマー

Amazon Audibleにはスリープタイマーが搭載されています。
これはAudiobook.jpには無い機能で、Amazon Audibleのスリープタイマーには次のようなメリットがあります。

  • 寝落ちしてしまったときにタイマーが発動するため、「どこまで聴いたのかわからない/覚えてない」ということが起こりにくい
  • 眠りながらAmazon Audibleが流れ続けることを防止できるため、睡眠の質も下がらない
  • Amazon Audibleを利用する端末のバッテリーにも優しい

夜眠る前にオーディオブックサービスを利用したい方であれば、スリープタイマーが搭載されているAmazon Audibleを選んでおくべきです。

 

Amazon Audinle(オーディブル)便利機能③:ブックマーク+メモ機能で大事な部分を逃さない!

Audibleブックマーク&メモ

紙の本ではしおりを挟んだり、ハイライトを引いたりすることができますが、文章が表示されないオーディオブックサービスではブックマークやメモ機能が搭載されていないことが多いです。

Amazon Audibleではクリップ&ブックマークを利用することで、「あとでもう一度聞きたい」と思ったフレーズや「重要な情報を整理したい」と感じた章を別途まとめることができます。

再生画面の右下に「+クリップ」というボタンがありますよね。これを押せばブックマークとして登録できます。

そこにメモを加えることができるので、自分だけの読書ノートのようなメモ帳を残すことができます。

 

Amazon Audinle(オーディブル)便利機能④:運転中にもオーディブルを楽しめる!

Audible運転中も聴ける

再生画面の右上に車マークがありますよね。これを押せばドライブモードに切り替わり、上のような簡易的な画面に変わります。

これだと停車中にも簡単に止め、巻き戻し、ブックマークができます。

注意 もちろん、ケータイを見ながらの運転はダメですよ!

 

Amazon Audinle(オーディブル)のおすすめ小説/ラノベや作品

それではオーディブルにはどんな本が揃っているのでしょうか?ここからは一部ではありますが、オーディブルで聴くことのできる本をご紹介したいと思います!

なんとオーディブルには32カテゴリー、約4万冊ものタイトルが揃っています。

 

オーディブルで聴ける全てのカテゴリー

名作文学、現代文学、時代小説、ミステリー・ホラー、SF・ファンタジー、古典・神話、絵本・児童書、詩歌、自己啓発(生き方・人生論)、自己啓発(成功法)、自己啓発(人間関係・コミュニケーション)、ビジネス(マネー・資金運用)、ビジネス(マーケティング・セールス)、ビジネス(キャリア・マネジメント)、ライトノベル、落語、語学、学習・教育、科学・テクノロジー、社会・政治、宗教・哲学、評論・対談、歴史・地理研究、地理・旅行、エッセー・自伝、暮らし・健康・趣味、ヒーリング、エンタメ・カルチャー、ラジオ・ラジオドラマ、官能、アダルト、洋書

凄まじい数ですよね。

本章では各ジャンルで視聴できる、Amazon Audibleのおすすめ作品をご紹介します。

 

名作文学

『吾輩は猫である』『こころ』『星の王子さま』『銀河鉄道の夜』など

Audibleラインナップ1 Audibleラインナップ2

 

現代文学

『夜は短し歩けよ乙女』『天気の子』『半沢直樹』『ザリガニの鳴くところ』など

Audibleラインナップ3 Audibleラインナップ4

 

自己啓発(生き方・人生論)

『武器になる哲学』『反応しない練習〜自分の心を失わないために〜』『人生がときめく片付けの魔法』『1%の努力』など

Audibleラインナップ5 Audibleラインナップ6

 

ビジネス(マーケティング・セールス)

FACT FULNESS』『丸くおさめる交渉術』『おにぎり屋ではパンを売れ』など

Audibleラインナップ7

普段は購入/購読しないようなジャンルの作品も、Amazon Audibleの無料コインを消費することでより気軽に購読できます。この機会に新しいジャンルを開拓することもおすすめですよ!

他にも様々な本がオーディブルには揃っています!気になる方はぜひ公式サイトをのぞいてみてくださいね。

  Audible(オーディブル) 公式サイト  

 

 

Amazon Audible(オーディブル)の良い評判口コミ

それではまず、Amazon Audibleの良い評判口コミから見ていきましょう。

Amazon Audible(オーディブル)の良い評判1. ブックレビューを閲覧でき、購入前にナレーターや内容の評価を確認できる

Amazon Audibleでは書籍の購入前に利用ユーザーによるブックレビューを確認できます。

 

中にはナレーターへ辛辣なコメントが寄せられている場合もありますが、Amazon Audibleのブックレビュー機能は、月に1枚しか利用できない無料コインの消費先を検討する際に非常に役立つ機能です。

Audiobook.jpなどの他社サービスにはない機能であるため、Amazon Audible独自の魅力だと言えます。

Amazon Audible(オーディブル)の良い評判2. 作業しながらスキマ時間に本を聴ける

 

SNSで最も多かった良い評判は、「何か作業をしながらスキマ時間に本を読むことができる」といった、オーディオブックサービス本来のメリットに感動を覚えた人の評判でした。

特に家庭で家事をしながらAmazon Audibleを利用して好きな本を聞き流したり、何か新しいことをインプットしたりするように利用する方が多い印象です。

また、サラリーマンの方が通勤時間にAmazon Audibleを利用するといったケースもありました。

これまで無駄にしていた時間をAmazon Audibleによって効果的に使うことができると高い評価を得ています。

Amazon Audible(オーディブル)の良い評判3. 活字が苦手な人でも手軽に読書できる

 

次に、活字が苦手な方でも気軽に読書できるという評判も多く見られました。

Amazon Audibleは、1冊の本を読み切った経験の無い方や本を読み切るまで集中が続かない方からの支持が厚く、「ただ聞き流しているだけで本の内容が入ってきて、本を読み切ることができる」との声もありました。

中には読書する時間がなく「積ん読」してしまう方も多いはずです。長年ほこりが被っている本も、Amazon Audibleを利用してスキマ時間に読破しましょう。

Amazon Audible(オーディブル)の良い評判4. 購入後365日有効な返品システムで安心できる

 

Amazon Audibleで交換した書籍は、交換後365日以内であれば返品可能です。

Amazon Audibleのコインで購入した書籍はコインが戻り、クレジットカードで決済した書籍はカード会社に返金されます。

引用:
当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。

本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。 (Audible「会員の返品得点について」より引用)

 

Amazon Audible(オーディブル)の悪い評判口コミ

それでは次に、Amazon Audibleの悪い評判や口コミも確認していきましょう。

 

Amazon Audible(オーディブル)の悪い評判1. 無料書籍は毎月1冊のみ。それ以上は追加購入が必要

Amazon Audibleでは毎月1冊のオーディオブックを無料で購読でき、その後は定価から30%安い値段で追加購入できます。

しかし、オーディオブック(Audiobook.jp)が提供する聞き放題サービスと比べた時、Amazon Audibleのコストパフォーマンスが悪いように感じる方も多いようです。

 

Amazon Audibleは2020年10月27日から「ボーナスタイトル」と題して、運営がピックアップした書籍を無料で購読できるサービスを提供しています。

それでもコストパフォーマンスは月額750円でオーディオブックが聞き放題になるAudiobook.jpに軍配が上がる状況です。

AudibleとAudiobook.jpの比較表

サービス名

Audible

Audiobook.jp

値段

月額1,500円

毎月お好きな1冊+ピックアップ1冊無料

コイン消費後は30%オフで購入可能

聴き放題プラン:月額750円

月額会員プラン:月額300円から~

作品数

和書:1万3千冊

洋書:40万冊

2万3千冊

こんな人におすすめ

本のレビューを見たい方

ナレーターを重視

月に2冊程度の厳選された本が読みたい方

とにかく聴き漁りたい方

オリジナルコンテンツに魅力を感じた方

子供の読み聞かせなどに

 

Amazon Audible(オーディブル)の悪い評判2. ナレーターが作品の雰囲気と合わない作品がある

Amazon Audibleの作品によっては、作品全体の雰囲気とナレーターの読み調が合わない場合もあるようでした。

しかし、Amazon Audibleでは、「ナレーターが好みでない」などの理由があれば購入した作品の返品が可能です。返品期間は購入から365日に設定されているため、もしもサービスに満足いかない場合は返品申請をすると良いでしょう。

Amazon Audibleの返品方法については後述します。

 

Amazon Audible(オーディブル)とAudiobook.jpの違い

Amazon AudibleとAudiobook.jpの機能の違いについては以下の表を参考にしてください。

 

Audible

audiobook.jp

レビュー

サンプル再生

あらすじ・解説

作品の収録時間

スリープモード

ドライブモード

早送り・巻き戻し

前後30秒

前後10秒

対応デバイス

パソコン、Android端末、iOS端末、Echoシリーズ

パソコンやAndroid端末、iOS端末

支払い方法

クレジットカード決済のみ

クレジットカード、キャリア払い、iOS/GooglePlay払い(聞き放題のみ)

Amazon audibleとAudiobook.jpを比べると、前者はレビュー機能やスリープモード/ドライブモードに対応しているなど機能性に長けている一方で、Audiobook.jpは早送り/巻き戻しの秒数が細かい点に利点がありました。

また、Amazon audibleはクレジットカード決済にのみ対応しているため、クレジットカードをお持ちでない方はAudiobook.jpを利用することになります。

 

Audiobook.jpに魅力を感じた方は以下の記事を参考にしてください。

参考記事:【聴ける本】オーディオブック|国内最大『audiobook.jp』の魅力を徹底紹介!

 

audibleと他社サービスとの比較

ここまでaudibleの特徴を紹介してきましたが、主要なオーディオブック各社と比較した時に、どんな優位性(逆にダメな点)があるのか、調査してみたいと思います!

オススメのオーディオブック3社の比較表から、audibleの特徴を再定義していきましょう。

👉にスクロールすると一覧表が全て見れますよ!

順位 ストア 品揃え ジャンル 無料期間 特徴 会員特典 総合評価 URL
1位 audible 約13,000タイトル以上 話題の本・ビジネス書 30日間 ・他言語も合わせると22万タイトル以上!
・圧巻の品揃えと安心感
・月額1500円で好きなタイトルが1冊無料!
・2冊目から全タイトルを30%オフで購入可能
★★★★★ audible公式ストア
2位 audiobook.jp 約27,000タイトル以上 教育・教養系書籍 30日間 ・聴き放題プランと月額プランが選べる!
・日本最大級のサイト!
・月額プランの金額に合わせてボーナスポイントがもらえる! ★★★★☆ audiobook.jp公式ストア
3位 kikubon 約500タイトル SF・ファンタジー・ミステリー 30日間 ・100冊以上の無料作品を配信!
・レンタルも可能!
・月額プランの金額に合わせて追加ポイントがもらえる!
・毎月1〜2タイトル無料で購入可能!
★★★☆☆ kikubon公式ストア

 

他社のオーディオブックサービスと比較すると、audibleは多言語化に対応した圧倒的な「品揃え」が特徴であることが一目瞭然です。

Amazonの運営というだけあって、世界的に利用されているオーディオブックだということが分かりますよね。

値段もリーズナブルで、普段からAmazonを利用している人はすぐに使い始められることもメリットではないでしょうか。

話題の本やビジネス本など、会社員の方に嬉しいラインナップも特徴です。

通勤途中の満員電車の中など、なかなか電子書籍でも持ちにくい!というシーンで、イヤフォン1つで聴けるビジネス本は重宝しますよね。日頃から効率的にインプットできるツールとして人気があります。

 

また、オーディオブックのオススメ3社を徹底的に比較して自分にあった最適なサービスを選びたい!という人は、以下の記事をご覧ください!audibleを含めて、各サービスの特徴や違いがしっかり比較されています👇

オーディオブックのアイキャッチ画像

【徹底比較 2021】オーディオブックのオススメは?主要3社をランキング形式で一挙紹介!

2021年1月18日

>>【徹底比較】オーディオブックのオススメは?主要3社をランキング形式で一挙紹介!

 

Amazon Audibleの登録/解約方法

次に、Amazon Audibleの無料トライアルに登録する方法と、解約する方法についてご紹介します。

 

Amazon Audibleの登録方法

  • Amazon Audible公式サイトへアクセス

オーディオブック画面

  • Amazonアカウントでログイン

オーディオブックログイン

  • Amazon Audibleの無料トライアルへ申し込み

オーディオブック無料

  • 注文内容を確認し、注文確定する

オーディオブック登録

  • 登録完了後、好きな書籍を1冊引き換える

オーディオブック引き換え

Amazon Audibleは、Amazonアカウントをお持ちの方であれば誰でもスムーズに無料トライアルへ申し込むことが出来ます。

基本的にトライアル期間は30日間ですが、稀にAmazon Audibleのトライアル期間が2か月~3か月に延長されていることもあります。

まずはAmazon Audibleの無料トライアル期間が延長されているかどうかを確認し、もしもお得なキャンペーンが実施されているなら、この機会に登録してみましょう。

  Audible(オーディブル) 公式サイト  

 

Amazon Audibleの解約方法

Amazon Audibleの解約はPCのブラウザーか、スマートフォンでAmazon AudibleのPC版ページを開くことで可能です。

  • ブラウザからアマゾン公式サイトへアクセスし、ページ最下部の「PC版サイト」をクリック
オーディオブック解約
  • PC版公式サイトの最上部から「アカウントサービス」をタップする


アカウントサービス

  • 「会員タイプ」直下より、退会手続きを進める
オーディオブック退会

※この時コインが残っていると、上記画像のように警告文が表示されます。

 

Amazon Audibleによくある質問と回答FAQ

最後に、Amazon Audibleによくある質問と回答をまとめました。もしも疑問点があればこちらを参考にしてみてください。

 

Amazon Audibleの無料体験は何冊まで無料で読める?

Amazon Audibleの無料体験では、書籍1冊と交換可能なコインを1枚獲得できます。

したがって、無料体験中に0円で購入できるオーディオブックは1冊のみです。

ただしAmazon Audibleの無料体験では、月額会員のみが視聴できる無料の書籍や、月替わりで無料になる「ボーナスタイトル」も購読可能です。

自分が自由に選択できるタイトルは月に1冊までですが、無料タイトルの範囲内であれば書籍は聞き放題となるため、最初の30日間だけでも無料体験してみることをおすすめします。

 

Amazon Audibleにリピート機能はある?やり方は?

Audiobook.jpに標準装備されているリピート機能は、Amazon Audibleには実装されていません。

同じ書籍を繰り返し聞き流したいという方や、Amazon AudibleをBGMとして利用したい方には少々不便かもしれませんね。

もしもオーディオブックをリピートして聞き流したいのであれば、Audiobook.jpを利用することをおすすめします。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

 

Amazon Audibleのコインを確認する方法と使い方は?

Amazon Audibleで獲得できるコイン枚数を確認する方法と使い方は以下の通りです。

Amazon Audibleのコイン枚数確認

<PC版、ブラウザー版>

  1. Audibleのウェブサイト上部「〇〇さん、こんにちは!」より「アカウントサービス」をクリック(すぐ右でもコイン枚数は確認できます)
  2. 「会員タイプ」にて、保有コイン枚数と次回コイン獲得日を確認可能

<アプリ版>

  1. 画面左上、三本線の横に記載
    ※iOS版ではコイン枚数は確認できません。

 

Amazon Audibleのコインの使い方

  1. 購入したい書籍の購入ページへ移動する
  2. 「1コインで購入」ボタンを押す
  3. 注文を確定する

 

audible(オーディブル)まとめ

Audibleロゴ参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/fb06f0fca58d4944497b7f4fbea6703c03ae6e18

さて、今日はアマゾンの手がけるオーディオブック、Audible(オーディブル)をご紹介してきました!

いかがでしたか?

今大人気の耳で聴けるオーディブルの魅力が少しでも伝わっていれば嬉しいです!

僕もオーディブルの存在は知っていたものの、なかなか手をつけずにいましたが、今ではもうすっかり生活の一部です。

ぜひ皆さんも、まずは無料体験に登録して体験してみてくださいね!

  Audible(オーディブル) 公式サイト  

 

 

Audibleと同じAmazonが提供している電子書籍「Kindle」について詳しく知りたい方はこちら👇

Kindle Unlimitedのアイキャッチ

Kindle Unlimitedの評価・評判は実際どう?Amazon読み放題サービスの口コミや特徴を紹介!

2021年1月1日

 

ちなみに「Kindle」ヘビーユーザーの方は、便利機能一覧も徹底解説していますので、ぜひ👇

kindle端末

Kindleでできること13選!オススメ機能を徹底紹介!【ヘビーユーザー直伝】

2021年1月18日

 

おすすめの「電子書籍ストア」を比較したい!という人はこちら👇

電子書籍ストアおすすめ比較のアイキャッチ

【徹底比較!2021】電子書籍ストア厳選18社はどこがオススメ?使うなら、この電子書籍!

2021年2月5日

 

イチオシの「読み放題サービス」を知りたい!という人はこちら👇

漫画読み放題サービスのアイキャッチ

【読み放題はコレだ!】漫画の定額・無料読み放題サービスのオススメ15選を徹底比較〈最新2021年版〉

2021年4月4日

 

それでは素敵なオーディオブックライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本メディア『お前は笑うな。』は、本・漫画・電子書籍・VODなどオススメのエンタメ情報を発信するメディアです。 運営は、株式会社ロビンソン・クルーソー。 元・電子書籍の書店員だった代表をはじめ、様々なエンタメ分野に精通するライターによって、最新のエンタメ情報を提供してゆきます。