【壮大なファンタジーの世界観!】漫画家・岩本ナオのおすすめ作品6選を徹底紹介!

岩本ナオ作品のアイキャッチ

2023年1月に「金の国水の国」がアニメ映画化され話題となった岩本ナオ先生。これまでにも、「小学館漫画賞」「このマンガがすごい!」「マンガ大賞」など、漫画界でも話題となる作品を数々生み出しています。

本記事では、現代漫画からファンタジーの世界までを描く岩本ナオ先生の作品をピックアップしてご紹介。まだ見たことのない作品がありましたら、ぜひチェックしてください。

 

漫画家・岩本ナオとは

岩本ナオのイメージ

引用:https://www.fashion-press.net/news/98202

岡山県出身の漫画家、岩本ナオは、幼い頃に読んでいた「赤石路代」作品や「王家の紋章」などの影響を受け、2004年5月号の月刊フラワーにて「その彼女の存在」でデビューしました。

以後、「町でうわさの天狗の子」で第55回小学館漫画賞を受賞。「金の国水の国」では、「このマンガがすごい!2017」オンナ編1位を受賞、翌年の2018年にも「マロニエ王国の七人の騎士」で「このマンガがすごい!2018」オンナ編1位を連続で受賞しています。

プロフィールはほとんど未公開ですが、生まれ育った岡山県を愛しており、2021年には自身初の個展を岡山県の吉備川上ふれあい漫画美術館にて開催しました。

2007年から2014年まで連載された「町でうわさの天狗の子」の連載後、1年間の休養を経て、自身の好きなファンタジー要素の強い作品を発表。短編読み切り「赤い果実と花飾り」を皮切りに、その後続々と話題作を世に出しています。

 

 

漫画家・岩本ナオ作品の特徴

岩本ナオ作品の特徴

引用:https://flowers.shogakukan.co.jp/work/326/

岩本ナオ作品は、2014年度以降にとった1年間の休養の時期を区切りとして、世界観が異なります。休養以前の初期作品では「自分が育った土地を舞台にした作品しか描けない」「連載するのに自分の知らない土地を長期間舞台にするのは緊張する」と公言しており、自身の出身地や家をベースに描いていた作品がほとんどでした。

しかし、休養期間を経て発表された「赤い果実と花飾り」を描いた結果、往来の学園ものではなく、日本以外の国を舞台にしたファンタジー作品が描きやすいと実感。その後は岩本ナオを世に知らしめた人気作「金の国水の国」の作品へと続きます。

岩本作品では、たとえ学園ものやファンタジーなどとジャンルや舞台が変わっても、等身大の悩みを持った主人公が自身の殻を破り、できる力で目の前の難題に立ち向かっていく美しい姿が描かれるのが印象的です。

細やかな登場人物たちの心理描写やストーリーを司る壮大な伏線、心に残る素敵なセリフも散りばめられており、読み応えのある作品が多く、性別年代を問わず人気を集めています。

 

 

漫画家・岩本ナオ先生のおすすめ作品(厳選4作品)

ここからは、岩本ナオ先生のおすすめの漫画4作品を紹介します。特に「金の国水の国」で注目される以前の作品は、岩本ファンならぜひ読んでおきたいところです。まだ読んでいないという方はぜひこの機会に岩本ワールドを堪能しましょう。

 

おすすめ作品①『町でうわさの天狗の子』(2007)

『町でうわさの天狗の子』

緑峰山(りょくほうざん)の天狗の娘、秋姫(あきひめ)は、下界で母親と暮らしながら中学校に通っている。お山で修行にはげむ幼なじみの瞬(しゅん)ちゃんから、天狗になるための修行をするようにいわれるが、断り続ける毎日だ。そんな秋姫の心の中は、同級生の“タケル君”のことでいっぱいなのだが…。ヘンテコ青春ファンタジー!!

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/183330/vol_no/001

舞台は天狗を崇める町、緑峰町。主人公の秋姫は、天狗と人間のハーフの女の子です。2トントラックを簡単に持ち上げられる強力な力で町の人たちを助けていますが、いじめられた経験から天狗修行を毛嫌いし、普通の女の子として生活したいと思っています。

幼馴染で天狗の修行を行う瞬や同級生の緑、千洋、憧れの男の子タケルくんなど、取り巻く友人たちとともに、友情に恋愛にと楽しい学生生活を送っていますが、秋姫の不思議な力は年を追うごとに強くなり、不安でいっぱいのなか、他所から天狗一族がやってきます。

ラストは友情・愛情・家族愛満載の大団円。12巻のロングストーリですが、登場人物たちの心の機微や複数の伏線回収など、ストーリーも読み応えがあり、一気読みで楽しみたい作品です。

(小学館・月刊フラワーズにて連載、全12巻完結済み)

 

おすすめ作品②『雨無村役場産業課兼観光係』(2007)

『雨無村役場産業課兼観光係』

大学を卒業し、地元・雨無村(あめなしむら)の役場に就職することにした銀一郎(ぎんいちろう)。この村の高校生以上の若い者は銀一郎、幼なじみのメグミ、コンビニのバイト店員・澄緒(スミオ)の3人だけ。観光係を命じられた銀一郎だが、特産も名所もない雨無村。それでも何かと事件は起こるもので!?

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/183217/vol_no/001

大学卒業後、Uターンで地元の雨無村役場に就職した銀一郎が主人公。この村に住む若者のほとんどが村の外に出ていき、残っているのは、銀一郎と給食センターで働くメグ、コンビニでアルバイトをしている澄緒の3人のみで、3人はすぐに仲良くなります。

しかし、銀一郎はメグに恋をするようになり、メグは澄緒に恋をしていました。澄緒には誰にも言えない秘密があり、あることがきっかけで3人の関係にも変化が生じます。そんななか、銀一郎は観光課の主事として、村おこしになるイベントの開催を任され、奮闘することに。

作中に出てくる桜の大木は、作者の故郷である岡山県の天然記念物「大山桜」がモチーフです。出てくる登場人物も、こんな人いそう!と感じる馴染み深いキャラクターばかりで、作品を味わいをプラスしています。

(小学館・凛花にて連載、全3巻完結済み)

 

おすすめ作品③『金の国 水の国』(2014)

『金の国 水の国』

昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやりB国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい―――そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会い…!?「町でうわさの天狗の子」の岩本ナオが292Pのボリュームで贈る、おとぎ嫁婿ものがたり。

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/384740/vol_no/001

技術発展をとげるも深刻な水不足に悩むA国と、自然豊かなものの内部争いやA国との戦争で退廃の道を進むB国が舞台です。そんな2国の戦争に神様が救済に入り、A国の国一番の美しい娘と、B国の国一番の賢い男を婚姻させ、和睦を結ばせようとします。

しかし、両国は和解するつもりはありません。A国の王は顔も知らない末娘サーラを送ると言って1匹の猫を、B国の族長もA国との境に住む図書館長の息子ナランバヤルに白羽の矢を立てたものの、実際に送ったのは1匹の犬のみ。

それぞれの事情を知らずに知り合った2人が、国のために動き出すことから物語は進みます。お伽話の美男美女のような2人ではありませんが、作中では2人のつむぐピュアなストーリーや本質を突く美しいセリフが満載。物語は1巻のみで、決して長くはないものの、心温まるラブストーリーに感動必至です。

🏆「このマンガがすごい!2017オンナ編」第1位受賞

(小学館・月刊フラワーズにて連載、全1巻完結済み)

 

おすすめ作品④『マロニエ王国の七人の騎士』(2016)

『マロニエ王国の七人の騎士』

マロニエ王国の女将軍・バリバラには七人の息子がいた。 彼らの大義は―― 「いつかかっこよく 我が国のお姫様を助けること!!」 そんな彼らに与えられた任務とは…!? 『金の国 水の国』の岩本ナオが贈る、中世騎士ものがたり。

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/453825/vol_no/001

マロニエ王国の女将軍バリバラの7人の息子、眠くない・博愛・暑がりや・寒がりや・獣使い・剣自慢・ハラペコ。特別な力を持つ彼らは、周辺国との問題解決のため、外交の特使として各国に送られることになります。

繊細なタッチで描かれるダイナミックな世界観を描いたシーンは圧倒的。生き物の息遣いを感じさせるリアリティのある力強いタッチ、中世ヨーロッパの風景を元に描かれたシーンは細部までのこだわりを感じさせ、一枚一枚の絵がとても魅力的です。

キャラクターの躍動感を感じさせながら、ひとりひとりの細やかな心理描写も丁寧に描かれているので、没入感を感じさせてくれます。岩本作品お得意のストーリーに複雑に絡められた伏線回収も見事。目が離せない展開にはまってしまうこと間違いなしです。

(小学館・月刊フラワーズにて連載、既刊8巻連載中)

 

 

岩本ナオ作品をもっと読みたい方へのおすすめをご紹介!

話題作が並ぶ岩本ナオ作品を読んで、もっとほかの作品も読んでみたいという方におすすめの作品を3つ紹介します。岩本ナオ先生の原点ともいえる初期作品を集めたものから、その魅力に迫る作品集まで集めました。お好きな方はぜひチェックしてください。

 

『スケルトン イン ザ クローゼット』(2005)

『スケルトン イン ザ クローゼット』

公認会計士を目指す貫一(かんいち)(24歳)のもとに突然、従妹(いとこ)の野花(のはな)(15歳)がやってきた。新人まんが家の弟・公二(こうじ)(21歳)も巻き込んで、3人のなりゆき家族生活がはじまるが…。乙女ゴコロ満載のラブリー・ファミコメ! ●収録作品/スケルトン イン ザ クローゼット/雪みたいに降り積もる/僕の一番好きな歌青という言葉のない国から/その彼女の存在/花の名前/冬色自転車

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/321534/vol_no/001

作者の初の連載となった作品です。「スケルトン イン ザ クローゼット」とは、作品中に主人公が言うセリフで、英語で「他人に見られたくない家庭の事情」を意味しています。

公認会計士を目指して勉強中の寛一。突然大学受験を控える従兄弟の野花が現れ、売れない新人漫画家である弟のコージも一緒に3人で同居するところから物語が始まります。

表題作のほかにも、デビュー作を含む初期の読み切り作品が6つ収録されています。岩本先生が描く甘酸っぱいラブストーリーを楽しみたい方におすすめの1冊です。

 

『Yesterday, Yes a day』(2006)

『Yesterday, Yes a day』

高校1年生の夏休み。春野小麦(はるのこむぎ)が住む村に、東京の進学校に通っていた幼なじみの多喜二(たきじ)が帰ってきた。母親が入院中でさみしい思いをしている小麦と、家族と離れて暮らす多喜二。ふたりは、子供時代のように一緒に過ごすことが多くなり…。友情みたいな、恋みたいな、微妙な季節の青春ダイアリー。

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/321457/vol_no/001

2006年に1年かけて連載された作品で、舞台は作者の故郷をモデルとする、架空の町「雨無村」。主人公の高校1年生の春野小麦は、学校が終わると入院している母親の病院に通っています。

閉塞感を感じる日々のなか、幼い頃東京に引っ越していった幼馴染の多喜二が雨無村に帰郷。田舎ののんびりとした風景を背景に、2人の関係がゆるやかに育まれていきます。ピュアな2人を周りが見守っている感じもほっこりとして、心が温まる恋愛漫画です。

 

『岩本ナオ 古今東西しごと集』(2019)

デビュー15年を記念して製作された、岩本ナオ作品のファンにはたまらない1冊です。「町でうわさの天狗の子」「金の国 水の国」「マロニエ王国の七人の騎士」「雨無村役場産業課兼観光係」など、歴代の岩本作品のイラストをカラーで再収録。

ほかにも、月刊フラワーズに掲載されたエッセイや、休養期間後、初のファンタジーものとして発表された「紅い果実と花飾り」をはじめとして、「夏の桜」「6日しかない一週間」ショートストーリー「100年生きた猫」などの未収録の短編読み切りも楽しめます。

 

 

岩本ナオのおすすめ作品・まとめ

岩本ナオ作品の特徴

引用:https://flowers.shogakukan.co.jp/author/248/

岩本ナオ先生の初期の作品から話題作、現在連載中の作品までの計7作品を紹介しました。普段のなんてこともない日常風景から、現実とはかけ離れたファンタジー世界までを描き分ける岩本ナオ先生の秀逸な作品ばかりです。

作品によって舞台や環境、その世界に息づくキャラクターたちの個性は全く異なるものの、根底には人の思いを感じさせる温かな描写が胸を打つ作品が多いのも魅力的。キャラクターたちのまっすぐなセリフに心を打たれる方も多いのではないでしょうか。

美男美女が活躍するような豪華絢爛な世界観とは一線を画すものの、登場人物の個性的な魅力、伏線が張り巡らされた展開に、釘付けになる作品ばかりです。世代・性別を問わず楽しめますので、ぜひ興味のある方は手に取ってみてください。

また、岩本ナオ作品を読むための電子書籍ストアのおすすめはこちらをご覧ください👇

電子書籍の比較記事アイキャッチ

【徹底比較!2024】電子書籍ストアおすすめ厳選25社はどこがベスト?使うなら、この電子書籍!

2024年2月16日

>>【徹底比較!】電子書籍ストアはどこがオススメ?使うなら、この電子書籍!

さらに岩本ナオさん以外の漫画家のおすすめ作品を探したい方はこちらをご覧ください👇

【ミステリで大人気!】漫画家・田村由美のおすすめ作品6選を徹底紹介!

2023年11月22日

>>【ミステリで大人気!】漫画家・田村由美のおすすめ作品を徹底紹介!

『彼方から』

【青春恋愛まんがの名手】漫画家・ひかわきょうこのおすすめ作品5選を徹底紹介!

2023年11月22日

>>【青春恋愛まんがの名手】漫画家・ひかわきょうこのおすすめ作品を徹底紹介!

『のだめカンタービレ』

【名作揃い】漫画家・二ノ宮知子のおすすめ漫画・10作品を徹底紹介!

2023年11月22日

>>【名作揃い】漫画家・二ノ宮知子のおすすめ漫画を徹底紹介!

『俺物語!!』

【俺物語・青空エールなど】漫画家・河原和音のおすすめ作品15選を徹底紹介!

2023年11月22日

>>漫画家・河原和音のおすすめ作品を徹底紹介!

いくえみ綾のイメージ

【少女漫画の最前線を走る!】漫画家・いくえみ綾のおすすめ人気作品12選を徹底紹介!

2023年11月29日

>>【少女漫画の最前線を走る!】漫画家・いくえみ綾のおすすめ人気作品を徹底紹介!

【少女漫画の大ベテラン】漫画家・一条ゆかり先生のおすすめ作品12選を徹底紹介!

2023年12月7日

>>【少女漫画の大ベテラン】漫画家・一条ゆかり先生のおすすめ作品を徹底紹介!

『犬夜叉』

【世界に誇る作品の数々】漫画家・高橋留美子のおすすめ作品9選を徹底紹介!

2023年12月14日

>>【世界に誇る作品の数々】漫画家・高橋留美子のおすすめ作品を徹底紹介!

それでは素敵な漫画ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本メディア『お前は笑うな。』は、本・漫画・電子書籍・VODなどオススメのエンタメ情報を発信するメディアです。 運営は、株式会社ロビンソン・クルーソー。 元・電子書籍の書店員だった代表をはじめ、様々なエンタメ分野に精通するライターによって、最新のエンタメ情報を提供してゆきます。