【厳選35選】ミステリー・サスペンス漫画のオススメを徹底紹介!探偵・推理・SF・クライム系ほか

ミステリーサスペンス漫画

漫画好きの間でも特に人気のジャンルといえば「ミステリー・サスペンス漫画」。

緊張感あふれる展開や、謎が解けてゆく爽快感は、クセになってしまいますよね。緻密に張り巡らされた伏線がラストで一気に回収されたりする「物語としての完成度」が、ミステリー・サスペンス漫画の魅力と言えるでしょう!

漫画賞にノミネートされるような話題の漫画でも、ミステリー系・サスペンス系の漫画は毎年必ずと言ってよいほどランクインしてきます。ドラマ化や映画化もしやすいジャンルであり、人気の漫画は数多くありますよね。

そこで今回は元ウェブ書店員の僕が、おすすめのミステリー・サスペンス漫画を厳選35作品、ジャンル別にご紹介したいと思います!ジャンルは以下の3つです。

  • 探偵・推理モノのおすすめ漫画
  • クライムサスペンスのおすすめ漫画
  • SFミステリー・サスペンスのおすすめ漫画

ミステリー・サスペンス漫画好きは必見です!

 

※ミステリー・サスペンス漫画だけでなく全てのジャンルの漫画から面白い作品を選びたい方はこちら👇

漫画おすすめのアイキャッチ

【厳選100作品】面白い超おすすめ漫画ランキング!元書店員がジャンル別に厳選しました!

2021年9月3日
>>【厳選】面白い超おすすめ漫画ランキング!元書店員がジャンル別に厳選しました!

 

それでは早速、ジャンル別にミステリー・サスペンス漫画のオススメを紹介していきましょう!

 

探偵・推理モノのおすすめ漫画(12作品)

探偵のイメージ

ミステリー・サスペンスといえば、最初に思い浮かべるのはやっぱり推理モノですよね。主人公になったつもりで犯人やトリックを熟考。それが的中した時には、鼻高々で誰かに話したくなってしまうほどの気持ちよさがあります。ここでは、そんな探偵・推理モノを描いたおすすめのミステリー・サスペンス漫画12作品をご紹介!

 

『名探偵コナン』青山剛昌(小学館)

世界中で絶大な人気を誇る、推理漫画の代表作!

『名探偵コナン』サムネイル

あらすじ
ホームズばりの推理力で、大活躍の高校生名探偵・工藤新一。ところがある日、事件を追っていた彼は、妙な薬の力で、なんと子供に戻ってしまった…!?仮の名を“江戸川コナン”。小さな名探偵が登場だ!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/183392/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★☆☆

グロテスク :★☆☆☆☆

アクション :★★★★☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

1994年から現在まで、週刊少年サンデー(小学館)にて長期で連載されている推理漫画です。2018年12月時点では、全世界での累計発行部数が2億3000万部以上にも到達する超人気作品。2021年4月時点でテレビアニメは15年以上放送されており、劇場版アニメも24作品が公開されています。

物語の主人公は、高校生探偵の工藤新一。ある日幼なじみの毛利蘭と遊園地で遊んでいた新一は、怪しげな取引をする黒ずくめの男たちを目撃します。取引に夢中になっていた新一は後ろから襲われた後に怪しげな薬を飲まされ、目が覚めると体が小さくなってしまったのです。子供になってしまった新一は江戸川コナンと名乗り、小学生として様々な事件を解決しながら、黒ずくめの男たちの正体を解き明かすべく奔走することになります。

作者自身が名言していますが、この作品は殺人ラブコメ漫画。コナンの周りでは様々な事件によって人が死んでいきますが、謎解きと同時に恋愛模様が描かれます。濃いキャラクターたちの人間関係に焦点が当てられており、特にコナン(新一)と蘭の関係性が気になるところ。蘭はコナン=新一と知らないのですが、コナンが時折見せる表情に新一の面影を感じてドキッとすることもあります。今後、2人の関係はどのように進展していくのか、必見です。

また、黒ずくめの組織との戦いも物語のキー。コナンが小さくなってしまった原因の組織ですから、元の体に戻るには組織の秘密を暴かなければなりません。果たしてコナンは組織のボスの正体や目的を明かすことができるのでしょうか。

「日本の推理漫画といえばコレ!」と言えるほどの絶大な人気を誇る作品、ぜひ読んでみてください!

🏆 第46回小学館漫画賞 少年部門 受賞

 『名探偵コナン』を読む 

 

『金田一少年の事件簿』天樹征丸 / 金成陽三郎 / さとうふみや(講談社)

コナンと人気を二分する、日本を代表する推理漫画!

『金田一少年の事件簿』サムネイル

あらすじ
名探偵・金田一耕助の血を引く金田一一(きんだいちはじめ)は、幼なじみの七瀬美雪(ななせみゆき)の頼みで演劇部の合宿に参加することになった。だが合宿先となる孤島のホテル「オペラ座館」では恐ろしい事件が一たちを待ちかまえていた――。演劇部の演目「オペラ座の怪人」になぞらえたように起こる凄惨な連続殺人。第1の殺人後、姿を消した謎の男「歌月」。そして部員たちの心に影を落とす、女子部員“月島冬子”の自殺……。一は、この惨劇の真相にたどりつくことができるか!?【原作:金成陽三郎】
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/24710/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

1992年から2017年までのあいだ、週刊少年マガジン(講談社)にて長期連載された推理漫画です。テレビドラマやアニメ、小説、ゲーム、パチンコなど幅広いメディアミックスが展開されており、スピンオフ作品も多数。人気や認知度が非常に高く、日本のミステリー漫画の代表作の1つとなっています。

物語の主人公は、高校生の金田一一(きんだいちはじめ)。彼の祖父は名探偵の金田一耕助であり、祖父譲りのずば抜けた推理力ではじめが様々な事件を解決していく展開となっています。

この作品は、ミステリー初心者の方にピッタリ。物語が展開していく中で、会話や絵の中に少しずつヒントが散りばめられていきます。なので、読者が一緒に推理をしながら読み進めていくことができるのです。もちろん完璧ではないトリックや無茶なトリックも出てきますが、そこはご愛嬌。余程のミステリーマニアじゃなければ、気にせず楽しむことができます!事件のトリックが明かされるときも漫画だからこそビジュアルでわかりやすく再現されるので、普段ミステリーにあまり触れない方でも頭に入りやすいです。

また、少年漫画にしては重厚なストーリーもこの作品の魅力。特に犯人のバックグラウンドは悲しいものが多く、犯行の動機に重みが持たされているのです。事件の解決パートももちろん面白いですが、こういった人間的な部分がしっかり描かれているのが作品に引き込まれる要因となっています。

『名探偵コナン』と人気を二分する推理漫画の金字塔、オススメです!

🏆 第19回講談社漫画賞 少年部門 受賞

📖 全34巻完結済み

 『金田一少年の事件簿』を読む 

 

『ミステリと言う勿れ』田村由美(小学館)

不思議なミステリーと絡み合う人間ドラマ

『ミステリと言う勿れ』サムネイル

あらすじ
話題沸騰★青年・久能整!ついに登場!!『BASARA』『7SEEDS』の田村由美、超ひさびさの新シリーズがついに始動!!その主人公は、たった一人の青年!しかも謎めいた、天然パーマの久能 整(くのう ととのう)なのです!!解決解読青年・久能 整、颯爽登場の第一巻!!冬のある、カレー日和。アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると・・・警察官がやってきて・・・!?突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。しかもその被害者は、整の同級生で・・・。次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる・・・???新感覚ストーリー「ミステリと言う勿れ」、注目の第一巻です!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/484330/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★☆☆

グロテスク :★☆☆☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

2017年から月刊フラワーズ(小学館)にて連載されている、ミステリー漫画です。作者は名作『7SEEDS』の田村由美さんで、この作品も様々な漫画賞を受賞しています。2022年にはフジテレビの月9枠で、菅田将暉さん主演でテレビドラマが放送される予定。非常に話題になっている作品です。

物語の主人公は、大学生の久能整(くのうととのう)。爆発したかのようなもふもふの天然パーマが特徴的な青年ですが、記憶力と推察する力に長けており物語の中で探偵役として活躍します。

この作品では整が様々な事件に巻き込まれ解決に協力していく展開が基本ですが、ただのミステリーではありません。作者の田村由美さんがご自身でもおっしゃっていますが、この作品は整がただただ喋りまくる作品なのです。整はかなりおしゃべりな性格で、とにかく自分の思ったことを淡々と述べていきます。これが謂わゆる陽キャラのようなウェイウェイした感じではなく、本当に自分の興味のあることだけつらつらと喋る変なやつなのです。もちろん、それが整の魅力なのですが。しかも、ミステリーの基本は事件解決に向けて思考をめぐらせるところ。ですが、整の興味関心は事件ではなく人間なのです。「犯人は何を考えているのか」「なぜその行動をとったのか」など、解決すること自体よりも渦中の人々の行動心理を解き明かそうとします。そのため、余計なことを喋ったり、嫌な顔をされることもしばしば。なんか変だけど憎めない、そんな整のキャラクターが魅力です。

ミステリーのようでミステリーでない、不思議な魅力を持った作品。ぜひ読んでみてください!

🏆 マンガ大賞2019 第2位

🏆 このマンガがすごい!2019 オンナ編 第2位

 『ミステリと言う勿れ』を読む 

 

『美食探偵 明智五郎』東村アキコ(集英社)

タラレバの東村アキコが描く、コミカルかつシリアスな推理漫画

『美食探偵 明智五郎』サムネイル

あらすじ
食にまつわる探偵奇譚! 事件のカゲには食があり食の裏にはナゾがある… 名探偵・明智五郎の華麗なる推理劇、幕開け! 読切版「美食探偵」も収録!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/365509/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★☆☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2015年からCocohana(集英社)にて連載されている、東村アキコさんの推理漫画です。2020年4月には、中村倫也さん主演でテレビドラマ化もされています。

主人公は表参道の一等地に事務所を構える探偵・明智五郎。変な髪型と古風なファッションという一風変わった見た目をしていますが、顔はめちゃくちゃ整っています。明智は食へのこだわりがハンパない美食探偵で、おいしい食事をには目がありません。そんな美食家である明智が、行きつけの弁当屋であるイチゴ・デリの店主・小林苺と事件解決のために奔走する物語です。

物語は、1人の殺人鬼との戦いが軸となって進んでいきます。その殺人鬼・マグダラのマリアは、元々明智のもとに浮気調査で依頼しにきた女性でした。彼女がその後起こした事件をきっかけに、明智とマリアの間には奇妙な関係性が形成されていきます。そして2人は様々な事件を巡って何度も顔を合わせることに。構造的には探偵と犯罪者という対立関係となっていますが、そう単純じゃないところが面白いところ。マリアは明智に執着しているし、明智も段々マリアに惹かれていくのです。惹かれ合う2人が今後どうなっていくのか、先が非常に気になります。

また、東村アキコさんの作品らしく、登場人物がしっかり個性的。些細な会話のやりとりでもクスッと笑えて、さすがだなと。今までの東村アキコ作品の良さを残したまま描かれるシリアスなサスペンス展開が非常に魅力的な推理漫画、オススメです。

 『美食探偵 明智五郎』を読む 

 

『探偵ゼノと7つの殺人密室』七月鏡一 / 杉山鉄兵(小学館)

ダークな雰囲気に飲み込まれる本格推理ミステリー

『探偵ゼノと7つの殺人密室』サムネイル

あらすじ
記憶のない探偵が挑む殺人密室ミステリー!あらゆる難事件を解決してきた探偵・ゼノ。だが彼は自分が「何者」か分からない記憶をなくした名探偵だった!ゼノの記憶の鍵を握るのは、闇の顔を併せ持つ高名な建築家・甲斐七楼!!甲斐は自らが設計した完全犯罪が可能な7つの殺人密室を解き明かすようにゼノに依頼。報酬はなんと―――ゼノの失った記憶だった!!稀代のシナリオメイカー・七月鏡一と新進気鋭の漫画家・杉山鉄兵が贈る記憶を失った名探偵が挑む“殺人密室”ミステリー、開幕!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/505371/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★☆☆

グロテスク :★★★☆☆

アクション :★★☆☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

2018年から2019年までのあいだ、週刊少年サンデー(小学館)にて連載されていた推理漫画です。

物語の主人公は、記憶喪失の探偵・ゼノ。彼はある日病院で目覚め、起きてすぐに横にいた医師に「あなたは誰か殺したな?」とつぶやきます。ちょうどその時その病院で起きていた殺人事件の犯人だったため、世間は驚愕。後援者が続々と現れ、彼は探偵として活動することになります。

ある日彼はスタジアムで野球選手が殺害される事件に遭遇。その事件の際に出会った殺し屋・D坂エイラの協力を取り付けて、事件を解決へと導くのです。しかし、その事件には黒幕の建築家・甲斐七楼の存在が。彼はゼノに「誰でも完全犯罪を成し遂げられる7つの殺人密室」を完成させたと告げます。ここからゼノは、甲斐七楼の作り上げた殺人密室の謎を解明するために動き出すことになるのです。

この作品は本格推理漫画と謳っているだけあり、ダークでシリアスな雰囲気が特徴的。コメディ要素は抑えられ、殺人密室での緊張感やスリルなどが色濃く描かれています。不気味なサスペンスの雰囲気が好きな方にぴったりです。

また、殺人密室の謎を解いた報酬として、甲斐七楼はゼノに失った記憶に関する情報をくれるといいます。一つひとつの殺人密室を解決しながら、全体としてゼノ自身の記憶喪失の謎の解明に繋がっていくという壮大なストーリー。深みのある展開もこの作品の魅力となっています。

雰囲気たっぷりな本格推理ミステリー、ぜひ読んでみてください!

📖 全8巻完結済み

 『探偵ゼノと7つの殺人密室』を読む 

 

『探偵学園Q』天樹征丸 / さとうふみや(講談社)

このタッグの推理漫画が面白くないワケが無い!

『探偵学園Q』サムネイル

あらすじ
「世界一の探偵になる!」その願いをかなえるべく、キュウが挑むのは、伝説の名探偵・団守彦(だんもりひこ)が主催する“探偵学園”の型破りな入学試験! 瞬間記憶能力者メグ、野生児キンタ、IT小僧カズマといった強力なライバルと共に、数々の超難解な謎を解き明かせ! 最高の探偵養成クラス「Qクラス」に入るために!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/26900/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★☆☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

2001年から2005年までのあいだ、週刊少年マガジン(講談社)にて連載されていた推理漫画です。作者は『金田一少年の事件簿』で知られる天樹征丸氏とさとうふみや氏の強力タッグ。テレビアニメ化やテレビドラマ化など、こちらの作品も非常に高い人気を誇っています。

主人公は探偵を志す中学3年生の少年・キュウ。学校の成績は低い彼ですが、天才的な推理力や閃きを持っています。そんなキュウは、中学卒業後に探偵養成学校である団探偵学園(DDS)に入学。入学試験で出会った仲間達とともに、様々な事件の解決に努めることになります。

基本的に独立した事件を一つひとつ解決していくスタイルで物語が進展していきますが、長編漫画としての特徴も持ち合わせているのがこの作品の魅力。物語全体を通して、犯罪組織との対立やキュウの出生の秘密などが描かれていきます。隠されていた人間関係が徐々に明らかになっていく展開に、どんどん引き込まれていくこと間違いなしです。

『金田一少年の事件簿』を手がけている作者陣なだけあって、事件のトリックや真相がしっかりしているのでその点に関しては言うことなし。読者にヒントが開示されるスタイルなので、一緒に推理して楽しむこともできます。

天樹征丸×さとうふみやの強力タッグによる推理漫画、オススメです!

📖 全23巻完結済み

 『探偵学園Q』を読む 

 

『Q.E.D. ―証明終了―』加藤元浩(講談社)

天才少年とパワフル少女のコンビが大活躍!

『Q.E.D. ―証明終了―』サムネイル

あらすじ
本物”を求めるミステリー・ファンの間で超ウワサ! MIT帰りの天才少年・燈馬(とうま)×元気全開の女子高生・可奈(かな)――事件とナゾが、ふたりを待つッ!! 世界一のゲーム会社で起きた密室殺人事件とは……!? 第1話「ミネルヴァの梟(ふくろう)」編をはじめ、巨匠が遺した人形館に交錯する、人の欲と想いの軌跡を描いた「銀の瞳」編を収録! あなたも“知的エンターテイメント”に……いざッ!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/16960/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

1997年から2014年まで、月刊少年マガジン+(講談社)にて長期連載されていた推理漫画です。2009年にはNHKでテレビドラマ化もされており、現在は新シリーズ『Q.E.D. iff―証明終了―』が連載中と高い人気を誇っています。

主人公の燈馬想は、天才的な頭脳を持つ高校生。彼は15才にしてマサチューセッツ工科大学を首席で卒業しているほどの能力を持っていますが、特殊な人生を歩んでしまったが故に抜け落ちた普通の生活を求めて日本の私立咲坂高校に通うことになります。そこで出会ったクラスメイトのパワフルな少女・水原可奈と共に、様々な事件を解決していく物語です。

少しマイナーに感じる方もいるかもしれませんが、『名探偵コナン』『金田一少年の事件簿』と共に三大推理漫画と言われる当作品。代表的な2作品と並べられるだけあって、ミステリーが非常に優秀です。色々な事件が短編形式で描かれていくため、様々なトリックを楽しむことができます。

また、そんな数々の事件を解決する想と可奈の組み合わせがめっちゃいいです。基本的に想は可奈に指示を出して自分は推理に集中する安楽椅子探偵。そして、そんな彼の無茶な指示を持ち前の身体能力で難なくこなしてしまうパワフルな可奈。全然違ったタイプの2人が足りないところを補い合っている、非常にいいコンビです。天才である想が、他人の心をうまく感じ取れないのも面白いポイント。ずば抜けた頭脳を持つが故のウィークポイントが、想の魅力にもなっています。

隠れた名作本格ミステリー、ぜひ手に取ってみてください。

🏆 第33回講談社漫画賞 少年部門 受賞

📖 全50巻完結済み

 『Q.E.D. ―証明終了―』を読む 

 

『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』加藤元浩(講談社)

博物館に住む不思議な少年が、超常現象を解明して事件を解決!

『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』サムネイル

あらすじ
CMBと刻まれた“3つの指輪”は「知の守護者」の証――神からの謎掛けに挑む!! 魅力的な謎と緻密なロジック、そして躍動するキャラクター! 『Q.E.D. 証明終了』の加藤元浩が繰り出す、ネオ・ミステリ!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/193820/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★☆☆

グロテスク :★☆☆☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

2005年から2020年までのあいだ、月刊少年マガジン(講談社)にて連載されていた推理漫画です。『Q.E.D. ―証明終了―』の加藤元浩さんが並行して連載していた作品で、怪奇現象やオカルト的な話から起きる事件が取り扱われています。

主人公の榊森羅は、東京のとある場所に存在する森羅博物館の館長として、1人で博物館に住んで生活している少年。そんな彼は、ある日ひょんなことから正義感の強い女子高生・七瀬立樹と出会います。彼女の通う学校で起きた事件に関わることになった森羅は、そこから様々な事件解決に乗り出すことになるのです。

作中で起こる事件は、人体発火や幽霊などの超常現象的な要素を含んだものが中心。そんな不可思議な事件を、彼は自身が持つ桁外れの知識で解決に導いていきます。しかし、一般常識には欠ける森羅。それを立樹がフォローしつつ支えるいい関係性が魅力です。

また、森羅が持つ3つの指輪をめぐる物語もこの作品の要。彼が持つ「C」「M」「B」の文字が刻印された指輪は三賢者の証とされ、これを持っていると世界中のあらゆる資料の閲覧が可能。そして全ての研究機関に強制的に協力させることもできてしまいます。このとてつもない権力欲しさに、指輪をめぐる事件が勃発。3つ全ての指輪を持っている森羅は、必然的にこの壮大な事件に巻き込まれていくことになってしまうのです。森羅はなぜこの指輪を持っているのか、この指輪の行方はどうなるのかなど、大きな謎にワクワクします。

ちょっと不思議な世界観が魅力の推理漫画です!

 『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』を読む 

 

『夏目アラタの結婚』乃木坂太郎(小学館)

殺人犯との結婚、そして事件の真相の行方は…!?

『夏目アラタの結婚』サムネイル

あらすじ
これは、最も一線を越える「結婚」!!児童相談所に勤務する夏目アラタは、結婚に夢など抱いていない30代・独身。彼はある日、担当児童・卓斗から「父を殺した犯人に代わりに会って欲しい」という依頼を受ける。犯人の名は品川真珠。【品川ピエロ】と呼ばれる有名連続殺人犯だった…!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/679490/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★☆☆

グロテスク :★★★☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2019年からビッグコミックスペリオール(小学館)にて連載されている、結婚をテーマとしたミステリー漫画。作者は『医龍-Team Medical Dragon-』が有名な乃木坂太郎さんです。

この作品の主人公は、児童相談所の職員として働く夏目アラタ。彼はある日、お父さんを連続バラバラ事件で亡くしてしまった少年・山下卓人くんを担当することになります。卓人君と会ったアラタは、彼が事件の犯人とされる品川真珠と文通をしていることを告白されるのです。しかも、卓人君はアラタの名前を使って文通をしており、「直接会って話そうよ」という誘いも受けている状況。未だ見つからない父親の頭部のありかを探るため、アラタは卓人君の代わりに品川真珠と面会することになります。

アラタは品川真珠との面会で、文通相手本人では無いことがバレそうに。そこでとっさに出たのが「俺と、結婚しよーぜ!!」という言葉でした。ここから、アラタと真珠の関係が劇的に変化していくことになります。アラタは、真珠のことを知れば知るほど気付かないうちに守りたいと思うように。一方で真珠も、アラタがいてくれれば事件のことを思い出せそうだと言います。児童相談所の職員と殺人事件の容疑者という関係が、結婚を通してどんどん複雑に。2人の結婚がどのような結末を迎えるのか、非常に楽しみです。

また、真珠がアラタに語る事件についての証言に関してもその真偽は不明。事件の真相が明らかになればなるほど、何を信じればいいのかわからなくなってしまいます。この難解なミステリーに、品川真珠という女の正体に、どんどん引き込まれていく作品です。

🏆 次に来るマンガ大賞2020 U-NEXT賞 受賞

 『夏目アラタの結婚』を読む 

 

『掟上今日子の備忘録』西尾維新 / 浅見よう(講談社)

1日で記憶がリセットされる忘却探偵が、事件を最速で解決します

『掟上今日子の備忘録』サムネイル

あらすじ
記憶が一日しかもたない忘却探偵・掟上今日子(おきてがみ・きょうこ)が、忘れる前に最速で事件を解決する!!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/60002561/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★☆☆

グロテスク :★☆☆☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

2015年から2017年までのあいだ、月刊少年マガジンにて連載されていたミステリー漫画です。原作は『めだかボックス』や『化物語』など数々の人気作品を手がけている西尾維新さんによる小説。2015年には漫画だけでなく、新垣結衣さん主演でテレビドラマが放送されている非常に人気の高い作品です。

主人公は、白髪でメガネをかけた25歳の美女探偵・掟上今日子。彼女は1度眠ると記憶がリセットされてしまうという得意な体質の持ち主です。一見探偵なんて向いていないように感じますが、その得意な体質のおかげで機密性の高い事件に首を突っ込めるというメリットが。短期的な記憶力は良く、探偵としての能力は高いです。そんな掟上今日子が、1日で記憶を失うという特性を生かして事件を解決していく物語となっています。

彼女は記憶を失っても大丈夫なように、重要なことはバックアップとして自身の体に書き留めていくのです。そして、この特性を自分で都合よく利用することもあります。解明に行き詰まると、眠ることで自ら記憶をリセットさせてしまうのです。頭をリフレッシュさせた状態で自分で残したパックアップを見ることで、より冷静かつ客観的に再考することができるように。この辺の設定をうまく利用した展開が面白いです。

1日で忘れてしまうため1日で事件を解決していく最速の探偵・掟上今日子。彼女の活躍が描かれた物語をぜひお楽しみください!

📖 全5巻完結済み

 『掟上今日子の備忘録』を読む 

 

『嘘解きレトリック』都戸利津(白泉社)

嘘を見抜けることで疎まれていた少女が、探偵助手として大活躍!

『嘘解きレトリック』サムネイル

あらすじ
時は昭和初年。「人のウソが聞き分けられる」能力を疎まれ、生まれ故郷の村を出た浦部鹿乃子。空腹で行き倒れた九十九屋町で、貧乏探偵の祝左右馬と出会い…!?
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/303808/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★☆☆☆

サスペンス :★★★☆☆

おすすめポイント

2012年から2018年まで別冊花とゆめ(白泉社)にて連載されていた、ミステリーをテーマとした少女漫画です。

物語の舞台は、昭和元年の九十九夜町。16歳の少女・浦部鹿乃子は「人の嘘がわかる」という能力によって人々から避けられてしまい、故郷を出て九十九夜町へとやってきます。食べ物も住むところもなく困っていた鹿乃子ですが、ひょんなことから探偵・祝左右馬と出会い、嘘がわかる能力で殺人事件の解決に貢献することに。能力で疎まれていた鹿乃子でしたが、その能力を気味悪がらずに正直に接してくれる左右馬の暖かさに触れます。そして左右馬から探偵事務所で働くように勧誘されたことで、探偵助手として彼のサポートをしていくことになるのです。

舞台が昭和初年ということもあり、情景や人々の服装が日本のものと西洋なものが混在しています。ちょっとした懐かしさを感じさせてくれるような、レトロモダンな雰囲気がこの作品の魅力です。

また、鹿乃子と左右馬のコンビネーションも抜群。鹿乃子は嘘を見抜くことができますが、そこから推理するのは探偵である左右馬の仕事です。助手が手がかりを持ってきて、探偵が解決する。これこそ理想の関係です。

ミステリーなので様々な事件が起こりますが、登場人物たちは基本的に優しさあふれる人たちばかり。人情あふれるストーリーに、心がなんだかほっとする作品です。

📖 全10巻完結済み

 『嘘解きレトリック』を読む 

 

『幽霊塔』乃木坂太郎(小学館)

センス・オブ・ジェンダー賞を受賞した耽美的ホラーミステリー

『幽霊塔』サムネイル

あらすじ
時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美青年・テツオに救われる。テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名であった・・・・・・・・
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/208638/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2011年から2014年までのあいだ、ビッグコミックスペリオール(小学館)にて連載されていたミステリー作品です。上記で紹介した『夏目アラタの結婚』を描かれている乃木坂太郎さんによる作品で、レトロな雰囲気のある本格ホラーミステリーの様相を呈しています。

この作品は、財宝が隠されているという時計塔「幽霊塔」を巡る物語です。

物語の中心は、あるニートの青年・天野太一とテツオと名乗る謎の美青年。太一はある日突然テツオから、幽霊塔の管理人の仕事を紹介されます。その話に興味を持った太一はその夜、幽霊塔に忍び込みます。すると塔の中で、白装束に身を包んだ何者かに襲われてしまうのです。時計塔の時計の針に貼り付けられ殺されそうになる太一ですが、ギリギリのところでテツオが救出。この出来事をきっかけに2人はコンビを組むことになり、協力して幽霊塔に隠された秘密、そして太一を襲った白装束の正体を突き止めるために動き出すのです。

ミステリー作品ですが、主人公たちは事件の渦中に巻き込まれています。そのため、単純な推理展開だけでなくギリギリの緊張感も漂うサスペンス展開も魅力的。謎に迫りながらも、自分たちが殺されてしまうかもしれないというスリルにドキドキしてしまいます。

また、他の作品に関してもそうですが、乃木坂太郎さんの絵のタッチは非常に独特。特に彼の描く人物は不思議な美しさがあります。美しくも恐ろしい、そんな雰囲気を纏った人物たちが非常に魅力的です。

そして、この作品の大きな特徴はLGBTを扱っているというところ。登場人物それぞれが、自身の持って生まれた性に葛藤しながら進んでいく姿が描かれています。センス・オブ・ジェンダー賞を受賞した耽美的ホラーミステリー、ぜひ読んでみてください。

🏆 第14回センス・オブ・ジェンダー賞 受賞

📖 全9巻完結済み

 『幽霊塔』を読む 

 

 

クライムサスペンスのおすすめ漫画(12作品)

クライムサスペンスのイメージ

作中に散りばめられた数多の伏線や重厚なストーリーなど、読み応えたっぷりのものが多いクライムサスペンス作品。臨場感たっぷりの描写には、読んでいてドキドキしてしまいますよね。ここでは、そんなクライムサスペンスを描いたおすすめみてリー・サスペンス漫画を12個ご紹介していきます!

 

『三億円事件奇譚 モンタージュ』渡辺潤(講談社)

実際にあった未解決事件をもとにした、ドラマチッククライムサスペンス

『三億円事件奇譚 モンタージュ』サムネイル

あらすじ
「ボクは三億円事件の犯人の息子です」――1968年12月10日に起きた昭和史最大の未解決事件、三億円事件。大規模な捜査が行われたが、7年後に時効を迎えた……。そして時は流れ現代。1人の少年が瀕死の老刑事に「おまえの父親は、三億円事件の犯人だ」と告げられた!! 運命の輪に巻き込まれた少年は、三億円事件の謎を明らかにできるのか!? 列島縦断クライムサスペンス!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/139911/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★☆☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2010年から2015年まで、週刊ヤングマガジン(講談社)にて連載されていたミステリー漫画。超有名な未解決事件である三億円事件が物語の題材となっています。

物語は、主人公の少年・鳴海大和が友人の小田切未来と共に瀕死の刑事と出会うところからスタート。その時に大和は自分の父親が三億円事件の犯人だと告げられ、刑事はそのまま亡くなってしまいます。そして同タイミングで大和の父親・鳴海鉄也は失踪してしまい、小田切未来の家に引き取られることになるのです。時は流れて高校生となった大和はある日、父親の残した剣道防具の中から三億円事件のものと思われる五百円札を発見。時を同じくして、小田切未来の両親が失踪。行き先を突き止めた大和と未来は向かった先で、この三億円事件の闇に足を突っ込んでいくことになってしまうのです。

この作品はまず第一に、題材が非常に面白い。真相が不明なままである前代未聞の大事件ですから、誰もがその真相を知りたいと思うのは当然のこと。そしてこれを、誰もが唸るようなミステリーに仕上げてるのもすごいです。巧妙に貼られた伏線や現代と過去を行き来する描き方など、巧みな構成でどんどん引き込まれてしまいます。誰もが怪しく見える描き方がされており、最後までドキドキが止まりません。

ドラマチックで壮大に描かれたクライムサスペンス漫画、おすすめです。

📖 全19巻完結済み

 『三億円事件奇譚 モンタージュ』を読む 

 

『ウツボラ』中村明日美子(太田出版)

独特なタッチで醸し出される鬱な雰囲気がクセになる

『ウツボラ』サムネイル

あらすじ
中村明日美子初のサイコ・サスペンス、戦慄の第1巻!謎の死を遂げた美少女「藤乃朱」。入れ替わるように、「朱」の双子の妹と名乗る少女「桜」が、作家・溝呂木の前に現れるも、彼女の正体は一切不明。二人の点をつなぐ作家・溝呂木は、盗作に手を染め深い闇に追い詰められていく。そして事件の謎を追う編集者と刑事たち。彼らの間を蠢く謎は深まるばかり--。顔のない死体とひとつの小説をめぐる、謎の物語。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/139366/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★☆☆☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

マンガ・エロティクス・エフ(太田出版)にて連載されていたサスペンス作品です。

物語は、藤乃朱という1人の若い女性がビルから飛び降りるところから始まります。遺体は身元がわからないほど顔がぐちゃぐちゃになってしまいましたが、藤乃朱のものと思われる携帯には二つの電話番号が。それが、主人公である作家・溝呂木舜と、藤乃朱の双子の妹と名乗る三木桜の2人です。そして警察による事情聴取や事件の捜査が始まっていくわけですが、三木桜という人間は存在しないことが明らかになります。すると、姉とされる自殺した女性・藤乃朱の存在も疑わしくなっていくのです。2人の女性の正体や彼女らと主人公・溝呂木の関係性など、様々な謎が浮かび上がってきます。そしてそれらが、複雑な時系列のもとに展開されていくので、一度読んだだけではわからないような難解なミステリーに仕上がっているのです。

複雑な展開を見せるこの作品ですが、その魅力はミステリーだけでなく登場人物たちの心理を描く部分にあります。溝呂木が精神的に追い詰められていく様子や三木桜の見せる涙など、繊細でダークな描写で表現されているのが特徴的。不気味さを感じさせる中村明日美子の独特なタッチが、より一層物語に鬱な雰囲気を与えています。

読めば読むほどなんだか恐ろしくなる、そんなサスペンス漫画です。

📖 全2巻完結済み

 『ウツボラ』を読む 

 

『BLOODY MONDAY』恵広史 / 龍門諒(講談社)

天才ハッカーの少年は、凶悪なテロを阻止することができるのか!?

『BLOODY MONDAY』サムネイル

あらすじ
クリスマス・イヴの夜、ロシアで成立したウイルス取引。目的は不明。わかっているのは、組織の一味であるマヤという謎の女性の存在と「ブラッディ・マンデイ」というキーワード。そして日本で起こった、ロシア連邦保安庁諜報員の殺害事件――。高木藤丸(たかぎ・ふじまる)は、天才ハッカー・ファルコンという別の顔を持つ高校生。公安調査庁の秘密組織「THIRD-i(サードアイ)」に勤務する父・竜之介から依頼された仕事が、彼を凄絶なるテロリストとの戦いに引きずり込んだ!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/15730/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★☆☆☆

グロテスク :★★★☆☆

アクション :★★★★☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2007年から2009年まで週刊少年マガジン(講談社)にて連載されていたサスペンス漫画。『BLOODY MONDAY Seoson2 絶望ノ匣』『BLOODY MONDAY ラストシーズン』と続いており、この作品はSeason1に当たります。原作者の龍門諒というペンネームは『金田一少年の事件簿』や『探偵学園Q』などの原作を手がけている天樹征丸さんの別名義です。2008年には三浦春馬さん主演でドラマ化もされています。

物語の主人公は、高校生の高木藤丸。彼はおちゃらけた性格で学校では不真面目に見られていますが、実は巷で噂の超天才ハッカー・ファルコンの正体です。そして彼は、公安の治安維持組織・THIRD-iに勤務する父親をその特殊な技能で手伝っています。ある日その仕事の一環として藤丸は、「クリスマスの虐殺」という暗号の解読をすることに。ここからは彼は、恐ろしいウイルスを巡る凶悪なテロ事件に巻き込まれていくことになります。

この作品の魅力は、サスペンスならではの裏切り。誰が味方で誰が敵なのか、裏切りの連続でどんどんわからなくなっていくのです。疑心暗鬼になりながらテロ事件に挑む藤丸たちを見ていると、ハラハラドキドキしてしまいます。

そしてもう一つの魅力が、フリーの雇われ工作員・折原マヤという悪女の存在です。彼女は、クリスマスの虐殺を引き起こした張本人。そしてそんな彼女は物語冒頭で、藤丸のクラスに担任教師としてやってくるのです。大胆不敵な美女が暗躍する様は、悪役なはずなのになかなかどうしてかっこいい。そんな特別な魅力を持つキャラクターです。

テロの目的は何なのか、首謀者は誰なのか、裏切りの連続でスリルたっぷりのサスペンス漫画。ぜひ読んでみてください!

📖 全11巻完結済み

 『BLOODY MONDAY』を読む 

 

『BANANA FISH』吉田秋生(小学館)

ハードボイルドな世界観が魅力の本格クライムサスペンス

『BANANA FISH』サムネイル

あらすじ
1985年、ストリートキッズのボス、アッシュはニューヨークのロウアー・イースト・サイドで、胸を射たれて瀕死の男から薬物サンプルを受け取った。男は「バナナフィッシュに会え…」と言い遺して息を引き取る。ベトナム戦争で出征した際、麻薬にやられて正気を失ったままの兄グリフィンの面倒をみていた彼は、兄が時々つぶやく「バナナフィッシュ」と同じことばを聞き、興味を抱いた。殺された男を追っていたのは暗黒街のボス、ディノ・ゴルツィネ。アッシュは男と最後に接触した者としてディノに疑われる。雑誌の取材でアッシュと出会った、カメラマン助手の英二も巻き込んで事件は思わぬ展開を見せ…。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/182957/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★☆☆☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

1985年から1994年まで別冊少女コミックス(小学館)にて連載されていた、クライムサスペンスを描いた作品。完結してから14年経った2018年に作者・吉田秋生さんの40周年記念プロジェクトとしてテレビアニメが放送され、同年には累計発行部数も1200万冊を突破しています。

この作品は、「バナナフィッシュ」という存在を巡って展開していく物語です。主人公は、ニューヨーク・ダウンタウンのストリートキッズたちを束ねている17歳の少年、アッシュ・リンクス。彼は美しい容姿・戦闘能力・天才的頭脳・高いカリスマ性と、全てを兼ね備えています。そんな彼はある日ダウンタウンで、1人の瀕死の男に遭遇。その男が死に際に放ったのが、とある場所の住所と「バナナフィッシュ」という言葉でした。その言葉は廃人となってしまった兄・グリフィンが時々つぶやく言葉だったため、興味を持ったアッシュ。その男から同時に薬物サンプルも渡されていた彼は、そのバナナフィッシュの謎を追うことを決めるのです。

この作品の魅力は、ハードボイルドな世界観と登場人物たち。ベトナム戦争やストリートキッズ、マフィアなどを描いているため必然的にそうなるのかもしれませんが、ここまでハードボイルドな少女漫画は他にありません。美少年アッシュが、危険な抗争の中に身を置きながら戦い抜いていく展開が熱いです。

また、一見完璧に見えるアッシュも実際は少年。弱い部分だってあります。そんな彼が唯一心を許せるのが、日本人カメラマンの奥村英二です。アッシュが英二を大切に思うあまり英二はアッシュの弱点となってしまうこともありますが、そんな彼を守り抜こうとするアッシュがめちゃくちゃかっこいい。そして信頼しあっている2人の関係性も素敵です。2人は恋人ではありませんが、英二はこの作品のヒロインと言っていいでしょう。

唯一無二の魅力を持った、男性にも自信を持ってオススメできる少女漫画です。

📖 全20巻完結済み

 『BANANA FISH』を読む 

 

『マイホームヒーロー』山川直輝 / 朝基まさし(講談社)

平凡なサラリーマンは、大切な妻と娘を守り抜くことができるのか…!?

『マイホームヒーロー』サムネイル

あらすじ
頼れる妻と、ちょっと反抗期気味だけど可愛い高校生の娘。鳥栖哲雄の人生はそれなりに幸せだった。娘の顔に殴打の傷を見つけるまでは。「100万の命の上に俺は立っている」の山川直輝、「サイコメトラー」「でぶせん」の朝基まさしの異色コンビが描く、罪と罰、愛と戦いの物語、開幕!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/60007206/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★☆☆☆☆

グロテスク :★★★★☆

アクション :★★★★☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2017年から週刊ヤングマガジン(講談社)にて連載されているクライムサスペンス漫画です。原作は『100万の命の上に俺は立っている』の山川直輝さん、作画は『シバトラ』や後に紹介する『サイコメトラーEIJI』などサスペンス漫画を数多く描いている朝基まさしさんが担当しています。

主人公は平凡なサラリーマン・鳥栖哲雄。妻と娘と3人で幸せに暮らしている哲雄ですが、彼にはちょっと特殊な趣味があります。それは、推理小説。ただ推理小説が好きなだけでなく、自分で推理小説を何本も書いてネットにアップしているほどです。そのため、様々な殺害方法やトリックに関する知識を持ち合わせています。そんな哲雄はある日、娘の彼氏・延人が半グレであること、妻の実家の資産が目当てであること、そして何より大切な娘・零花に危害を加えようとしていることを知ってしまうのです。哲雄は零花の身を守るため、延人を殺害。ここから延人のバックにいる組織と鳥栖一家の戦いが始まることになります。

ただただ平凡な男だった哲雄は突然犯罪組織と対立することになってしまいますが、娘を守るためならなんでもできる男。家族を想う父親の姿がとても勇ましいです。しかも、殺害したり逃走したりと常人ならテンパってもおかしくありませんが、彼は持ち前の知識で様々な危険な状況を冷静に切り抜けていきます。ギリギリのところで切り抜けていく展開は、スリルがあって非常に面白いです。

基本的に緊迫した空気感が流れている物語ですが、事件を知らない娘と事件を起こした夫婦の会話になんだか気が抜けます。シリアスな場面で不意にくるコメディチックな展開に、ついついクスッと笑ってしまうのです。

家族を守るために戦う平凡な父親がかっこいい作品、ぜひ読んでみてください!

 『マイホームヒーロー』を読む 

 

『ROUTE END』中川海二(集英社)

生と死について考えさせられるサイコサスペンス

『ROUTE END』サムネイル

あらすじ
人の死が日常的となる職業、“特殊清掃業”を生業とする青年・春野。彼が近隣で続発する連続猟奇殺人事件、「END事件」に足を踏み入れて…。生と死の在り方を問うサイコ・サスペンス開幕!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/438911/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★☆☆☆

グロテスク :★★★★☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2017年から2019年まで少年ジャンプ+(集英社)にて連載されていたサスペンス漫画です。

主人公は、清掃会社「特殊清掃 アウン」の社員として働く青年・春野太慈(たじ)。人が亡くなった部屋などを清掃し、元通りに復元する仕事をしています。そんな彼が住む高曽根市では、「END事件」と呼ばれる連続殺人事件が起きていました。そしてその事件の現場に仕事で向かうことに。清掃の最中、太慈はその部屋で白骨死体を発見します。そして翌日には尊敬する社長・橘浩二がEND事件の被害者となって発見され、太慈はここから独自にEND事件を調査していくことになるのです。

サスペンスとしての魅力はもちろんですが、この作品の一番の魅力は登場人物それぞれが抱える心の闇。太慈自身は10歳の頃に母親が自殺しており、死に寄り添う仕事をしていなければイカれてしまいそうだったため特殊清掃員となっています。他にも、清掃現場で性行為をすることで不安定な精神を正常に保っている清掃員や愛情を確認するために弟の肩に噛みついていた刑事など、何かしら心に暗い影を持った人々が描かれるのです。そんな彼らの心情が繊細に表現されており、狂気を感じつつも引き込まれてしまいます。

生と死について改めて考えさせられるサイコサスペンス漫画です。

📖 全8巻完結済み

 『ROUTE END』を読む 

 

『なれの果ての僕ら』内海八重(講談社)

人間の倫理観が試される、戦慄のサイコサスペンス

『なれの果ての僕ら』サムネイル

あらすじ
『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと。たった52時間の監禁劇は、薄皮を剥ぐように、人間の本性を暴いていった。疑惑、欲望、暴露、復讐、そして裏切り。正義と道徳を問う、禁断のサスペンス。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/742727/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★☆☆☆

グロテスク :★★★☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2020年から週刊少年マガジン(講談社)にて連載がスタートし、その後マガジンポケットへ移籍して2021年に終了したサスペンス漫画です。

物語の舞台は、同窓会のために元6年2組の生徒たちが集合した四ノ塚小学校。彼らは同級生の夢崎みきおに監禁されてしまいます。彼の目的は、「人の持つ善性を試す」というもの。そのために彼は様々な実験を仕掛け、同級生たちを心理的に追い詰めていくのです。中でも、みきおに特に興味を持たれているのが主人公・真田透(ネズ)。みきおはネズが最も善性のある人物と考えており、彼の行動に注目しています。ネズはみきおを止めることができるのか、もしくはその善性を持ってしてもみきおを殺してしまうのか。そんな、同級生27人の命を使った恐ろしい心理実験が幕を開けることになります。

みきおは同級生たちに死や痛みというペナルティを課すことで、極限状態に追い込もうと画策。そして彼の思惑通り、彼らは様々な場面で友達を裏切っていくことになります。人間の汚い部分が浮き彫りにされていく、そんなサイコサスペンス的展開にゾクゾクしてしまうのです。

果たして本当に人に善性はあるのか。倫理観を極限まで問い詰めていく、そんな作品。

📖 全8巻完結済み

 『なれの果ての僕ら』を読む 

 

『親愛なる僕へ殺意をこめて』井龍一 / 伊藤翔太(講談社)

明かされる真実に驚きが止まらない、衝撃の二重人格サスペンス

『親愛なる僕へ殺意をこめて』サムネイル

あらすじ
「人生は楽しんだもん勝ち」がモットーの大学生・浦島エイジ。だが彼は、人には言えない”過酷な運命”を背負っていた。その現実と向き合った時、彼は惨劇に巻き込まれていく―――。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/60010317/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★★★☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2018年から週刊ヤングマガジン(講談社)にて連載スタートし、ウェブコミック配信サイトのコミックDAYSに移籍、その後2020年に完結したサスペンス漫画です。

主人公は大学生の浦島エイジ。彼は「LL事件」と呼ばれる連続殺人事件の犯人・八野衣真の息子で、大学ではそのことを隠して過ごしていました。そんな彼はある日目が覚めると、隣に同じ大学の美女・雪村京花が寝ていることに気がつきます。男に絡まれているところをエイジが助けたのがきっかけでエイジと京花が付き合うことになったと知りますが、エイジは全く覚えていないのです。そして京花を助けた日から3日経過しており、その間の記憶が一切ないことに気がつきます。この日からエイジは度々記憶に空白ができ、大学の同級生・真明寺麗から自分が二重人格であることを教えられるのです。そんなエイジの元に警察がやってきて、父親が起こしたLL事件を模倣した殺人が起きたと聞かれされます。記憶のないエイジはもう1人の自分かもしれないと思い、事件の真相を探り始めることになるのです。

この作品の魅力は、サスペンス展開の質。もう1人の自分が何をしたかわからないからこその緊張感やスリルが丁寧に描かれています。そして二重人格も、ただの二重人格ではない模様。次々と明らかになっていく衝撃の真実に、驚きが止まりません。

そしてサイコサスペンスらしさ全開で、狂気じみた思考の人物が盛り沢山。こんな人間いるのか、、、と恐ろしくなってしまいます。

凄惨な事件の描写が多々あるので、グロいのが苦手な人は注意が必要です。

📖 全11巻完結済み

 『親愛なる僕へ殺意をこめて』を読む 

 

『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』さの隆(講談社)

悪魔のような少年が、記憶をなくした先に辿り着くのは…

『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』サムネイル

あらすじ
かつて、僕は悪魔だった。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ?
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/60008638/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★☆☆☆

グロテスク :★★★☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2017年から2020年まで、マンガ配信アプリのマガジンポケット(講談社)にて連載されていたサスペンス漫画です。

主人公は男子高校生の斎藤悠介。彼は物語開始の半年前にボートで眠っているところを保護されました。現在は保護されるまでの15年分の記憶を失っていますが、高校では彼女の環や友人たちと楽しく過ごしています。そんな彼はある日バイト先で、バイト仲間・シュウの背中にあるヤケド跡は過去の自分がつけたことを知るのです。しかし、記憶がないので言われたことを信じられない悠介。すると翌日、親友を名乗る会澤陽二郎が学校に訪ねてきます。そこで、悠介が過去に陽二郎と悪行を行っていたことを知るのです。自分が悪魔であることを知った悠介の中には、時たま見る自分が殺人を犯しているという白昼夢は現実なのではないかという疑念が。ここから、会澤と共に自身の失った記憶を取り戻すために動くことになります。

物語が進むにつれて悠介の過去が明らかになっていくのですが、その数々の惨い行いはまさに悪魔の所業。そしてそんな彼の周りには当然ながら、復讐しようと考える人間が数多く存在します。身に覚えのない悪行で復讐されることに苦しみながら、自分という存在を追っていく。そんなサスペン展開が魅力です。

また、タイトルにある「僕ら」というのも気になるところ。会澤も悠介と共に悪事を働いていましたが、「悪魔」と呼ばれていたのは悠介だけのように思えます。すると、この「僕ら」という呼称は誰を指しているのか。この辺の隠された真相もこの作品の面白いポイントです。

記憶喪失の少年が過去の行いに苦しみながらも真相を追求していくサスペンス漫画、ぜひ読んでみてください!

📖 全14巻完結済み

 『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を読む 

 

『不能犯』宮月新 / 神崎裕也(集英社)

誰も幸せにならないのに、ページをめくる手が止まらない…

『不能犯』サムネイル

あらすじ
数々の変死事件現場にあらわれる謎の男・宇相吹正。しかし、誰も彼の犯行を証明することができない。人は彼を、犯罪を実証することができない容疑者「不能犯」と呼ぶ…。 憎悪、嫉妬、欲望そして愛…… 宇相吹は依頼人の歪んだ思いに応え、次々と人を殺めていく…。 戦慄のサイコサスペンス開演!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/298027/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★★★★★

アクション :★★★★★

サスペンス :★★★☆☆

おすすめポイント

2013年から2020年までグランドジャンプ(集英社)にて連載されていたサスペンス漫画です。2018年には松坂桃李さん主演でオリジナルドラマが配信され、同タイミングで実写映画も放映されました。

主人公は黒いスーツに身を包んだ男・宇相吹正。彼は心理テクニックなどを用いてマインドコントロールすることで相手を精神的に追い詰め、自殺させる力を持っています。彼の元には様々な依頼が殺人の依頼が舞い込みますが、彼のやり方は証拠が出ないため実証は不可能。警察はその犯行手口から「不能犯」と呼んでいます。そんな彼を追うもう1人の主人公が、刑事の多田友樹。彼は数少ない、宇相吹のマインドコントロールが効かない人間。そんな彼は宇相吹によって片想いの上司・夜目美冬を殺されてしまいますが、この事件をきっかけに宇相吹の能力に気づくことになります。ここから、宇相吹と多田の対決が始まるのです。

この作品は、基本的にオムニバス形式で進んでいきます。その中で様々な依頼人が宇相吹に殺人を頼んでくるのですが、その結末は誰も幸せにならないものばかり。依頼人の標的が死んだと思えば、巡り巡って依頼人そのものに不幸が返ってくるのです。もちろん、それも何かしら宇相吹がマインドコントロールした影響によるものが多いのですが、、、なんだかスッキリしないんだけど、でも読むのはやめられない。そんな不思議な魅力を持っています。まあ、人の不幸は蜜の味と言いますしね、、、

モヤモヤすること間違いなしの鬱展開サイコサスペンス、耐性がある方には非常におすすめです!笑

📖 全12巻完結済み

 『不能犯』を読む 

 

『僕たちがやりました』金城宗幸 / 荒木光(講談社)

高校生たちの心理を巧みに描いた青春逃亡サスペンス

『僕たちがやりました』サムネイル

あらすじ
金城宗幸(神さまの言うとおり)×荒木光(ヤンキー塾へ行く)が織りなす、「今日」に満足してる若人たちの「そこそこ」を目指す青春譚。だが、このタッグが、それだけで終わるハズがない!! 因果応報、驚天動地、賛否両論の第1巻!!!!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/60002288/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★☆☆☆☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★☆☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2015年から2017年まで、週刊少年マガジン(講談社)にて連載されていたサスペンス作品。2017年には、窪田正孝さん主演でテレビドラマも放送されています。

主人公の増渕トビオは、凡下高校に通う男子高校生。やりたいことや夢はありませんが、そこそこに楽しい毎日を送れれば良いと考えています。そんな彼は、高校の同級生である丸山友貴(マル)、伊佐美翔、そして金持ちのOB・小坂秀郎(パイセン)と遊んで過ごしていました。しかしある日、マルは隣のヤンキー高校・矢波高校の悪口を言っているところを矢波高の生徒に目撃され、後日ボコボコにされてしまいます。これを理由に、トビオたち4人は仕返しとして矢波高にプラスチック爆弾を設置。しかしこれが、プロパンガスに誘爆したことで死傷者を複数出す大事件に発展してしまいます。いたずらで済まないとんでもないことをしてしまったトビオたちは、ここからどうなってしまうのか…!?という物語です。

この物語は、高校生たちの心理状態が非常にリアルに描かれています。軽い気持ちでやったことが殺人に繋がってしまったことで、彼らは焦燥感や不安感、そして大きな罪悪感に苛まれることに。自らの犯した罪に悩み苦しむ姿がありありと描かれています。事件自体も、ありえないんだけどありそうな、妙な現実感が。物語の持つリアリティに引き込まれるので、一層ドキドキしてしまいます。

人間心理が丁寧に描かれた青春逃亡劇、気になった方はぜひ手に取ってみてください。

📖 全9巻完結済み

 『僕たちがやりました』を読む 

 

『予告犯』筒井哲也(集英社)

社会の悪を斬る犯罪者、この犯罪は正義か悪か。

『予告犯』サムネイル

あらすじ
インターネット動画投稿サイトで犯行予告動画を投稿する謎の男。果たして予告された事件は起きるのか…!? 高度に情報化された現代のテロリズムを描く、緊迫のサスペンススリラー開幕!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/203842/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★☆☆

グロテスク :★☆☆☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2011年から2013年までジャンプ改(集英社)にて連載されていたクライムサスペンス漫画。2015年には生田斗真さん主演で実写映画が公開され、2016年には東山紀之さん主演でオリジナルストーリーのテレビドラマも放送されている人気作品です。

ある日、動画配信サイトのYOURTUBE上に犯行予告動画がアップロードされます。新聞紙を頭に被った男(シンブンシ)が語るその内容は、問題を起こしたのに反省の色を見せない某食品加工会社に放火して制裁を加えるというもの。そして実際に犯行は実行され、たまたま通りかかったテレビカメラの生中継には、シンブンシの姿があったのです。他にもいくつかの予告動画を投稿していたシンブンシを逮捕するため、ネット犯罪を専門として立ち上げられたサイバー犯罪対策課が捜査に乗り出す事になります。

この作品の恐ろしいところは、ネット社会という現代のリアルな部分が多分に含まれているというところ。また、作中に登場する事件はどれも実際に現実で起こった事件がモチーフとなっています。実際に起きた事件と犯人の犯行動機などが結びつけられる事によって深みを出したりなど、非常にリアルな恐ろしさを感じられる物語です。

また、シンブンシがやっていることは犯罪ですが、制裁される側も何かしら問題を起こして炎上した人々。シンブンシにとっては制裁は正義ですが、犯罪という観点から見れば悪です。しかし、斬られる側も被害にあった人々からすれば悪。人によって正義や悪が違うため、何が正義で何が悪なのかわからなくなっていくのです。簡単に他人を制裁できてしまうネット社会に生きる私たちにとって、非常に考えさせられる展開となっています。

全3巻と非常に読みやすく、綺麗にまとめられたクライムサスペンス漫画です。

📖 全3巻完結済み

 『予告犯』を読む 

 

 

SFミステリー・サスペンスのおすすめ漫画(11作品)

サイエンスフィクションのイメージ

宇宙・タイムリープ・超能力などなど、ワクワクするような要素がたっぷりのSFミステリー・サスペンス漫画。なんでもアリだからこそ、緻密に練り上げられた設定で読者を唸らせてくるのです。ここでは、そんなSF要素を取り入れたミステリー・サスペンス漫画からおすすめ11作品をご紹介していきます!

 

『それでも町は廻っている』石黒正数(少年画報社)

散りばめられた伏線が秀逸!女子高生の日常を描いたSF作品

『それでも町は廻っている』サムネイル

あらすじ
人情あふれる丸子商店街に存在するメイド喫茶(カフェではない)「シーサイド」。まさに、天真爛漫! 女子高生にして名探偵に憧れる嵐山歩鳥は、地元丸子商店街のアイドル(?)兼お騒がせ娘。ありふれた町のちょっとおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられるドタバタ活劇!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/144592/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★★★

グロテスク :★☆☆☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★☆☆

おすすめポイント

2005年から2016年のあいだヤングキングアワーズ(少年画報社)にて連載されていた日常系SF漫画です。複数の漫画賞を受賞しており、2010年にはテレビアニメも放送されています。

物語の舞台は、東京都大田区の下町・丸子の商店街。そこで育った主人公・嵐山歩鳥は、シーサイドというメイド喫茶で働く女子高生です。歩鳥は、自分に想いを寄せる幼馴染・真田広章やメイド喫茶に憧れる同級生・辰野トシ子ら共に騒がしい毎日を過ごしています。この作品は、そんな彼女たちのちょっと変わった日常を描いた物語です。

基本的に物語は1話から数話で完結する短編形式となっています。そんな日常ショートストーリーのどこがミステリーなのかというと、通常であれば連載順に年月が経過していくと思いますが、この作品は各話の時系列がバラバラであるということ。しかもそのヒントは、明確に記されているものばかりではありません。だけど、本当に些細なところに思わぬ伏線が散りばめられているのです。初めて登場したと思った人物が実は以前の話で通行人として描かれていたり、登場人物たちの些細な会話で出来事の時系列が判明したり。最初は気にも留めず読んでいたものが、後から「そうだったのか!!」となる感覚はまさにミステリーを解明したときのそれ。歩鳥が推理をする話も物語に登場しますが、ミステリーを描いた作品というよりは作品そのものがミステリーとなっていると言えます。考察が好きな人にぴったりな漫画です!

また、石黒正数さん特有のSF(すこし・ふしぎ)的要素もしっかり出ています。摩訶不思議な出来事が日常に溶け込んでいる独特の雰囲気が、クセになること間違いなしです!

🏆 第17回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞

🏆 第49回星雲賞 コミック部門 受賞

📖 全16巻完結済み

 『それでも町は廻っている』を読む 

 

『天国大魔境』石黒正数(講談社)

二つの世界を描きながら真実を明らかにしていくSFミステリー

『天国大魔境』サムネイル

あらすじ
美しい壁に囲まれた世界で暮らす子供たち。少年・トキオはある日、「外の外に行きたいですか?」というメッセージを受け取る。一方、外では、マルとおねえちゃんがサバイバル生活をしながら、天国を求めて、魔境となった世界を旅している。未来の日本を「あね散歩」。二つの世界を縦横無尽に行き来する、超才・石黒正数最新作、極大スケールでスタート!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/60009926/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★★★

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★☆☆

おすすめポイント

2018年から月刊アフタヌーン(講談社)にて連載されているSFミステリー。こちらも石黒正数さんの作品です。『それでも町は廻っている』でも漫画賞を受賞されていましたが、こちらの作品もこのマンガがすごい!2019のオトコ編で第1位を受賞。非常に高い評価を受けている漫画家です。

物語は、壁で囲まれた施設と壁の外の荒廃した世界が並行して描かれていきます。壁に囲まれた施設ではたくさんの子供たちが生活しており、トキオもそのうちの1人です。彼女はある日「外の外に行きたいですか?」というメッセージを受け取ったことで、外の世界に興味を持ちます。一方、壁の外は「災害」で荒れ果てた世界。人々は文明の残骸を掘り起こしながら生活しています。そして、人食いと呼ばれる怪物が存在している危険な世界です。そんな世界を旅するのは、トキオを同じ顔をした少年・マルと赤毛の少女・キルコ。マルは「天国で同じ顔をした人間を探し、薬を打て」と命じられており、そのために天国を目指しています。この二つの世界を同時に描きながら、様々な真相が明らかになっていく物語です。

『それでも町は廻っている』のコメディチックな雰囲気から、シリアスでダークなディストピアを描いた作品。しかし、気の抜ける感じは健在です。過酷な世界を生き抜く主人公たちが、淡々とシュールな会話を交わしているシーンにクスッとしてしまいます。

また、物語開始時点で多くが謎に包まれており、災害の原因や怪物の正体、壁の中の施設の目的などわからないことが盛り沢山。これらの情報が、二つの視点を行ったり来たりしながら明らかになっていく様が非常に気持ちいです。

まだまだ明かされていない謎ばかりのこの作品、今後の展開が非常に気になります!

🏆 このマンガがすごい!2019 オトコ編 第1位

 『天国大魔境』を読む 

 

『外天楼』石黒正数(講談社)

圧倒的な構成力が魅力!奇妙な短編が紡ぎ出す秀逸SFミステリー

『外天楼』サムネイル

あらすじ
外天楼と呼ばれる建物にまつわるヘンな人々。エロ本を探す少年がいて、宇宙刑事がいて、ロボットがいて、殺人事件が起こって……? 謎を秘めた姉弟を追い、刑事・桜場冴子は自分勝手な捜査を開始する。“迷”推理が解き明かすのは、外天楼に隠された驚愕の真実……!? 奇妙にねじれて、愉快に切ない――石黒正数が描く不思議系ミステリ!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/179913/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★☆☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2008年から2011年まで、小説誌メフィスト(講談社)にて連載されていたSFミステリー作品です。

またまた石黒正数さんの作品で、外天楼と呼ばれるちょっと変わった居住区域に住んでいる人々が描かれています。物語は1話完結形式、全10話で構成されている短編集。コメディとシリアスがバランスよく描かれています。人工生命やロボットなどのSF要素が描かれており、石黒正数さんのすこしふしぎな世界観とゆるい日常の雰囲気とのギャップが面白いです。

と、これだけの情報だとただの短編集に見えますが、そう単純ではありません。読み進めていくとわかるのですが、短編それぞれは少しずつリンクしていくのです。外天楼に住む人々を描きながらも、各話で描かれる登場人物はそれぞれ別々の人。ですが、ただ世界観を統一しただけの完全別個の短編集だと思っていると、足元を掬われます。各短編を読み進めると、外天楼で起こっているある事件の真実が不意に浮かび上がってくるのです。パズルのピースが段々と埋まっていくような、そんな感覚で全体像が明らかになっていく展開はさすがの一言。第1話はエロ本を拾う話なのですが、その出来事がそこと繋がるなんて、、、奇妙なストーリーが急速に収束していく、秀逸で素晴らしい構成の作品。

1巻完結でものすごく綺麗にまとまっているので、これは読まないと損ですよ!

📖 全1巻完結済み

 『外天楼』を読む 

 

『彼方のアストラ』篠原健太(集英社)

宇宙をめぐる壮大な近未来SFサバイバルストーリー

『彼方のアストラ』サムネイル

あらすじ
宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!? 近未来SFサバイバルストーリー、始動!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/384048/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★☆☆☆☆

アクション :★★★★☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2016年から2017年まで、ウェブコミック配信サイトの少年ジャンプ+(集英社)にて連載されていたSFサスペンス漫画。作者は篠原健太さんで、この作品は『SKET DANCE』に続く連載2作目となります。2019年には、テレビアニメも放送されている作品です。

物語の主人公は、ケアーズ高校の生徒であるカナタ・ホシジマ。彼は同じ班のメンバーと共に、大自然の中で5日間を過ごすという惑星キャンプに出発します。目的地の惑星マクパに到着すると、謎のワープに巻き込まれて遭難してしまいます。偶然近くに漂流していた無人の宇宙船に乗り込んだことで難を逃れますが、そこには意図的に通信機器を壊した形跡が。ここからカナタたちは地球への期間を目指しながら、遭難事故の犯人を探し出すことになります。

前作とはかなり違ったテイストの作品ですが、その面白さはしっかり引き継がれている模様。会話の中で繰り出されるテンポの良いボケはさすがです。むしろ前作よりもシリアスな要素が多い分、ギャップで面白さが倍増しています。

また、なんといってもミステリーとしての魅力がこの作品の売り。様々なところに張り巡らされた伏線たちが、見事に回収されていく展開は驚きの連続です。そして最後の最後、更なる真実が明らかになるシーンは最高。このどんでん返しのために読んでいたのか..!!そう感じずにはいられません。

5巻にぎゅっとまとめられた読み応えたっぷりの傑作SFミステリー、ぜひ読んでみてください!

🏆 第3回次にくるマンガ大賞 Webマンガ部門 第5位

🏆 このマンガがすごい!2019 オトコ編 第3位

🏆 マンガ大賞2019 大賞

📖 全5巻完結済み

 『彼方のアストラ』を読む 

 

『テセウスの船』東元俊哉(講談社)

家族を救うために奔走するタイムトラベルサスペンス

『テセウスの船』サムネイル

あらすじ
1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/60007276/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2017年から2019年まで、モーニング(講談社)にて連載されていたSFサスペンス漫画です。2020年には竹内涼真さん主演でテレビドラマも放送されており、大ヒットしています。

主人公は、28年前に小学校で無差別毒殺事件を起こしたとされる男・佐野文吾を父親にもつ、田村心。その事件には不可解な点がありましたが、心は真剣に向き合ってきませんでした。あるとき、妻・田村由紀が娘を出産したのと同時に死んでしまいます。父親の冤罪を証明できれば娘は殺人犯の孫ではなくなると考えた心は、ついに真相の解明に乗り出すのです。向かった先は、事件起きた旧音臼村。すると心は不思議な霧に包まれ、事件の起こる半年前にタイムスリップしていました。ここから心は独自に情報を集め、事件を調べていくことになります。

かなり本格的なSFサスペンスで、徐々に明らかになっていく真実には驚きの連続。予期せぬ展開ばかりでドキドキが止まらないストーリーとなっています。

しかしそれ以上にこの作品の魅力となっているのが、佐野家の家族愛です。互いを思う彼らの姿やその心情が丁寧に描かれており、人間ドラマとしての側面が非常に素晴らしい。父の冤罪を晴らすため、そして佐野家の幸せな時間を守るため、真犯人の解明に奔走する心の姿に感動すること間違いなしです。

ドラマを観た方も多いかと思いますが、ドラマと原作漫画ではラストの展開や真犯人が異なります。原作もドラマに負けず劣らずかなり秀逸で感動的なラストになっていますので、ぜひチェックしてみてください!

📖 全10巻完結済み

 『テセウスの船』を読む 

 

『山羊座の友人』乙一 / ミヨカワ将(集英社)

不思議なベランダに飛んできた新聞紙。そこに記されていたのは…

『山羊座の友人』サムネイル

あらすじ
松田ユウヤはある夜、同級生の若槻ナオトが殺人を犯した現場に遭遇する。陰惨ないじめの標的になっていた若槻は、追い詰められ相手を殺してしまったのだった。今までいじめを見て見ぬふりをしてきた罪悪感から、ユウヤは彼と逃げる決意をするが!? 少年二人の逃避行の果てに待つ、衝撃の真実。そしてあまりに切ない結末とは――
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/318868/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★☆☆☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

2014年から2015年のあいだ、少年ジャンプ+(集英社)にて連載されていた青春SFサスペンス漫画。原作は乙一さんによる短編小説です。

主人公の男子高校生・松田ユウヤのベランダは、ちょっと特殊な空間。遥か昔のものや異世界から迷い込んだと思われるものなど、不思議な漂流物が流れつくのです。そんなユウヤのベランダにある日、未来の新聞が迷い込んだことがきっかけで物語が動きだします。その新聞には、数日後に起こる殺人事件について書かれていたのです。

一方で、ユウヤと同じ学校の不良・金城アキラは、若槻ナオトをリンチの標的にしていました。そのことを見てみぬふりをしていたユウヤですが、ある日偶然血だらけのバットを持った若槻と遭遇。しかも、その血は金城アキラのものだと言うのです。今まで見てみぬふりをしてきたユウヤは罪悪感に苛まれ、若槻を助けることに。ここから少年2人の逃避行が始まるのです。

ユウヤのベランダに流れついた新聞記事の事件は金城アキラ殺害事件を指しているわけですが、物語はそう単純ではありません。最初から真実は明らかなようで全く異なる事実が隠されており、真相を知ったときには驚きと切なさを感じてしまいます。

また、青春物語としての側面もかなり強いです。学生時代だからこその繊細で不安定な心の様子が繊細に描かれており、読んでいるとどうしようもなくやるせない感情が押し寄せてきます。

ファンタジーとミステリーと青春がバランスよく混じり合った作品。起承転結がしっかりしていて1巻に綺麗にまとまっているので、非常におすすめです!

📖 全1巻完結済み

 『山羊座の友人』を読む 

 

『虚構推理』城平京 / 片瀬茶柴(講談社)

虚構によって事件を解決する怪異×ミステリー漫画

『虚構推理』サムネイル

あらすじ
怪異になってしまった一人の少女と、怪異にさえ恐れられる一人の男が出会った時、生まれるものは――!? “推理”、”妖怪”、”都市伝説”、”恋”……予測不可能な物語が幕を開ける!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/60002573/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★☆☆☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

2015年から少年マガジンR(講談社)にて連載されている、オカルト要素を含んだミステリー漫画です。原作は城京平さんによる小説で、第12回本格ミステリ大賞の小説部門を受賞されています。2020年にはテレビアニメも放送されるなど、非常に高い人気を誇る作品です。

物語の主人公は、名家の少女・岩永琴子。彼女は11歳の時に怪異に誘拐され、知恵の神になるように頼まれます。その願いを承諾した琴子は右目と左足と引き換えに、知恵の神に。それ以来、怪異の関するトラブルを解決する日々を送っています。そんな彼女は、ある日偶然病院で出会った桜川九郎に一目惚れ。長い片思いを経て、晴れて恋人関係になります。実は、九郎も半分人間で半分妖怪という不思議な存在です。そんな2人は、ある時「鋼人七瀬」という怪異の存在を知ります。殺人を犯すほどのこの怪異を退治するため、2人は奔走することになるのです。

この作品は一見するとファンタジーバトル漫画のように見えますが、一番の魅力はそこではありません。タイトルにもある通り、「虚構」がこの作品の肝なのです。怪異は人に噂されることで存在しています。そのため、事件を解決するために取られる手段は人をどう納得させるかというもの。ここで生み出される虚構が、この作品の一番の魅力なのです。

また、絵にクセが少なく非常に綺麗なのもこの作品の特徴。誰でも気軽に読める作品なので、ぜひ読んでみてください!

🏆 第42回講談社漫画賞 ノミネート

 『虚構推理』を読む 

 

『僕だけがいない街』三部けい(KADOKAWA)

漫画賞を総ナメにした本格SFサスペンス

『僕だけがいない街』サムネイル

あらすじ
毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それとも…。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/207937/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★★☆

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★☆☆☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2012年から2016年までヤングエース(KADOKAWA)にて連載されていた、三部けい氏によるSFサスペンス漫画です。2016年にはテレビアニメと実写映画が制作され、2017年にはNetflixにてドラマが配信されました。数々の漫画賞を総ナメしており、非常に高い評価を受けている作品です。

主人公の藤沼悟は、29歳の売れない漫画家。彼はタイムリープを持っていますが、その能力は自分の意思と関係なく発動するのです。そんな彼は不幸なことに、上京してきた母親が殺害されてしまいます。母親の死を阻止するため、コントロールできないはずのタイムリープを念じた悟。すると、過去に戻れたのです。しかし、飛ばされた先はなんと1988年の小学生時代でした。ここから彼は、自身が小学生だったときに起きた殺人事件を阻止しようと動き出します。この事件に関わることで、彼や彼の周りの人物たちの運命が書き換えられていくことになるのです。

この作品の見所はなんといっても、洗練されたストーリー。ネタバレしないように書こうとしたら、正直ほとんど書くことがないです。笑 

タイムリープというSF要素が非常に上手く利用されており、悟がいかにして真犯人を追い詰めていくのかというところに読み応えがあります。悟が未来から来ているため「この後誰が死ぬのか」も判明しており、過去改変のための悟の行動がどんな展開につながるのか読んでいてドキドキしてしまいます。

圧倒的な読了感に包まれる本格SFサスペンス、ぜひ読んでみてください!

🏆 俺マン2013 第7位

🏆 コミックナタリー大賞2014 第5位

🏆 このマンガがすごい!2014 オトコ編 第15位

🏆 マンガ大賞2014 第2位

🏆 マンガ大賞2015 第4位

🏆 コミックナタリー大賞2015 第9位

🏆 マンガ大賞2016 第4位

🏆 このマンガがすごい!2014 オトコ編 第10位

📖 全9巻完結済み

 『僕だけがいない街』を読む 

 

『魔人探偵脳噛ネウロ』松井優征(集英社)

良い意味で少年漫画らしく無いダークで独特な雰囲気が魅力!

『魔人探偵脳噛ネウロ』サムネイル

あらすじ
女子高生・桂木弥子の父親が殺された。密室の惨殺事件。謎に満ちた事件は弥子の日常を混乱へ…。一向に捜査が進展しない中、悲しみにくれる弥子の前に脳噛ネウロと名乗る男が現れた。彼は言う。究極の『謎』を解きたいと…!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/187102/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★☆☆☆

グロテスク :★★★★☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

2004年に赤マルジャンプと週刊少年ジャンプ(集英社)に読み切りが掲載され、2005年から2009年まで週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載されていた作品です。人気漫画『暗殺教室』の作者・松井優征さんの前作で、テレビアニメ化もされるなど高い人気を誇っています。

主人公は、魔界からやってきた魔人・脳噛ネウロ。彼は「謎」を食糧としている不思議な存在で、魔界の謎を喰らい尽くしてしまったため人間界に謎を求めてやってきます。そして謎を求めた先で最初に出会ったのが、父親を殺された女子高生・桂木弥子。そこから、ネウロは弥子を女子高生名探偵に仕立て上げ隠れ蓑とし、謎を解明しながら自身の食欲を満たしていくことになります。

タイトルには探偵とありますが、基本的に犯人を推理することはかなり難しいです。読者にヒントが与えられながら話が展開するわけではなく、ファンタジー的要素も介入するため推理にはあまり向いていません。しかし、それでも面白いのがこの作品のすごいところ。ネウロや弥子などの登場人物たちがそれぞれ個性をしっかり持っていて、犯人もかなり強烈なキャラクターが多いです。ネウロの頭脳は天才的ですが、人の心はわかりません。その弱点を弥子が補って解決する2人の関係性も素敵です。

また、ブラックコメディ的な要素もこの作品の魅力。人を選ぶ作品ではありますが、トゲのある風刺的な会話やセリフはハマる人にはかなり刺さると思います。

いい意味で少年漫画らしくない不思議なミステリー漫画です。

🏆 第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞 準入選 受賞

📖 全23巻完結済み

 『魔人探偵脳噛ネウロ』を読む 

 

『7SEEDS』田村由美(小学館)

時空を超えた種の保存を巡るSFサバイバルサスペンス

『7SEEDS』サムネイル

あらすじ
ごちそうを食べて自分の部屋で寝たはず…だが目覚めると、ナツは荒れ狂う海の上にいた。どうして自分がここにいるのかわからない。やがて流れ着いた無人島。生きるための過酷な冒険が始まった!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/205641/vol_no/001

ストーリー :★★★★★

謎解き   :★★★★★

グロテスク :★★☆☆☆

アクション :★★★☆☆

サスペンス :★★★★★

おすすめポイント

2001年から2017年までのあいだ、別冊少女コミックや月刊フラワーズ(小学館)にて連載されていたSFサバイバルサスペンス漫画です。作者は現在『ミステリと言う勿れ』を連載中の田村由美さん。2019年から2020年にはNetflixでアニメが配信、2020年9月時点での累計発行部数は650万部を超えるなど、この作品も非常に人気があります。

物語の舞台は、文明の滅んだ未来の地球。そんな世界で目を覚ましたのは、状況の理解できていない若者ばかりです。実は昔、巨大な隕石の衝突によって地球が滅亡すると予測されたため、人類から健康な若者として選ばれた彼らはコールドスリープで眠らされたのでした。地球が安全になったとコンピューターが判断したため、解凍された主人公たち。種の保存を目的としたプロジェクト「7seeds」に巻き込まれた彼らは、ここから7人毎のチームに分かれてサバイバル生活を始めることになります。

この作品、ジャングルでの未知の生物との戦いや崖登りなど、少女漫画とは思えないほどの過酷なサバイバル展開。そんな容赦のないギリギリの環境の中で恋や友情が描かれ、より一層人間ドラマに深みが与えられています。

主人公が複数いるため、様々な視点から物語が紡がれていくのもこの作品の特徴。様々な視点から情報が与えられるため、それらが少しずつ繋がっていくのも面白いです。

異常な緊張感と感動に包まれるSFサバイバルサスペンス、ぜひ読んでみてください!

🏆 第52回小学館漫画賞 少女向け部門 受賞

📖 全35巻完結済み

 『7SEEDS』を読む 

 

『サイコメトラーEIJI』朝基まさし / 安童夕馬(講談社)

金田一の作者が送るサイコメトリーミステリー

『サイコメトラーEIJI』サムネイル

あらすじ
夜ごと起こる残忍な婦女暴行殺人――。謎の殺人鬼メビウスの正体を暴くため、過去の出来事や記憶の断片を読みとるサイコメトリー能力をもつ少年、明日真映児(あすま・えいじ)と、美人刑事・志摩亮子(しま・りょうこ)が立ちあがる!!ドラマ化もされた大ヒットコミック!!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/19800/vol_no/001

ストーリー :★★★★☆

謎解き   :★★★☆☆

グロテスク :★★★★☆

アクション :★★☆☆☆

サスペンス :★★★★☆

おすすめポイント

1996年から2000年まで、週刊少年マガジン(講談社)にて連載されていたミステリー漫画です。原作者は『金田一少年の事件簿』などを手がける安童安馬(天樹征丸の別名義)さん。作画は『マイホームヒーロー』の朝基まさしさんが担当されており、ミステリー・サスペンス界の強力タッグによって描かれています。1997年と1999年にはTOKIOの松岡昌宏さん主演でテレビドラマが放送、2014年7月時点での累計発行部数は1400万部を超えるなど、人気のある作品です。

物語の主人公は、不良男子高校生・明日真映児。彼は人や物に触れるとそこから記憶を読み取ることができる、サイコメトリーの能力者です。そんな彼はひょんなことから、サイコメトリー能力があることを女性刑事・志摩亮子に見抜かれてしまいます。そしてそこから彼は、様々な凶悪事件の解決に協力していくことになるのです。

この作品に出てくる事件は、猟奇的な殺人事件ばかり。殺した女子高生の制服を逆さまに着せる奴や舌を切り取って保存する奴など、犯人はみんな独自の哲学(性癖?)を持っています。そんな異常性たっぷりの犯人の記憶をサイコメトリーで読み取っていくわけですから、映児は大変です、、、けど、このぶっ飛んだ事件性こそがこの作品の醍醐味。

コミカルな展開が多いのもこの作品の特徴で、映児と亮子のやりとりはなかなか軽快。事件も解決できるし面白いしで、かなりいいコンビなのではないでしょうか。

シリアスな展開とコメディ展開のバランスがちょうどいいサスペンス漫画、おすすめです!

📖 全25巻完結済み

 『サイコメトラーEIJI』を読む 

 

 

おすすめのミステリー・サスペンス漫画35選!まとめ

ミステリーサスペンスのイメージ

さて、ミステリー・サスペンス漫画をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

話題の知っている作品からマイナーな作品まで、幅広く「良作」が存在する奥深いジャンルです。一度読み始めるとページをめくる手が止まらないワクワク感を、ぜひ味わってみてください。

長編だけでなくサクッと読める1巻完結のミステリーや、各話ごとに事件や謎が起こるサスペンス漫画もあるので、手軽に楽しむことが出来ますよ!

 

他のジャンルで漫画を探したい方に…

「ミステリー・サスペンス」漫画以外のジャンルでも、様々な角度から漫画を厳選して紹介しています!

スポーツ漫画のおすすめ👇

厳選100冊版スポーツ漫画アイキャッチ

【厳選100冊】スポーツ漫画のおすすめを競技別に大紹介!胸アツな作品はコレだ!

2021年9月16日

>>【厳選】スポーツ漫画のおすすめを競技別に大紹介!胸アツな作品はコレだ!

ラブコメ漫画のおすすめ👇

ラブコメ漫画アイキャッチ

【厳選50作】胸キュンの王道!ラブコメ漫画のオススメ作品をジャンル別に一挙紹介!

2021年9月1日

>>【厳選】胸キュンの王道!ラブコメ漫画のオススメ作品をジャンル別に一挙紹介!

音楽漫画のおすすめ👇

アイキャッチ画像

【楽器別!おすすめ音楽漫画35選】胸アツ演奏シーンに引き込まれる!!

2021年9月2日

>>【楽器別!おすすめ音楽漫画】胸アツ演奏シーンに引き込まれる!

スポーツ漫画のおすすめ👇

厳選100冊版スポーツ漫画アイキャッチ

【厳選100冊】スポーツ漫画のおすすめを競技別に大紹介!胸アツな作品はコレだ!

2021年9月16日

>>【厳選】スポーツ漫画のおすすめを競技別に大紹介!胸アツな作品はコレだ!

グルメ漫画のおすすめ👇

グルメ漫画アイキャッチ画像

【食べる読書】グルメ漫画のオススメ60選をジャンル別に一挙ご紹介!料理・グルメ好き必見!

2021年8月29日

>>【食べる読書】グルメ漫画のオススメをジャンル別に一挙ご紹介!料理・グルメ好き必見!

ギャグ漫画のおすすめ👇

ギャグ漫画アイキャッチ

【おすすめギャグ漫画2021】思いっきり笑いたい時に読むべき面白いギャグ漫画35選!!

2021年9月1日

>>【おすすめギャグ漫画】思いっきり笑いたい時に読むべき面白いギャグ漫画!

泣ける漫画のおすすめ👇

アイキャッチ画像

【ハンカチ必須!】泣ける漫画おすすめ40選を一挙に紹介!心がスッキリする物語を。

2021年9月1日

>>【ハンカチ必須!】泣ける漫画おすすめを一挙に紹介!心がスッキリする物語を

エッセイ漫画のおすすめ👇

エッセイ漫画アイキャッチ

【共感の嵐】エッセイ漫画のオススメ厳選40冊!家族・職業・旅行・病気…様々な体験談を綴る

2021年9月1日

>>【共感の嵐】エッセイ漫画のオススメ厳選!家族・職業・旅行・病気…様々な体験談を綴る

お仕事漫画のおすすめ👇

【お仕事漫画30選を職業別にご紹介!】きっと自分の職業も漫画になっているかも…!?

2021年8月16日

>>【お仕事漫画を職業別にご紹介!】きっと自分の職業も漫画になっているかも…!?

長編完結漫画のおすすめ👇

長編完結まんがサムネイル

【イッキ読み推奨!】元書店員がオススメする長編完結まんが・厳選30作!

2021年8月26日

>>【イッキ読み推奨!】元書店員がオススメする長編完結まんが・厳選作品!

1巻完結漫画のおすすめ👇

【サクッと大満足!】1巻完結漫画のオススメ厳選21冊を徹底紹介!短くて濃い物語にハマる!

2021年9月1日

>>【サクッと大満足!】1巻完結漫画のオススメ厳選作を徹底紹介!短くて濃い物語にハマる!

ホラー漫画のおすすめ👇

ホラー漫画アイキャッチ

【ガチ怖!】ホラー漫画のおすすめ50選をジャンル別に紹介!心霊・サスペンス・グロ好き必見!

2021年9月1日

>>【ガチ怖!】ホラー漫画のおすすめをジャンル別に紹介!心霊・サスペンス・グロ好き必見!

異世界漫画のおすすめ👇

異世界漫画アイキャッチ画像

【厳選50作】異世界漫画のおすすめ作品を徹底紹介!転生・冒険・日常の3ジャンル別!

2021年9月3日

>>【厳選】オススメの異世界漫画を徹底紹介!転生・冒険・日常の3ジャンル別!

 

全ジャンルから最高に面白い漫画を選びたい!という方はこちら👇

www.omaeha-warauna.com

おすすめの電子書籍ストアを選びたい!という方はこちら👇

www.omaeha-warauna.com

「無料」で読める電子書籍ストアを見つけたい!という方はこちら👇

www.omaeha-warauna.com

気になった記事があれば、ぜひ併せて読んでみて下さい!漫画に関する情報が盛り沢山ですよ!

それでは素敵な漫画ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本メディア『お前は笑うな。』は、本・漫画・電子書籍・VODなどオススメのエンタメ情報を発信するメディアです。 運営は、株式会社ロビンソン・クルーソー。 元・電子書籍の書店員だった代表をはじめ、様々なエンタメ分野に精通するライターによって、最新のエンタメ情報を提供してゆきます。