【フェミニズム漫画おすすめ10選】女らしさって何?女性差別ってなんであるの?読むとスッキリ、モヤモヤ解消漫画をご紹介!

「女である」という理由だけで嫌な思いをしたことがある人、「女らしさ」にモヤモヤしたことがある人、そもそも女性差別が実際どういうものなのかわからない人、フェミニズムのことをもっと知ってみたいけど分厚い本を読む気にはなれない人、集合です!

フェミニズム(男女平等社会を目指す運動)をテーマにしているオススメ漫画を10冊まとめました。
フェミニズム要素がしっかりありつつ内容的にもすごく面白い漫画ばかりなので、楽しみながらフェミニズムのことをしっかり知ることができるラインナップになっています!

ひとつずつあらすじとおすすめのポイントを紹介しているので、気になる作品をぜひ見つけてみてくださいね!

フェミニズム漫画だけでなく全ての漫画から面白い作品を選びたい方はこちら👇

おすすめ漫画のアイキャッチ

【厳選120作品】面白い超おすすめ漫画ランキング!元書店員がジャンル別に厳選しました!

2022年9月1日

>>【厳選120作品】面白い超おすすめ漫画ランキング!元書店員がジャンル別に厳選しました!

では、早速一冊ずつ紹介していきます!

 

『作りたい女と食べたい女』ゆざきさかおみ/KADOKAWA

ほかほか大盛りごはん×GL!2人の関係の変化から目が離せない!

あらすじ
ひとり暮らしで少食だし、作ったところで食べきれない。
でも、本当はもっと作りたい! 

料理が大好きな野本さんは、そんな想いと職場のストレスから、
うっかり一人で食べきれないほどご飯を作ってしまう。

そんなとき、お隣のお隣に住む春日さんのことを思い出して
勇気を出して夕食に誘ってみると…?
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/20034066/vol_no/001

🏆このマンガがすごい!2022(宝島社)【オンナ編】第2位

「つくたべ」の愛称で話題のこの漫画。2022年11月からNHKにてドラマ化の今大人気の作品です。

料理が大好きだけど小食で量が食べられない野本さんと、沢山ご飯を食べる春日さんの2人の女性の関係が描かれています。

タイトルだけ見るとグルメ漫画のように見えますが、この作品のメインは「シスターフッド(女性差別を無くすために女性同士が連帯すること)」と「女性同士の恋愛」!

女性が社会で経験するジェンダーステレオタイプ・性差別に2人がモヤモヤしたり、お互いへ抱く気持ちは友愛なのか恋愛なのかヤキモキしたり。そんなふたりの日常が、大盛豪快ごはんと一緒に描かれています。

野本さんと春日さんが男女の賃金水準の差について話していたり、「女だから」料理が好きなんだね、と言われることに対してのモヤモヤが作品内で描かれていたりと、わたしたちの身近にある女性差別やジェンダーステレオタイプが描かれているので共感できる女性が多いはず。

また、発売予定のコミックス三巻では他人に性的欲求を抱かないアセクシュアルの女性が出てきます。多様なセクシュアリティを持つ人が作品内に出てくるので、当事者も当事者でない人も読むと何か発見があると思います。

大盛料理に魅力を感じる人、「女らしさ」にモヤモヤしたことがある人、セクシュアリティについてもっと知りたい人はぜひ読んでみてください!

 『作りたい女と食べたい女』を読む 

 

『わたしたちは無痛恋愛がしたい』瀧波ユカリ/講談社

男性にこそ読んでほしい!女性差別の現状がわかるフェミニズム入門書!

あらすじ
この世界で「痛みのない人間関係」なんて築けるのか――?
鍵をかけたSNS=鍵垢でしか本音を吐露できない主人公・みなみ。”星屑男子”(顔のいいクズ)に雑に扱われたり、街中で人にわざとぶつかられたり、「女」の役割を押し付けられたり……この世界って何なの? と思いながら、SNSの鍵垢に本音を投稿する日々。そんな彼女の前に一人の年上男性――”フェミおじさん”が現れる!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/1134445/vol_no/001

2019年にフジテレビでドラマ化された『モトカレマニア』の作者である瀧波ユカリが描くフェミニズム漫画です。

23歳、”星屑男子” の浮気相手をしながら、鍵垢SNSに自分の本音を発信する「みなみ」、そして、クズだとわかりながらも関係がやめられないみなみに呆れている親友「由仁」。星屑男子の話をしたり、「女性だから」という理由で受けた扱いにモヤっとした話をしたり。そんな風に過ごす2人はある日、「月寒さん(通称:フェミおじさん)」というおじさんなのにフェミニストというあまり見ないタイプの男性と出会い、そこから物語は加速していきます。

作品内で描かれる女性差別にしっかり対抗していくキャラクターにパワーをもらえる女性が多いはず。「女である」という理由だけで受ける扱いにモヤっとしたことがある方にはぜひ手に取ってもらいたい漫画です。

この作品のいいところは、女性差別的な発言・行動をした加害者最低!成敗!スッキリ!で終わらないところ。

なぜ加害者は女性差別的な言動を悪気なく、当たり前にやってしまうのか?どんな環境/社会がそのような言動を加害者に「やっていいことだ」と思わせたのか?と、加害者の背景にある社会の責任を連想させるシーンが度々入っています。

フェミニズムは男vs女の二項対立だと思われがちですが、実際はそうではなく女性差別的な社会vs女 の戦いなので、それを読者になんとなく伝える、加害者側の背景が描かれるシーンがいくつか入っている所がすごく良い漫画だと思います!

日頃女性差別にモヤモヤを感じている女性はもちろん、「フェミニズムって何?」「女性差別ってまだあるの?」というような、性差別の問題にあまり馴染みのない人や

「女の方が絶対生きやすいのに、もっと得しようとしてるの?」「社会にあれこれ文句を言って、フェミニズムってめんどくさい」というように、フェミニズムに良いイメージを持っていない人にぜひ読んでほしいなと思います!

 『わたしたちは無痛恋愛がしたい』を読む 

 

『深夜のダメ恋図鑑』尾崎衣良/小学館

ダメ男撃退!!読んだらスッキリ、痛快漫画!

あらすじ
「俺は可愛くも無いババアのATMになるのはゴメンだね」
「浮気は男の本能なんだよ!」
「君の中に駆け込み乗車だ…発射オーライ☆」
深夜、ダメンズに悩まされる3人の乙女達によって繰り広げられる、世にも恐ろしい体験談…それが「深夜のダメ恋図鑑」。
世の中にダメンズ話は数あれど、その恐ろしいまでのダメ度とリアルさで異常人気を博し、ついに単行本化となりました!
読めばアナタも絶対「居る居る~~~!!!こういうヤツ!!」と叫びたくなること必至!痛快爽快・爆笑エッセイコミックです。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/314680/vol_no/001

円、佐和子、千代の3人が経験するダメな恋、そして3人が出会うダメな人たちが痛快に描かれています。

フェミニズム要素は少ないですが、

「女は若い方が素直でいいわ」

「家事は女がするもの」

というような男性キャラクターの発言に、円、佐和子、千代がしっかり言い返して相手をコテンパンにしているのが気持ち良いです!

ひとつの話が展開していくような構成ではなく、短いエピソードが沢山詰まっているようなマンガなのでどの巻から読んでも楽しめると思います!現在9巻まで発売中です!

 『深夜のダメ恋図鑑』を読む 

 

『さよならミニスカート』牧野あおい/集英社

元ミニスカアイドルの高校生、ミニスカートを履くのは何のため?誰のため?

あらすじ
その日、彼女は「女の子」をやめた――。 女子で唯一、スラックスで通学する仁那が抱える秘密とは。衝撃のドラマが幕を開ける。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/560240/vol_no/001

学校の女子の中で1人だけスラックスを履いて登校する仁那。学校では話しかけられても無愛想に返し、変人扱いされていますが、仁那は実は元大人気アイドルでした。握手会で不審者に刃物で切りつけられたことをきっかけに引退を決め、その後アイドルだった過去を隠し、男子のように振る舞うようになった仁那。そんな彼女の前に彼女の過去を知る人物が現れます。

仁那のクラスメイト、元メンバーなどを巻き込んで色々な出来事が起きていくストーリーの中で、「女の子」であるということはどういうことなのか、性被害がどれだけ身近な問題であるのか、なぜ「ミニ」スカートを履くのか ということが伝えられているマンガです。

性被害に遭ったクラスメイトの女の子に対して、「俺も触りたい」「変質者を怖がるならそんなに短いスカート履くな」と言ったりするクラスメイトだったり、性被害に遭ってしまっても「大したことないよ」とやり過ごそうとする女子生徒が描かれているのがすごくリアル。

「性被害はどんな程度のものでも絶対に許されない」「ミニスカートを履いていることが性的消費されてもいい理由にはならない」というメッセージが伝わる素晴らしい漫画だと思います。ぜひ読んでみてください!

 『さよならミニスカート』を読む 

 

『ひばりの朝』ヤマシタトモコ/祥伝社

大人びた女子中学生「ひばり」を中心に巻き起こる思惑の渦!

あらすじ
少女の正体は魔性か、凡庸か。「あたしがわるいんです」
「値段のついてる『おんなのこ』……あたしとは違ういきもの」手島日波里(てしまひばり)、14歳。同い年の子どもより、肉感的な身体つき。彼女を知れば、男はたいがい性的な感情を抱き、女はたいがい悪意の弾をこめる。彼女に劣情を抱いている男や、片想いをしている少年、劣等感を抱く女、そして彼女をおとしめたい少女が、ひっそりと、かつエゴイスティックに語り出す。彼女にまつわる心理展覧図はどこまでも繁(しげ)るが、真実の正体は誰が知るのか──。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/214277/vol_no/001

中学2年生のひばり。同級生に比べて大人びた外見をしており、中学生らしからぬ色気がありますが、中身は年相応の女の子です。ですが、ひばりの特異な外見からの印象でひばりは淫らであると決めつけられてしまい、「男をたぶらかしそう」「遊んでないわけない」「痴漢に合っても仕方ないよ、おとなっぽいもん」などと言われ、ひばりは同性からは敵意を向けられ、異性からは性的な視線を向けられます。

ひばりが性的に見せているのか、それとも人がひばりを性的に見ているのか?という問いから女性を性的消費することへのメッセージが感じられる作品です。

色々な感情がこもった矢印を向けられるひばりの心境はセリフ以外で語られることなく、従兄弟、クラスメイト、担任など、ひばりの周りがひばりに対して抱く感情だけがモノローグ的に流れて話が進んでいきます。

ひばり以外のキャラクターの感情はすごく細かく描かれているのに、ひばりの心境が全く読者側からは見えないので、考える余地があってすごく面白い作品ですよ!ぜひ読んでみてください!

 『ひばりの朝』を読む 

 

『だから私はメイクする』劇団雌猫・シバタヒカリ/祥伝社

好きなメイク、ファッションを楽しむキャラクターが輝くオムニバス漫画!

あらすじ
メイク道を爆進するうちにあだ名が「マリー・アントワネット」になった女、“推しネイル”にハマって猛練習する女、仕事場での“アドバイス”にうんざりしている女など、メイクを通して見えてくる、「社会」や「自意識」と戦う女たちの悲喜こもごも。「自分がどうありたいか」と向き合う、共感必至のオムニバス・ストーリー!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/714796/vol_no/001

オムニバス形式で様々な登場人物が出てきて、それぞれのキャラクター全員がメイク・ネイル・ファッションなどの様々な方法で自分を「武装」し、なりたい自分に向かっていく、というストーリーです。

とにかく登場人物みんながポジティブ!自分の好きなメイク・ネイル・ファッションがいわゆる「大衆ウケ」とは違っても、「でもこれがなりたい私だから!」とそれぞれが自分の好きなスタイルを貫き、どんどん進んでいく姿がまぶしい!

個人的に、「モテ」を気にすることなく自分の好きなファッションをするようになったある登場人物が「男ウケ大いにいいじゃん!うちらとはモチベが違うだけだよ!」と言っているシーンがめちゃくちゃ素敵だな!と思いました。

「モテ」から解放されたい人はそれでいいし、モテたい人はそれでもいい。「なりたい自分」がたまたま既存のジェンダーステレオタイプとかぶっている人はそのままでもいいし、他になりたい自分の像があるならそっちになってもいい!

自分のやりたいことをやっている人をリスペクトし合おうっていうメッセージが伝わってきてめっちゃ良かったです。

読んでいるとすごくポジティブな気分になるし、自分の「好き」をもう一度見つめるきっかけにもなるのですごくオススメです!

 『わたしたちは無痛恋愛がしたい』を読む 

 

『生理ちゃん』小山健/KADOKAWA

今月も生理ちゃんがやってきた!コミカルに生理が描かれる新感覚マンガ

あらすじ
「大変なのを生理のせいにできないから大変なんです」
悩める女性たちの元にも、ツキイチで生理ちゃんはやってくる。

イタイ、ツライ、メンドクサイを吹き飛ばすほど、笑って泣けちゃう大傑作!
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/526177/vol_no/001

女性のもとに月イチでやってくる生理ちゃん。生理ちゃんの生理パンチで女性はお腹が痛くなったり、記念日旅行に生理ちゃんが着いてきたせいで彼氏とケンカしちゃったり・・生理に伴うあれこれがコミカルに描かれている漫画です!

「生理ってなんだか公に話しちゃいけないようなトピックな気がしてあんまり女性には聞けないけど、辛そうな人がいた時のために知っておきたいな」というような人にすごくオススメの漫画です。

生理に伴う体調不良やイライラなどの諸症状だけでなく、江戸時代に女性は生理中「生理小屋」と呼ばれる個やに閉じ込められていたというような歴史や、なぜ生理が「ケガレ」として扱われていたのかなど、歴史的な側面のことも『生理ちゃん』を読むことで知ることができます。

いろいろな意見がある作品ですが、生理を経験したことがない人が生理の輪郭を掴むことができるという点ですごく良い作品だと思います!興味が出た方はぜひ手に取ってみてくださいね。

 『生理ちゃん』を読む 

 

『ヒヤマケンタロウの妊娠』坂井恵理/講談社

出世コースを歩み続けてきたエリートサラリーマンがまさかの妊娠!?

あらすじ
「妊娠」「出産」。他人事だと思っていませんか? 男が妊娠・出産するようになり、早10年。エリートサラリーマン桧山健太郎(ひやま・けんたろう)は、自分が妊娠したことを機に、世間の「男の妊娠・出産」に対する偏見を目の当たりにする。最初は自分の居場所を作るため、出産を決意した桧山だったが、その行動は、すこしずつ、周りの人を、そして自分自身を変えていき……?
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/210466/vol_no/001

女性だけでなく、男性も妊娠するようになった社会。それでも自分は妊娠しないだろうと思っていたエリートサラリーマンのヒヤマケンタロウですが、まさかの妊娠発覚!!

妊娠してみて初めてヒヤマケンタロウは社会の妊婦への風当たりの強さなどがわかり、妊婦に優しくない環境を変えていこうと行動していきます。

「男性が妊娠する」ってすごい興味をそそられる設定ですよね。話自体もすごく面白いですし、妊婦にとって満員電車が怖いことや、つわりによる体調不良や産休で会社を休む時の罪悪感など、妊娠に付随する苦悩がわかりやすく描かれています。

面白い&学びが多い作品です!ぜひ読んでみてください!

 『ヒヤマケンタロウの妊娠』を読む 

 

『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』泰三子/講談社

岡島県警で巻き起こる様々な事件に新人女性警察官が奮闘!

あらすじ
「もう辞めてやる!」辞表を握りしめた新米女性警察官・川合の交番に、なぜか刑事課から超美人の藤部長が配属されてきた。岡島県警(の男性陣)を絶望におとしいれるコンビの誕生である。某県警に勤めること10年、隠そうとしても漏れ出てくる作者の本音がヤバい! 理不尽のち愚痴、時々がんばる、誰も見たことのない警察漫画。※労働基準法は警察官に「一部」適用外です。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/60009100/vol_no/001

新米女性警察官の河合と、超優秀、超美人の河合のペア・藤部長の2人を中心に、岡島県警のバタバタな日常が描かれている漫画です。ほぼギャグマンガじゃん、ってくらい軽いノリの回もあれば、重大事件を扱うシリアスな回もあって何回読んでも飽きない作品です。私は5回くらい読みました。

『ハコヅメ』はフェミニズムがテーマの作品ではありませんが、男性が想定されているため女性には使いづらい装備や、上のポジションに女性がいないこと、そして産休のとりづらさなど、「女性の」警察官であるということに付随する様々な苦悩が時々出てきます。また、性犯罪被害者を捜査するときにどうしても被害者にかかってしまう負担や、被害者に向けられる世間の厳しい目など、性犯罪被害者の苦悩が描かれていたりとちょこちょこフェミニズム要素がある漫画です。

『ハコヅメ』はとにかく面白いですし、伏線を探すのも楽しいのでぜひ手に取ってみてほしいです!読む際には、ぜひフェミニズムっぽいところを探してみてくださいね!

 『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』を読む

 

『僕はメイクしてみることにした』糸井のぞ・鎌塚亮/講談社

38歳のサラリーマンがメイクに挑戦!?美容を始めてみたい人にオススメの美容漫画!

あらすじ
◎38歳の平凡なサラリーマンが飛び込んだメンズ美容の世界。ドキドキの冒険!
前田一朗、38歳、独身。平凡なサラリーマン。ある日、自分の疲れ切った顔とたるんだ体を見てショックを受けた一朗は一念発起、スキンケアやメイクを始めてみることに! コスメ大好き女子の“師匠”タマとの出会いや、ノーメイクを選択する同僚の真栄田さんとの交流を通して、一朗は自分を労ることの大切さやメイクの楽しさに目覚めていく。そして、男らしさの呪縛にとらわれる親友の長谷部と衝突するのだが……。
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/1078885/vol_no/001

番外編として、男らしさから解放される漫画を最後にご紹介します!

38歳サラリーマンの一郎がコスメ大好き女子のタマに1からスキンケアとメイクを教わりながら、「自分をケアする」楽しさを覚えていく様子が描かれている漫画です。

「男性だからメイクしていたら恥ずかしい」「女性なのにメイクをしていないなんてありえない」というようなステレオタイプをあたたかく溶かしてくれます。

性別が何であってもやりたい人はする、やりたくない人はしない。個人の選択をリスペクトしようというメッセージが伝わってくる素敵な漫画です!

この漫画のオススメポイントは、作中に出てくる商品が現実世界にも存在すること!具体的な商品名も作品の中に記載されているので、気になった商品があったら実際にゲットすることができますよ。

「男らしさ」に違和感を覚えている人、スキンケアやメイクを始めたいけど何からやったらいいのかわからない・・という人にぜひオススメしたい作品です!

 『僕はメイクしてみることにした』を読む 

 

オススメフェミニズム漫画10選まとめ

この記事では、おすすめのフェミニズムについて描かれている漫画を紹介してきました。いかがだったでしょうか?

女性差別について、「女性らしさ」というものについて、考えるきっかけになる漫画ばかりなので、ぜひ手を伸ばしてみてくださいね!

 

「フェミニズム」とは違う切り口でもオススメ漫画を厳選して紹介しています。あわせてご覧ください!

・セクシャルマイノリティについての漫画おすすめ👇

LGBTQ+漫画アイキャッチ

【LGBTQ+】セクシャルマイノリティーを描いたオススメ漫画15選!今読むべき一冊はこれ!

2021年12月9日

 

・グルメ漫画おすすめ👇

グルメ漫画アイキャッチ画像

【食べる読書】グルメ漫画のオススメ60選をジャンル別に一挙ご紹介!料理・グルメ好き必見!

2022年4月10日

 

・スポーツ漫画おすすめ👇

厳選100冊版スポーツ漫画アイキャッチ

【厳選101冊】スポーツ漫画のおすすめを競技別に大紹介!胸アツな作品はコレだ!

2022年5月20日

 

・音楽漫画おすすめ👇

アイキャッチ画像

【楽器別!おすすめ音楽漫画35選】胸アツ演奏シーンに引き込まれる!!

2022年3月19日

 

・ラブコメ漫画おすすめ👇

ラブコメ漫画アイキャッチ

【厳選55作】胸キュンの王道!ラブコメ漫画のオススメ作品をジャンル別に一挙紹介!

2022年5月22日

 

・ギャグ漫画おすすめ👇

ギャグ漫画アイキャッチ

【おすすめギャグ漫画2022】思いっきり笑いたい時に読むべき面白いギャグ漫画35選!!

2022年3月18日

 

・異世界漫画おすすめ👇

異世界漫画のアイキャッチ画像

【厳選55作】異世界漫画のおすすめ作品を徹底紹介!転生・冒険・日常の3ジャンル別!

2022年3月28日

 

・エッセイ漫画おすすめ👇

エッセイ漫画アイキャッチ

【共感の嵐】エッセイ漫画のオススメ厳選40冊!家族・職業・旅行・病気…様々な体験談を綴る

2022年4月1日

 

それでは素敵な漫画ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本メディア『お前は笑うな。』は、本・漫画・電子書籍・VODなどオススメのエンタメ情報を発信するメディアです。 運営は、株式会社ロビンソン・クルーソー。 元・電子書籍の書店員だった代表をはじめ、様々なエンタメ分野に精通するライターによって、最新のエンタメ情報を提供してゆきます。