【少女漫画の大ベテラン】漫画家・一条ゆかり先生のおすすめ作品12選を徹底紹介!

少女たちの愛読書「りぼん」で人気を誇った漫画家、一条ゆかり。小学生の頃から読み続け、大人になるにつれてますますその魅力に惹き込まれていったという方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、一条ゆかりの数多くの作品の中から、特に人気の作品をピックアップ。計12作品をおすすめの理由と共に紹介します。

一条ゆかりは、その漫画家歴の長さより数多くの作品を生み出しており、タイトルは知っているけどまだ読んだことがないという作品も多いはず。一条ゆかりの作品をもっと読んでみたい方は、ぜひチェックしてください。

 

漫画家・一条ゆかりとは

一条ゆかり先生の写真

参照:https://woman.nikkei.com/atcl/aria/column/19/041400254/072100004/

一条ゆかりの本名は「藤本典子」といい、1949年に岡山県玉野市にて誕生。兄2人姉3人の6人兄妹の末子として誕生し、中学時代より精力的に漫画家活動を始めており、家族に反対されないよう、高校では漫画を描く費用を自らバイトで稼いでいたという努力家です。

1967年、「雪のセレナーデ」で第1回りぼん新人賞に準入選し、同作品で1968年に漫画家としてデビュー。以降数十年にわたって、りぼんやマーガレットにて連載を執筆し、1986年には、第10回講談社漫画賞少女部門を受賞しています。

1990年代後半より女性誌で活躍し、2003年から連載が始まった「プライド」は第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、映画化もされ話題となりました。

 

漫画家・一条ゆかり作品の特徴

一条ゆかり作品の特徴

参照:https://www.ktqmm.jp/kikaku_info/17737

一条ゆかり作品の特徴は、なんといっても絵の美しさと幅広く魅力的なストーリー。当時小学生を対象とした漫画誌「りぼん」で、異色とも言える大人の魅力を放つ作品を多数掲載し、「りぼん」の読者層を広げていました。

外国を舞台にした作品も多く、まるで映画のようなストーリーに魅せられた方も多いのでは。同時に「こいきな奴ら」「有閑倶楽部」といった、アクション系の勧善懲悪作品など幅の広い魅力的な作品も生まれています。

また、映像化もされた「デザイナー」「プライド」では、女のプライドをかけた戦いを描き、読者の共感を得ました。1990年代以降、女性誌に移った後は、さまざまな恋愛のかたちを描いた作品を次々に発表。今なお支持するファンも多い人気漫画家です。

 

それでは早速、一条ゆかり先生のおすすめ作品12選を、3つのジャンル別に(4作品ずつ)ご紹介していきたいと思います!

 

恋愛・友情・プライドをかけた女の闘いが楽しめるおすすめ作品4選

ここでは、一条ゆかりの人気作品のなかから、強い女性像を描いたおすすめの4作品を紹介します。一条ゆかりならではの美しい絵と、ハラハラドキドキさせるドラマチックな展開が満載の作品です。まだ読んでいない方はぜひチェックしてください。

 

おすすめ作品①:『デザイナー』(1976)

『デザイナー』

人気モデル亜美は、実の親を知らなかった。ある時、母親が誰であるかを知った亜美は母への復讐を誓い、デザイナーの頂点を目指す。ファッション界が舞台の母と娘の愛憎劇!

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/328171/vol_no/001

華やかなファッションの世界を舞台に、2人の美しい女性デザイナーが自身の腕を武器にして戦う様を描いた作品です。主人公は出自不明の美少女、亜美。売れっ子デザイナー、鳳麗香の専属のトップモデルとなりますが、思わぬ事故でモデルの道が絶たれます。

モデルを諦めデザイナーとして精進することを選んだものの、その道は復讐の道でした。物語は最後まで二転三転し、衝撃的な最後まで気が抜けません。2005年にはドラマ化もされた初期の代表的作品です。

(集英社・りぼんにて連載、全2巻完結済み)

 

おすすめ作品②:『ロマンチックください』(1990)

『ロマンチックください』

性格は正反対の双子の美少女・すずなとなずな。お嬢様学校に通っていた2人が、男のいる共学に通う事になり大騒動が巻き起こる!! 純情・学園ラブコメディ。 【同時収録】ロマンチックあ・げ・る

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/326995/vol_no/001

後に続編の「ロマンチックあげる」も連載された人気作品です。主人公は4人姉妹の末っ子で双子のなずなとすずな。母の実家は女性のみで、男性に免疫がなく、幼い頃の体験から、すずなは男性恐怖症、なずなは男性嫌いという一面もあります。

物語は2人が女子高から共学の高校に転校することから始まります。すずなの男性恐怖症の理由でもある幼馴染の志樹、由樹との出会いで2人の平穏な生活は一変することに。恋する少女の成長を描いた人気作品です。

(集英社・りぼんにて連載、全1巻完結済み)

 

おすすめ作品③:『女ともだち』(1991)

『女ともだち』

【恋か友情か!? 菜乃の女心が揺れる】主人公の菜乃は、美人女優・西願搖子の姪。平凡な生活に憧れる菜乃の思いとは裏腹に、いつの間にか芸能界へ足を踏み入れるハメに。そんな中、人気アイドル野口晴臣との出会いがきっかけで、親友のこずえとの仲にひびが入ってしまい…。一条ゆかりが描く、愛と友情のロマンチックストーリー、第1巻。 【同時収録】氷雨

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/326993/vol_no/001

華やかな芸能界を舞台に、女ともだちとの友情をとるか、恋愛をとるか葛藤する主人公を描いた作品です。主人公は5歳の時に両親を事故で失くし、美人女優の叔母、西願揺子に引き取られ女子高生として暮らしている菜乃。

ひょんなことから芸能界デビューを果たした後、菜乃は友情・恋愛・家族と悩みに悩む決断を迫られます。全3巻ながら濃いストーリー展開で、今読んでも色褪せない隠れた名作として人気の作品です。

(集英社・りぼんにて連載、全3巻完結済み)

 

おすすめ作品④:『プライド』(2003)

『プライド』

今は亡き有名なオペラ歌手を母に持ち、同じ道を目指す資産家の娘、麻見史緒。バイトをしながらオペラ歌手を夢見る緑川萌と出会い…!? ドラマチック・ラブ&バトル第1巻!!

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/172306/vol_no/001

裕福な家庭に育った史緒と、恵まれない家庭に育つも才能ひとつでのし上がる萌の波乱万丈なドラマです。オペラのプリマドンナを目指す史緒と萌。才能も栄光も好きな人も奪っていく史緒に激しい嫉妬感を覚える萌は、あらゆる手を使って史緒を落とそうと画策します。

さまざまな悪手に煩わされながら、女のプライドをもって立ち向かう美しい史緒。運命に翻弄されながらもなんとかのし上がろうとする女のたくましさを体現する萌。2人の姿が圧倒的な美しい絵で描かれています。

(集英社・コーラスにて連載、全12巻完結済み)

 

 

様々な恋愛の形を楽しめる大人の恋愛指南書おすすめ4選

ここでは、大人の恋愛を描いた作品を4つ紹介します。一条ゆかりならではの、さまざまな恋愛のかたちが、ドロドロしすぎずさっぱりとした切れのあるストーリーで描かれており、最終回まで見逃せない作品ばかりです。ぜひチェックしてください。

 

おすすめ作品①:『おいしい男の作り方』(1989)

『おいしい男の作り方』

【ワガママ人種に囲まれた広夢の多難な青春!】父子家庭の広夢は家事も料理もプロ並み、作詞家の父の代作までこなす多才で勤勉な少年。一方父はイケメンだが超女たらし…。マイペースに生きていきたい広夢なのに、アイドルになった元カノのスキャンダルに巻き込まれて!? 理想の男を追求する一条先生、会心のコメディー第1巻! 【同時収録】ゆかりのエッセイ集 ああ、愛しの清里産ソフトクリーム!

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/453898/vol_no/001

家事から勉強、父親の仕事の代理も行う万能高校生、広夢。母親は別居、女癖の悪い父親を持つ父子家庭で育ちます。付き合っていた彼女も父親に夢中になってしまい、別れてしまうことに。

しかし、アイドル歌手になった元カノはスキャンダルに巻き込まれ、広夢の家に居候となり、更なるトラブルが広夢に襲い掛かってきます。苦労性の男子高校生が周囲のトラブルに巻き込まれるドタバタを描いたコメディ作品です。

(集英社・マーガレットにて連載、全2巻完結済み)

 

おすすめ作品②:『恋のめまい愛の傷』(1995)

『恋のめまい愛の傷』

婚約者・亮とともに3年ぶりに帰国した更紗を空港で出迎えたのは、3年前、愛し合いながら仲を裂かれた年下の恋人・琳だった。亮と琳は両親の離婚で名字の変わった実の兄弟だったのだ。更紗の心は激しく揺れる…。 【同時収録】マダムゆかりのダマールな日々

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/442894/vol_no/001

22歳の更紗と17歳の琳は、旅行先で出会い意気投合し、付き合うことに。しかし琳の将来を懸念し、更紗から別れを告げます。

3年後、婚約者である亨の弟が、昔自分が愛した琳であることを知る更紗。好きだった気持ちのまま別れてしまった琳、今は婚約者として愛している亨の2人の間で揺れ動く更紗の気持ちはどうなるのか、目が離せない展開です。

(集英社・コーラスにて連載、全2巻完結済み)

 

おすすめ作品③:『正しい恋愛のススメ』(1996)

『正しい恋愛のススメ』

竹田博明:17歳。ルックスよし、彼女ありのフツーの高校生。 護国寺洸:オモテの顔は秀才の委員長。ウラの顔は一晩5万円で“愛”を売る出張ホスト。 洸に裏の世界に導かれて、博明の日常はとんでもないことに…。 【同時収録】正しい恋愛のススメ<特別番外編>

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/213095/vol_no/001

何事にも受け身で適当な男子高校生、博明。彼女もいるが、退屈な日々に飽き飽きしていました。ある日、同じクラスの委員長、護国寺洸がいつもとは違う雰囲気で年上の女性とデートしている様子を目にします。

洸に誘われて、出張ホストのバイトを始める博明。徐々に仕事にのめり込み、デート相手の年上の女性、玲子に惹かれていきます。刺激的な大人の恋愛漫画として楽しめる作品です。

(集英社・コーラスにて連載、全5巻完結済み)

 

おすすめ作品④:『天使のツラノカワ』(2000)

『天使のツラノカワ』

失恋・ケガ・盗難の不運3連発に襲われた美花は超貧乏暮らしに。そんな美花の前に現れた2人の男――小説家で遊び人の龍世とバイトの達人・紫生。魔性の女・沙羅も絡んで美花の生活は激変! ジェットコースター・ラブコメ!

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/213191/vol_no/001

毎日神様にお祈りを行う敬虔なクリスチャン、美花。しかし、大学入学後に立て続けに自分を襲う不幸に「神様なんて信じない」とキレてしまいます。

その後、出会ったイケメン小説家、龍生に10万円で身売り、親友の恋人、紫生とバイトを通していい雰囲気になるなど、おかしな展開に。そこへ龍生を慕う沙羅も現れ、4人の関係が複雑に絡み合います。最後までどうなるのか分からない展開に目が離せません。

(集英社・コーラスにて連載、全5巻完結済み)

 

 

初期の美しい絵と共に一条ゆかりの世界観を楽しめるおすすめ作品4選!

一条ゆかりと言えば、眉目秀麗なキャラクターを描く漫画家としても人気です。初期作品には特に映画のようなロマンチックなストーリーも多く、魅力的な作品が多数あります。そこでここでは、一条ゆかりの原点となる世界観を楽しめるおすすめの4作品を紹介します。

 

おすすめ作品①:『こいきな奴ら』(1974)

『こいきな奴ら』

【愛する両親に捧げる双子たちの冒険!】グラッセ伯爵家の子息ジュデェと令嬢ジュディは、花のパリで評判の美しい双子兄妹。両親の突然の事故死に疑問を持った2人は、仲間のスリ・クリームや元殺し屋・パイの力を借りて真相究明に乗り出すが…! スリルありサスペンスありのおしゃれな大人気コミックが満を持して登場!

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/551855/vol_no/001

伯爵家の双子、ジュディスとジュデェスは、事故で亡くなった両親の死に陰謀を感じて真相究明に乗り出します。スリのクリーム、元殺し屋のパイを仲間に、フランス・パリを舞台に華麗なアクションを繰り広げます。

「有閑倶楽部」のフランス版ともいえる作品で、美しい絵とハチャメチャなコメディ、ロマンチックなストーリーやアクションが満載。一条ゆかりの魅力が詰まったファン必見の作品です。

(集英社・りぼんにて連載、全2巻完結済み)

 

おすすめ作品②:『砂の城』(1979)

『砂の城』

【ナタリーとフランシスの哀しい恋物語】富豪ローム家にうまれたナタリーは、屋敷の前に捨てられていたフランシスと兄妹のように育てられ、結婚を誓い合う。しかし当然反対されたふたりは海に身を投げた。それから数年後。離れ離れの場所で命をとりとめたナタリーはフランシスを発見するが…。せつない純愛物語、第1巻。

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/330358/vol_no/001

フランスを舞台にした、2世代にわたる壮大なラブストーリーです。主人公は、裕福な家の一人娘、ナタリーと捨て子のフランシス。大学卒業後に結婚の約束をするも、2人は結ばれず行き別れることに。

ナタリーがつぶやく「人生なんて砂の城のようなもの」というセリフが印象的な作品で、運命に翻弄されるヒロイン、ナタリーの行く末が気になる、ロマンチックな物語です。

(集英社・りぼんにて連載、全7巻完結済み)

 

おすすめ作品③:『夢のあとさき』(1988)

アメリカ・ロサンゼルスの路上で倒れていた少女、ビアンカ。事故の外傷により記憶喪失となってしまった彼女は、実は大富豪ベルサーチの孫娘だと分かり、ベルサーチ家の邸宅に戻ります。

その後記憶は断片的に戻るものの、ひどい頭痛で上手く思い出せません。周囲の人間がすべて怪しく見えて、ドキドキしながら読み進められます。一条ゆかりの美しい絵がさらに後押しするサスペンス要素満載の1作です。

(集英社・りぼんにて連載、全1巻完結済み)

 

おすすめ作品④:『有閑倶楽部』(1981~)

『有閑倶楽部』

聖プレジデント学園の名物生徒会「有閑倶楽部」。メンバーは会長の菊正宗清四郎を筆頭に、松竹梅魅録・美童グランマニエ・黄桜可憐・白鹿野梨子・剣菱悠理といずれもひとクセあるやつばかり。退屈なんてふきとばせ!

引用:https://booklive.jp/product/index/title_id/215392/vol_no/001

1981年に初回を迎え、不定期連載ながらおよそ40年にも渡って人気を誇る、一条ゆかりの代表作です。主人公6人は皆セレブで国内外に力をもつ有力な家の御曹司たち。

話によって主役が交代し、コメディーやラブロマンス、サスペンスアクションなどのさまざまな話が楽しめます。2022年において、累計売上部数が2500万部を超える国内でも屈指の学園アクションコメディーで、世代を超えて愛される作品です。

(集英社・りぼん、マーガレット、コーラス、Cocohanaにて連載、全19巻既刊、不定期連載中)

 

 

漫画家・一条ゆかり先生のおすすめ漫画・まとめ

一条ゆかりのイメージ

参照:https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/2741

りぼんの創成期から活躍し、漫画家デビュー50周年を超える大人気漫画家、一条ゆかり。絵の美しさはもとより、ロマンチックなラブストーリーから、サスペンスやコメディタッチな作品までを描く幅広い作品性で、多くのファンを魅了してきました。

なかでも、「プライド」や「デザイナー」「女ともだち」など、女性の共感率の高い作品も多く、りぼん世代から女性誌まで、人生と共に一条ゆかり作品を読んできた読者も多いのではないでしょうか。

なかでも「有閑倶楽部」のような完成度の高い刺激的な作品は、大人になってから魅力を再発見したという方も多いことでしょう。いつ読んでも色褪せない、一条ゆかりが描く魅力的なキャラクターとストーリーをぜひ堪能してください。

 

一条ゆかり先生の他にも素敵な漫画家さんの作品を探したい方はこちらをご覧ください👇

岩本ナオ作品のアイキャッチ

【壮大なファンタジーの世界観!】漫画家・岩本ナオのおすすめ作品6選を徹底紹介!

2023年11月23日

>>【壮大なファンタジーの世界観!】漫画家・岩本ナオのおすすめ作品6選を徹底紹介!

【ミステリで大人気!】漫画家・田村由美のおすすめ作品6選を徹底紹介!

2023年11月22日

>>【ミステリで大人気!】漫画家・田村由美のおすすめ作品を徹底紹介!

『彼方から』

【青春恋愛まんがの名手】漫画家・ひかわきょうこのおすすめ作品5選を徹底紹介!

2023年11月22日

>>【青春恋愛まんがの名手】漫画家・ひかわきょうこのおすすめ作品を徹底紹介!

『のだめカンタービレ』

【名作揃い】漫画家・二ノ宮知子のおすすめ漫画・10作品を徹底紹介!

2023年11月22日

>>【名作揃い】漫画家・二ノ宮知子のおすすめ漫画を徹底紹介!

『俺物語!!』

【俺物語・青空エールなど】漫画家・河原和音のおすすめ作品15選を徹底紹介!

2023年11月22日

>>【俺物語・青空エールなど】漫画家・河原和音のおすすめ作品15選を徹底紹介!

いくえみ綾のイメージ

【少女漫画の最前線を走る!】漫画家・いくえみ綾のおすすめ人気作品12選を徹底紹介!

2023年11月29日

>>【少女漫画の最前線を走る!】漫画家・いくえみ綾のおすすめ人気作品を徹底紹介!

『犬夜叉』

【世界に誇る作品の数々】漫画家・高橋留美子のおすすめ作品9選を徹底紹介!

2023年12月14日

>>【世界に誇る作品の数々】漫画家・高橋留美子のおすすめ作品を徹底紹介!

 

また、漫画を読むための電子書籍ストアのおすすめはこちらをご覧ください👇

電子書籍の比較記事アイキャッチ

【徹底比較!2024】電子書籍ストアおすすめ厳選25社はどこがベスト?使うなら、この電子書籍!

2024年2月16日

【徹底比較!】電子書籍ストアはどこがおすすめ?使うなら、この電子書籍!

それでは素敵な漫画ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本メディア『お前は笑うな。』は、本・漫画・電子書籍・VODなどオススメのエンタメ情報を発信するメディアです。 運営は、株式会社ロビンソン・クルーソー。 元・電子書籍の書店員だった代表をはじめ、様々なエンタメ分野に精通するライターによって、最新のエンタメ情報を提供してゆきます。