【漫画レビュー】『潔癖男子!青山くん』|潔癖×サッカー=最強!?無菌系学園サッカー部コメディの魅力に迫る!

『潔癖男子!青山くん』看板

今回はちょっと変わったサッカー漫画のご紹介。

スポーツ漫画といえばサッカー漫画に限らずスポ根色が強いものが多いですが、この作品は少し違います。

よくある王道ストーリーではありませんが、秀逸な設定とテンポの良さでまた違った面白さが魅力的です。

王道展開を外しながらも、アニメ化までされた人気作。

無菌系学園サッカー部コメディ『潔癖男子!青山くん』の魅力をお届けしていきます!

 

『潔癖男子!青山くん』坂本拓(集英社) 基本情報

まず始めに『潔癖男子!青山くん』の基本情報について説明していきます!

 

『潔癖男子!青山くん』あらすじ

『潔癖男子!青山くん』サムネイル

潔癖男子の青山くん――。 サッカー日本代表の天才イケメン少年はプレイスタイルも「潔癖」に仕上げます。ヘディング、タックル当然、NG。スローイン? グローブしてれば、まあOK。こんな男子が許されていいの!? 無菌系攻撃型サッカー部コメディ、キラリとスタートです☆
参照:https://booklive.jp/product/index/title_id/301030/vol_no/001

 『潔癖男子!青山くん』を読む 

タイトルの通り、主人公の青山くんは潔癖症。そんな彼がサッカーで超活躍したり、掃除したり、はたまた料理したり。そしてそんな彼を取り巻く人物たちがドタバタのコメディ展開を繰り広げていきます。

熱血スポ根やよくある主人公成長系王道ストーリーというよりも、テンポよくサッカーとコメディが展開されていく日常系サッカー漫画です。

空いた時間にサクサク読めてしまいますよ!

 

作者・坂本拓氏について

坂本拓先生
参照:https://twitter.com/2003melo

作者の坂本拓氏は富山県出身の漫画家で、男性です。

2012年に、月刊少年ライバル(講談社)の月例コミック新人賞12月期において読み切り版『潔癖男子!青山くん』が入選。

その後、2014年からミラクルジャンプ(集英社)において『潔癖男子!青山くん』の連載がスタートし、2015年に週刊ヤングジャンプ(集英社)に移籍します。

2017年には『潔癖男子!青山くん』がアニメ化

2019年からは、となりのヤングジャンプ(集英社)にて洋服を扱った作品『服福人々』の連載が始まり、現在も連載中です。

坂本氏は、プロの漫画家を目指すクリエイターを支援するプロジェクト・トキワ荘プロジェクトの卒業生。プロの漫画家を多数輩出しているプロジェクトの出身なだけあって、設定の秀逸さや画力がすごいです!

 

『潔癖男子!青山くん』のここが面白い!3選

『潔癖男子!青山くん』のここが面白い!というポイントを僕の独断と偏見でピックアップ。

大きく分けて3つのポイントから解説していきます!

 

ここが面白い!①:潔癖×サッカーという設定が秀逸!

まず一つ目の魅力として挙げたいのが、設定の秀逸さ。

主人公の青山くんは極度の潔癖症です。サッカー始めた理由なんて、手を使わなくていいから、ですからね。

そんな青山くんですが、サッカーめちゃくちゃ上手いんですよ。

けど、泥にまみれたり接触したりするスポーツなのにどういうこと、、、?と思いますよね。

そこがこの漫画の面白いところ。

青山くんは潔癖だからこそサッカーが上手いんですよ。

『潔癖男子!青山くん』コマ1
参照:https://d-manga.net/keppeki-danshi-Aoyama

彼は極度の潔癖症なので、他人との接触を嫌います。

だけどそのおかげで、他人と絶対接触しない距離感をキープすることができるのです。

距離を詰めれば抜かれるし、かといって離れすぎるとワンタッチでパスを出したり正確無比なシュートで得点を決めたり。

潔癖症が生み出す絶対領域こそが彼のプレーの根幹なのです。

この一見矛盾した設定がこの作品、そしてこの主人公の魅力を引き立てています。

 

青山くんは潔癖すぎてヘディングをしなかったり、雨の中でのプレーだと泥汚れを嫌がったりもします。

だけどそんな彼でも、もっと嫌なことがあるんです。

『潔癖男子!青山くん』コマ2
参照:https://d-manga.net/keppeki-danshi-Aoyama

それは、負けるということ。

こういうところでしっかり主人公らしさを出してきます。憎いですね。

『潔癖男子!青山くん』コマ3
参照:https://d-manga.net/keppeki-danshi-Aoyama

ラスト5分なら彼は泥汚れも我慢できるようです。

潔癖という枷から自分を解き放つ。表現さえも秀逸に感じてしまいます。

 

ここが面白い!②:登場人物のキャラが濃い!

主人公の青山くんを筆頭に、変な奴がたくさん出てくるのがこの作品の2つ目の魅力。

まず、極度の潔癖症である青山くん、サッカー以外でもかなり癖が強いです。

『潔癖男子!青山くん』コマ4
参照:https://dokusho-ojikan.jp/article/id=1379

汚すぎる部室が許せない青山くん。

練習そっちのけで部室の掃除を始めてしまいます。

学校内のトイレなんかも汚れているのを見るとピカピカにしてしまうのです。

代表召集で既知の対戦相手になぜこんなショボい学校にと尋ねられた際、この学校にしかないものがあるとカッコよく答えた青山くんですが、その正体はウォシュレット。

ウォシュレットの有無で学校決めるなんて、、、

 

他の選手も癖の強いやつばかり。

『潔癖男子!青山くん』コマ5
参照:https://subcham.blog.fc2.com/blog-entry-1213.html

 

凄んで突っかかってくる代表クラスの対戦相手・武智も、

『潔癖男子!青山くん』コマ6
参照:http://buzz-manga.blog.jp/keppeki-aoyama-character

 

ただの青山くんLover。変態です。

 

青山くんの前に10番を背負っていた2年生FW・財前かおる。

『潔癖男子!青山くん』コマ7
参照:http://blog.livedoor.jp/ageagez/archives/2157207.html

大財閥の御曹司で父親に厳しく育てられており、汚れることを嫌ってヘディングをしなかったりスライディングを嫌がったりする青山くんのプレースタイルに怒りを感じる熱血感ですが、

『潔癖男子!青山くん』コマ8
参照:http://buzz-manga.blog.jp/keppeki-aoyama-character

実はその厳しい父親からはかおっちと呼ばれ、自分はパパと呼んでいます。すぐ父親が新しい道具買ってくれちゃうんです。

本当は甘々な家庭育ちじゃねーか。

 

他にもたくさん個性的な人物が登場します。このツッコミどころ満載のキャラたちが非常に面白い。

 

ここが面白い!③:クスッと笑えるコメディ展開!

個性的なキャラクターたちが多いので、コメディ展開も非常に面白いです。

サッカーとは関係ない学校生活の中でもドタバタコメディが繰り広げられています。

『潔癖男子!青山くん』コマ9
参照:http://buzz-manga.blog.jp/keppeki-aoyama-character

青山くんが好きすぎてサッカー部のマネージャーになった後藤もか。

愛が溢れすぎて、破れたゴールネットの修復時に青山命って入れちゃいます。

しかも彼女の武器、釘バットです。こわっ。

 

『潔癖男子!青山くん』コマ10
参照:https://subcham.blog.fc2.com/blog-entry-1212.html?sp

サッカー部の3バカトリオはSNSでいいねを稼ぐために青山くんを盗撮したり。目的も手段もアホすぎます。

 

本人はいたって真面目で大人しいのに(※潔癖ですが)、青山くんの日常はいつも賑やかです。

 

『潔癖男子!青山くん』まとめ

『潔癖男子!青山くん』看板
参照:http://betsuma.shueisha.co.jp/webcomic/aoyamakun/index.html

ここまで『潔癖男子!青山くん』の魅力について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

新しい設定、個性的なキャラたちによるドタバタ劇など、普通のサッカー漫画とは違った魅力が満載の作品です。

無菌系学園サッカーコメディ『潔癖男子!青山くん』、気になった方は是非読んでみてください!!

 『潔癖男子!青山くん』を読む 

 

『潔癖男子!青山くん』のみならず、スポーツ漫画の名作を読みたい!という方はこちら!👇

www.omaeha-warauna.com

おすすめの電子書店を比較して最適なストアを見つけたい!という方は、こちら!👇

www.omaeha-warauna.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本メディア『お前は笑うな。』は、本・漫画・電子書籍・VODなどオススメのエンタメ情報を発信するメディアです。 運営は、株式会社ロビンソン・クルーソー。 元・電子書籍の書店員だった代表をはじめ、様々なエンタメ分野に精通するライターによって、最新のエンタメ情報を提供してゆきます。