「すいません、待ちました?」のルール

よく日常のシーンでもあるかと思います。

一般的に、待ち合わせに少し遅れてきた方が、先に待っていた方にかける言葉として

 

「ごめん、待った?」

 

それに対応する言葉が

「ううん、今きたとこ」なわけです。

 

山?川。

今何時?そうね大体ね。

ごめん待った?ううん、今きたとこ。 なわけです。

 

 

f:id:entertainmentgasukidesu:20180110013334j:plain

参照:【商談で契約をいただく秘訣】営業のアイスブレイクのコツ

 

ついこの前、取引先の方と喫茶店で商談をする機会がありました。

僕と、同僚の川辺くんが10分前に着席し、先方を待つこと13分。

少し遅れてきた先方が私にこう言うのです。

 

「すいません、待ちました?」

 

僕、当然のごとく

「いいえ、今着いたところです」と言いかけた矢先、

 

川辺くんが、「はい、3分ほど」と。

 

 

やってもうた

 

f:id:entertainmentgasukidesu:20180211172904j:plain

出典: bokete.jp

 

案の定、先方は若干の動揺ののち

「あぁ、それは失礼致しました」と一言。

この空気よ。

 

川辺くんに物事の規範を教えなかったのは、誰なの!?

 

一般的には

「すいません、待ちました?」と聞かれたあとに「いいえ、今着いたところです」と答えるのは言うまでもなく、

さらには、そう答えるまでに一瞬の間もおいてはならない、という独特のプレッシャーから、変な汗をかくものなの。。。

 

そして、先方も先方だわ。

「すいません、待ちました?」と聞いてくるならば、万が一に備えて、

「はい」と言われた時のリアクションくらい用意しておけよ!仕事だぞ!?

 

 

 

 

ま、僕は思いつかないけど。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本メディア『お前は笑うな。』は、本・漫画・電子書籍・VODなどオススメのエンタメ情報を発信するメディアです。 運営は、株式会社ロビンソン・クルーソー。 元・電子書籍の書店員だった代表をはじめ、様々なエンタメ分野に精通するライターによって、最新のエンタメ情報を提供してゆきます。