【図書カードの電子書籍版】図書カードNEXTで購入できる電子書籍ストアとは?利用方法も解説!

図書カードNEXTで購入できる電子書籍ストアとは?

プレゼントや景品として重宝される図書カード。一度はもらったことがあるのではないでしょうか?贈る側としても、「何かプレゼントしたいけど何をあげればいいか分からない」といった時にとても便利です。

近年は紙の本だけでなく電子書籍も広まっていますが、電子書籍でも図書カードは使えるのでしょうか?

実は図書カードは「図書カードNEXT」となり、QRコードを読み込むことで電子書籍での利用も可能になりました。そこで今回は、新しく生まれ変わった「図書カードNEXT」を紹介します!

図書カードNEXTのメリットやデメリット、図書カードNEXTを利用できる電子書籍ストアも合わせて解説します。

ぜひこの記事を読んで、図書カードNEXTを活用していきましょう!

以下のサイトでは、オススメの電子書籍ストアを紹介しています。数ある電子書籍ストアでお悩みの方はぜひチェックしてみてください👇

www.omaeha-warauna.com

それでは早速、図書カードNEXTについて解説していきます!

 

「図書カードNEXT」とは?

図書カードNEXTとは

「図書カードNEXT」とは、電子書籍でも使える図書カードのこと。

この「図書カードNEXT」には、「カードタイプ」と「ネットギフト」の2種類があります。

「カードタイプ」は一般的な図書カードと同様に、お好きな金額のカードを選んで購入します。

「ネットギフト」は、2016年に図書カードから進化したデジタル版の図書カードです。ネットギフトはインターネットで購入し、メールやSNSのDMなどで送信するものです。そのため、実物のカードは手元に届きません

ネットギフトを受け取ると、メールやSNSのDMに専用URLが届きます。URLをクリックするとQRコードやID・PIN番号が確認できます。書店で書籍を購入する時はQRコード、オンライン書店で購入する時はID・PIN番号が必要です。

また、カードの残高をQRコードから、PCやスマホを使って確認できます。

 

「カードタイプ」「ネットギフト」いずれも全国の図書カードNEXT取扱店とオンライン書店でも利用可能ですが、コンビニなど一部利用できない店もあります。

図書カードNEXTと従来の図書カードの大きな違いは、電子書籍にも利用できるところです。電子書籍を購入する際は、カードやネットギフトに記載されているIDやPIN番号を入力して、精算します。

ネットで書籍を購入する機会が増えている今、オンライン書店でも使える図書カードNEXTはギフトにも喜ばれそうですね。

 

 

「図書カードNEXT」が使える電子書籍ストアと利用方法

図書カードNEXTを使える電子書籍ストアと使い方

「デジタル版の図書カードってどうやって使うの?」「どこで使えるの?」と疑問に思う方も多いでしょう。以下の電子書籍ストアでは図書カードNEXTを利用できます。ここでは実際の使い方を詳しく解説していきます!

  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • BOOK☆WALKER
  • Kinoppy
  • e-hon
  • 学参ドットコム

 

ストア①:honto

hontoでは、​​図書カードNEXTの残高をhontoポイントに交換(1円=1ポイント)して支払います。

〈使い方〉

  • 注文内容確認または支払い方法選択の画面で、「図書カードNEXTの利用」を選択
  • 図書カードNEXTの裏面や、図書カードネットギフトの画面に記載されたID番号とPIN番号を入力
  • hontoポイントに交換して支払い
図書カードNEXTのカード裏面とネットギフト画面

hontoポイントに交換した場合、ポイントの有効期限は「ポイントを交換した日から5ヶ月後の月末」となります。

せっかく交換したポイントが期限切れにならないよう、hontoポイントに交換したら、すぐに書籍を購入することをオススメします!

 

ストア②:紀伊國屋書店

紀伊国屋書店では、ウェブストアとAndroid版アプリストア(kinoppy)で図書カードNEXTを利用できます。しかし、アプリのkinoppyは、iOS版アプリストアでは利用できません。iPhoneを使っている人は、kinoppyではなくウェブストアから図書カードNEXTを利用しましょう。また、予約品やお取り寄せ品、洋書の購入には図書カードNEXTを利用できないので注意が必要です。

〈使い方〉

  • 支払い方法で「図書カードNEXT」を選択
  • 図書カード裏面上部またはネットギフトの画面に記載された16桁のID番号と、4桁のPIN番号を入力

(PIN番号がスクラッチ加工されている場合は、コインなどでスクラッチ加工部分を軽くこすると、4桁のPIN番号が確認できます)

 

ストア③:BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKERコインを購入するときに、1コインを1円として図書カードNEXTを利用できます。購入金額は自由に選べます。

〈使い方〉

  • 購入画面で、図書カードの裏面上部またはネットギフトの画面に記載された16桁のID番号と、4桁のPIN番号を入力
  • 購入額の欄で、全額または使うポイントを入力
hontの図書カードNEXT情報の入力画面

 

ストア④:Kinoppy

Kinoppyは紀伊国屋書店が提供する無料の電子書籍アプリです。図書カードNEXTはAndroid版のみ利用できます。iOS版アプリストアでは利用できないので、注意しましょう。

利用方法については、「紀伊国屋書店」の見出しをご参照ください!

 

ストア⑤:e-hon

図書カードNEXTの残高を、「e-hon図書カードポイント」に交換(1円=1ポイント)できます。商品の注文前に、「図書カードNEXT・図書カードネットギフト」の残高を「e-hon図書カードポイント」に交換して利用しましょう。

〈使い方〉

  • e-honの「マイページ」>「ポイント」>「図書カードNEXTからの交換」に進む
  • My書店が「注文時に選択」の方は、会員情報変更画面でMy書店を変更し、交換に進む

図書カードNEXTからe-hon図書カードポイントに交換する際、図書カードNEXTのカード裏面、またはネットギフトの画面にあるID番号・PIN番号の入力が必要になります。

図書カードNEXTのカード裏面とネットギフトの画面

 

ストア⑥:学参ドットコム

学参ドットコムでも図書カードNEXTを利用できます。一度の注文で、最大10枚まで図書カードNEXTを使用可能です。

〈使い方〉

  • 商品を選んだら、レジへ進むをクリック
  • 「お客様情報」のうち「お支払い情報」に図書カードの情報を入力し、「残高確認」ボタンをクリック
  • カードの残高が表示されたら、「利用金額」欄に利用する金額を入力
  • カードが複数枚ある場合は、再度「ID番号」「PIN番号」を入力
学参ドットコムでの図書カードNEXT情報入力画面

図書カードのみで全額支払いをする場合、支払い方法は「図書カードNEXT全額払い」を選択します。図書カードで一部のみ支払う場合は、残りの金額の支払い方法を「クレジットカード」「代金引換」から選択してください。

学参ドットコムでの図書カードNEXT金額入力画面
  • 「確認画面へ進む」ボタンをクリックし、購入商品、入力内容を確認のうえ、注文を確定

 

 

「図書カードNEXT」の購入方法

図書カードNEXTの購入方法

図書カードNEXTは、書店とネットから購入できます。書店で購入できるのは、カードタイプのみです。カードタイプは、好みの絵柄を選べます。

ネットギフトは、書店では購入できず、ネットでの購入となります。ネットギフトは相手のスマートフォンにデータを送るため、絵柄などは選べません。

カードタイプの場合は、一般的な図書カードと同様に、取扱店のレジで購入します。購入金額や絵柄を選び、現金でのみ購入可能です。絵柄はピーターラビットや西洋絵画、松尾たいこシリーズなど全10種類から選べます。

ネットギフトとして購入する場合は、以下の図書カードNEXTの公式サイトから購入できます。「贈る」という水色のアイコンから購入可能です。購入方法には団体向けと個人向けがあり、20口以上で合計金額が1万円以上の場合は団体向けを選びましょう。

図書カードNEXT 図書カードネットギフト

 

 

「図書カードNEXT」を利用するメリット

図書カードNEXTを利用するメリット

従来の図書カードに比べて、図書カードNEXTにはさまざまなメリットがあります。ここでは、以下の3つのメリットについて紹介します。

  1. 使用用途が本のみのため子どもの贈り物として最適
  2. ネットギフトとして手軽に贈れる
  3. オリジナル図書カードを作れる

それぞれ詳しく解説していきます。

 

​​メリット①:使用用途が本のみのため子どもの贈り物として最適

お年玉やおこづかいが高額になると、安心して子どもに渡しにくいでしょう。しかし図書カードであれば、使用用途が本のみのため、親も安心して子どもにカードを渡せます。図書カードNEXTは電子書籍の購入もできるので、書店まで本を買いに行く手間を省ける点もポイントです。

お年玉だけでなく、さまざまな場面で活用できます。たとえば、子ども会などの学校イベントの景品としても最適です。他にも、子どもの友達へのプレゼントやお礼などにも安心して贈れます。

図書カードNEXTネットギフトは郵送不要で即日メールで贈れるため、一般の図書カードよりも気軽に贈れますね!

 

メリット②:ネットギフトとして手軽に贈れる 

図書カードNEXTの1番のメリットは、ネットギフトとして気軽に贈れるところです。メールやSNSでも贈れるので、贈る相手に直接会えなくても、プレゼントできます。

また、送料や経費がかからず気軽に贈れる点もポイントです。一般的な贈り物は、送り先が遠くになればなるほど送料も高くなってしまいます。

しかし図書カードNEXTのネットギフトなら、相手にデータを送るだけなので送料や経費はかかりません。また贈る金額も選べるので、相手やお祝い事に合わせて適切なギフトを贈れます。

 

メリット③:オリジナル図書カードを作れる

カード版の図書カードNEXTでは、手持ちの写真やイラスト、メッセージなどを入れてオリジナルの図書カードを作れます。素敵な写真やメッセージを入れることで、世界に1つだけの図書カードをプレゼントできます。

たとえば、家族や友達の誕生日に思い出の写真を印刷して、メッセージを付けるのもいいでしょう。また、キャンペーンや景品として使う場合は、会社のロゴやキャンペーン内容を印刷したオリジナルのカードを作成できます。

 

 

「図書カードNEXT」を利用するデメリット 

図書カードNEXTを利用するデメリット便利な図書カードNEXTですが、以下のようなデメリットもあります。

    1. 楽天kobo(楽天)やKindle(Amazon)で利用できない
    2. 利用できる書籍が限られる
    3. 有効期限がある

ご自身の使用用途を考えて、利用しましょう。

 

デメリット①:Kindleや楽天koboで利用できない 

主要な電子書籍サービスのKindleや楽天koboなどで図書カードNEXTは利用できません。Kindleや楽天koboの支払い方法は、以下の通りです。

  • Kindle:クレジットカード・Amazonギフトカード・Amazonポイント・決済サービスPaidy・携帯決済
  • 楽天kobo:クレジットカード・楽天ポイント

Kindleや楽天koboを多く利用する方には、図書カードNEXTは不向きかもしれません。

 

デメリット②:利用できる書籍が限られる

図書カードNEXTを利用できる電子書籍ストアは限られるため、購入できる書籍も限定されます。

2022年2月28日現在、図書カード取扱店数は 7,568店です。図書カード取扱店舗では、書籍を購入の際に図書カードを使用できます。

図書カード取扱店に読みたい書籍がない場合は、図書カードNEXTでの購入はできません。図書カードNEXTを利用できる店舗が限られているため、図書カードNEXTで購入できる書籍も限定されてしまいます。

まずは以下のサイトから、お近くの図書カード取扱店を探してみましょう。

図書カードNEXT 取扱店検索

 

デメリット③:有効期限がある

図書カードNEXTの有効期限は、10年間です。

カード版の図書カードNEXTは、カードの裏面に有効期限が印刷されています。 ネットギフトは、QRコードから有効期限を確認できます。

 

 

「図書カードNEXT」を利用して電子書籍を読もう!

電子書籍で漫画やビジネス書を読もう!図書カードNEXTは、電子書籍にも使える便利な図書カードです。ネットで即日贈れるため、遠方の相手にも簡単に贈れます。また、子どもへのギフトにもぴったりです。

ただ、図書カードNEXTを利用できる書店が限られているので、よく行く書店で図書カードNEXTを利用できるか確認しておきましょう。

図書カードを持つと、「本を読もう」という気持ちが高まります。図書カードNEXTを活用して電子書籍を楽しみましょう!

以下のサイトでは、オススメの電子書籍ストアを紹介しています。数ある電子書籍ストアでお悩みの方はぜひチェックしてみてください👇

www.omaeha-warauna.com

それでは素敵な電子書籍ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください